ぼうず コンニャク。 ぼうずコンニャクのうまいもん日記: 郷土料理・郷土食品アーカイブ

ぼうずコンニャクのうまいもん日記: 郷土料理・郷土食品アーカイブ

コンニャク ぼうず コンニャク ぼうず

これでいちばん安いのがインドカレーの800円というのがアンバランスだな。 じゃあ、マボヤもこのわたもすぐ手に入るものなんだから自分で楽しむ分は自家製するべし、と我が家ではマボヤ一個分をそのつど作っている。 今回の案内人、つきじろうさんにある程度主導権を委譲して、『かとう』にてお願いしましたもの。

1

ぼうずコンニャクの酒日記: 2006年8月アーカイブ

コンニャク ぼうず コンニャク ぼうず

この「いかにも」がいい年をしたオヤジには耐え難いものなのだけれど、マボヤとこのわた(マナマコの腸の塩辛)との取り合わせの妙には脱帽せざる終えないのだ。

18

ぼうずコンニャクの酒日記: 2006年8月アーカイブ

コンニャク ぼうず コンニャク ぼうず

クマゴロウは忙しそうだし、珍しいものはないようだし、すんなりと通り過ぎる。

11

ぼうずコンニャクのお魚三昧日記: 食べるその他の水産動物学アーカイブ

コンニャク ぼうず コンニャク ぼうず

さて、閑話休題。 後は一目散に帰宅する。 静岡の酒はおしなべて淡麗辛口である。

9

ぼうずコンニャクのお魚三昧日記: 食べるその他の水産動物学アーカイブ

コンニャク ぼうず コンニャク ぼうず

広島県倉橋島「日美丸」へ ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑へ. 初めての足立市場に来ている。

10

ぼうずコンニャクのうまいもん日記: カレー図鑑アーカイブ

コンニャク ぼうず コンニャク ぼうず

日本酒には焼いた方がより相性がいいようだ。