教育 芸術 社 ホームページ。 中学校音楽における学習支援コンテンツ (令和2年5月7日時点):文部科学省

教育芸術社

ホームページ 社 教育 芸術 ホームページ 社 教育 芸術

もちろん第三者が利用する場合は、通常の手続きを要します。 ・音声や映像を再生すると、通信量が多く発生する場合がありますので、ご注意ください。 ごく簡単に言うと、「著作者は自分の作った著作物を公表したり、複製や演奏をしたりする権利や、著作物の内容を他人に勝手に変えられない権利を独占的にもっている」になります。

楽譜提供元:教育芸術社の楽譜一覧【@ELISE】

ホームページ 社 教育 芸術 ホームページ 社 教育 芸術

学校でのコピーは大丈夫だ、と聞いたことがあるのですが… それは著作権法第35条のことですね。

17

楽譜提供元:教育芸術社の楽譜一覧【@ELISE】

ホームページ 社 教育 芸術 ホームページ 社 教育 芸術

外部リンク [ ]• しかし、これも先述の「ガマン」規定ですので、教育上よほどの必然性がなければ許されないものだ、と解釈すべきでしょう。 しかし音楽の場合、多くの著作権者は日本音楽著作権協会(JASRAC)をはじめとする音楽著作権の管理団体や管理会社に著作権の管理を委託していますので、著作権者ごとに了解を得る必要はなく、そうした団体などからまとめて許諾を得ることができます。

15

教育芸術社

ホームページ 社 教育 芸術 ホームページ 社 教育 芸術

北海道では伝統的にの教科書が採択される傾向が強く、なおかつ小学4年用の教科書に『』という合唱曲が収録されていることが大きな理由であると考えられる。

7

学習支援コンテンツ

ホームページ 社 教育 芸術 ホームページ 社 教育 芸術

また、了解を得たことを証明する書類を提出しなければいけない場合もありますので、その点を事前に主催者にも確認しておきましょう。 「版面権」という言葉を聞いたことがあるのですが、これは何ですか? 著作権法では、著作物を公に伝達する、放送事業者、レコード製作者、実演家に、著作権に準ずる権利を与えています。 もちろんPTAコーラスなどの活動は含まれませんね。

中学校音楽における学習支援コンテンツ (令和2年5月7日時点):文部科学省

ホームページ 社 教育 芸術 ホームページ 社 教育 芸術

その権利を「著作隣接権」と呼びますが、著作物を同様に伝達する出版者にはこの権利が与えられていません。 これを「権利処理」と言いますが、先述のように音楽の場合、多くの著作権者がJASRACに著作権管理を委託していますので、JASRACで概ね手続きが可能です。

7