君 待つ と 我 が 恋 ひ 居れ ば 我 が 宿 の 簾 動かし 秋 の 風 吹く。 「万葉集」の華 「額 田 王(ぬかたのおうきみ)」 |わたしの歴史人物探訪|シリーズ|大阪同和・人権問題企業連絡会

額田王恋の歌:万葉集を読む

恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君 恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君

雲雀の楽しそうなさえずりと、自分の憂鬱な物思いとの対比。 妾を失った悲しみを、一人寝の寂しさで表わすとは、いかにも家持らしい。

15

万葉集 第4巻 488番歌/作者・原文・時代・歌・訳

恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君 恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君

何度も眺めやりたい山なのに、無情にも、雲が隠すなんてことがあってよいものだろうか。 なぜなら、天智天皇に向けて次のような 歌を詠んでいるからです。

短歌についての質問です。額田王の「君待つと吾が恋ひをれば我がやどの...

恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君 恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君

そんな切なさが、狩という開放的な雰囲気に接して、昔の思い出を呼び寄せたのかもしれない。 次は三首のうちの二首目。

秋の歌:万葉集を読む

恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君 恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君

万葉集のほうは原文、読み下し訳、現代語訳、解説文が付けられていて、非常に参考になりこの4冊で一応、万葉集としては充分な内容になっています。 君 きみ 待 ま つと我 あ が恋 こ ひ居 を れば我 わ が宿 やど の簾 すだれ 動 うご かし秋 あき の風 かぜ 吹 ふ く 万葉集 四・488番、八・1606番 訳:あなたを恋しく思いながら、訪れを待っていると、我が家の簾が動きました。 時ニ大皇弟諸王内臣及ビ群臣皆悉ク従ヘリ。

10

短歌についての質問です。額田王の「君待つと吾が恋ひをれば我がやどの...

恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君 恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君

萩の花咲きたる野辺にひぐらしの鳴くなるなへに秋の風吹く(2231) 萩の花の咲いている野辺にひぐらしが鳴いている、その声にあわせるかのように秋の風が吹いている、という趣旨。

8

君待つとわが恋ひをればわが屋戸のすだれ動かし秋の風吹く (額田王)

恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君 恋 風 我 簾 宿 ば の と 居れ の 待つ 秋 動かし が が 我 ひ 吹く 君

はじめに 2010年には、建都1300年を迎えた大和の国、奈良では盛大な催しが企画され、多くの観光客が訪れました。

20