承る 読み方。 承るの意味とは?類語と英語の使い方や受け賜わるとの違いも

承るの意味とは?類語と英語の使い方や受け賜わるとの違いも

読み方 承る 読み方 承る

「承る」の意味は、辞書にによって書き方は微妙に異なりましたが、意味合いが変わらず、下記の内容で記載されています。 「依頼を受ける」という言葉を使う場合、相手が目上、同等、目下などは関係ありません。

3

「承る」の意味と使い方・例文6コ・類語/言い換え表現

読み方 承る 読み方 承る

「了承」も「承知」と同じ「承」が使われていますが、謙譲語ではありません。 読み方は「うけたまわる。 「ご支援賜り、心より感謝いたします」は、「ご支援いただき、心より感謝いたします」となるのです。

7

承るとはどういう意味?正しい用法と類似な使い方、使い所を紹介します

読み方 承る 読み方 承る

1.活用語尾を送るのが原則なので、「断る」を「断わる」としないのと同じ。

5

「承る(うけたまわる)」の読みについて。何故、一文字で五文字ものひらが...

読み方 承る 読み方 承る

何か依頼をした際に「承りました」と返事があれば、安心して任せてよいということです。 「もらう」の謙譲語 目上の人から何か物をもらう場合、通常は「いただく」「ちょうだいする」といった表現をします。 また伝え聞く場合にも使われます。

「承る」の意味と使い方・例文6コ・類語/言い換え表現

読み方 承る 読み方 承る

相手に敬意を示したいときは「かしこまりました」を使うのが良いでしょう。

17

「承る」の意味は?ビジネスシーンでの使い方に類語や英語も解説

読み方 承る 読み方 承る

ちなみに、「ご指導を頂く」「ご協力頂く」と漢字表記にすると意味が変わってしまうため注意しましょう。 また、「受け賜わる」は自分や相手の行動に対して使える敬語で、「承る」は自分の行動に対してのみに使える敬語だということもあわせて覚えておくと良いでしょう。 例えば会社をあげて表彰される場合や、自分に物を授けて下さる相手が会社の社長のようにかなりの偉い立場である場合には、「承る」ではなく「受け賜わる」と使うことがあります。

「承りました」の意味と使い方は?類語との違い、英語表現も紹介

読み方 承る 読み方 承る

「受け付ける」と聞くと、「受け入れる」や「聞き入れる」よりも、言葉の響きがやや事務的に思えるかもしれません。

10

「承る(うけたまわる)」の読みについて。何故、一文字で五文字ものひらが...

読み方 承る 読み方 承る

「承る」という言葉の意味は大きく分けて4つあります。 「承」という漢字には、以前からあったものや、相手の意向を受け入れる、という意味があります。