護摩 を 焚く。 護摩祈祷

護摩

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

ですから、お護摩の功徳は、たんに世間的なお願いの成就を祈るだけでなく、この祈りを通して私たちの本当の生命(いのち)、迷いのないご本尊のお悟りを、自心に頂戴するところにあります。 釜は、不動明王のお体であリ、わかリ易く表言すれば、お不動様のお口であリます。

一を以て之を貫く、護摩法

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

これは弘法大師がご本尊の霊験あらたかなことを教えられたのであると、にわかに眼病平癒の霊像として信仰されることとなりました。 この儀式を密教が摂取し、災いを除き福を招くという世間的願望に加えて、その奥にあるより高度な精神の解脱 げだつ を成就しうるように組織したものが、現在、密教寺院で修されている護摩である。

17

護摩行(ごまぎょう)とは?密教における火を使った荘厳で神秘的な儀式

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

金額はご寺院により異なるため、依頼する際に、あわせて確認しておきましょう。

参拝のご案内|川崎大師

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 1.電話にて願い事・願主名などを連絡します。 もともとは古代インドのバラモン教の宗教儀式でしたが、大乗仏教の密教が発展する過程で取り入れられました。 密教系の寺院や山伏で行われる柴燈護摩では、場合によっては行者が背中を錫杖でさすってくれたりの加持してくれることもあるので、人気の行者には人だかりが出来ます。

15

護摩、祈願

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

また、この如来の大智火、ご本尊のお悟りの火は、人間の心中に巣くっている欲深い貪りの心、憎い腹立たしいという瞋(いかり)の心、あるいは物事の道理が判らずに愚痴ったり、くさったりする心、そしてこのような迷いの心を生ずるもととなる無明煩悩を薪として燃えあがり、焼きつくすのであると説かれています。 1:00• 通常、採燈護摩 さいとうごまの残り火などを使用して行われます。 そして、煙が天に届くことで、天は食を頂くことができ、代わりに人に福を与えるとされています。

18

護摩行(ごまぎょう)とは?密教における火を使った荘厳で神秘的な儀式

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

敬愛法は、人々の尊敬・親愛を得る法であるが、内面的には仏の慈悲を受け成仏 じょうぶつ を実現することである。

4

護摩行(ごまぎょう)とは?密教における火を使った荘厳で神秘的な儀式

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

密教系のご寺院であれば、一般的な仏事の際に行われることも珍しくありません。 燃え上がる炎は「天の口」であって仏の智慧の象徴でもあり、その口から供物を食します。

13

護摩とは

焚く 護摩 を 焚く 護摩 を

息災法 ( そくさいほう ):地震、雷、火事、台風などの災害がないように、あるいは個人的な苦難、危険がないように祈るもの。 ヌルデは枝を折ると、白色の粘っこい樹液を出します。 火を浴びることでお不動様のエネルギーを十分頂くことができます。

12