ジャノメ チョウ。 ジャノメチョウとは

ジャノメチョウ亜族のページ

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

「の」ののとおり、に目玉模様()をもつのが特徴で、種類によって模様の形状、数、配置が異なる。

12

タテハチョウ図鑑|ジャノメチョウ亜科他

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

この前脚は歩行や掴まるためには役立たないが、先端に生えた感覚毛でを感じることができ、としての働きに特化している。 和名は「小さい蛇の目」で言い回しは異なりますがヒメジャノメと同じです。

ジャノメチョウ(蛇の目蝶)

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

にもやってくるが、花よりも腐ったや樹液、動物のなどを好み、これらにやってきて汁を吸う姿が見かけられる。

8

ジャノメチョウ(蛇の目蝶)

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

Mabille, 1877• 岩にピッタリと翅を広げ、乾かしていました。 (ツマジロウラジャノメ属) - ツマジロウラジャノメなど• 食草はイネ科のヒメノガリヤス、タカネノガリヤス、ヌカボ、ヤマカモジグサなどです。

4

タテハチョウ図鑑|ジャノメチョウ亜科他

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

前翅長:28 - 42 mm 発生時期:年1回,7 - 8月 食草:ススキ,コメススキ,ショウジョウスゲなど 分布:北海道・本州・四国・九州 7-31-05 14:11 祇園山大石越登山口 1023 m 宮崎県 7-31-05 14:11 祇園山大石越登山口 1023 m 宮崎県 8-1-10 13:22 恐羅漢山 1140 m 広島県山県郡安芸太田町 8-1-10 13:22 恐羅漢山 1140 m 広島県山県郡安芸太田町. ここで使用される分類は、Wahlbergらによる新しい研究に基づいている。 開翅長 46mm 出現期 5月~9月 3回 越冬 幼虫 食草 イネ科(ネザサ チシマザサ) 吸蜜植物 クヌギの樹液 腐果 備考 07. 和名は「裏に波模様のある蛇の目」の意味です。 ヒメジャノメ 北海道の渡島半島から九州の屋久島・種子島まで生息しています。

19

タテハチョウ科

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

成虫は獣糞や、樹液、バナナなどのバタフライトラップに来ることもあります。

11

ヒメジャノメ

チョウ ジャノメ チョウ ジャノメ

や明るい草原や道端をゆったりと飛んでいます。 ウラジャノメ 北海道、本州に生息しています。

7