ベタメタゾン リン 酸 エステル ナトリウム。 ベタメタゾン

KEGG DRUG: ステロイド外用薬の強さ

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

点鼻方法や滴数・回数は、説明書に従ってください。 鼻が上を向くようにして,薬を鼻にさします。 前眼部の対症療法• KEGG DRUG 取扱い上の注意. 次の症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

10

ベタメタゾン(点):リンデロン

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

リンパ組織からTリンパ球の遊出を抑制すると共に、その増殖や活性化に係るIL-2の産生を抑制し、更にアポトーシスを促進すること等により血中Tリンパ球数を低下させ細胞性免疫を障害する。 なお、坐剤、貼付剤は一覧表に含めていません。 [用法:関節腔内注射] 関節周囲炎 非感染性のものに限る 、腱周囲炎 非感染性のものに限る• また、固定蕁麻疹は局注が望ましい)、類乾癬(重症例に限る)、掌蹠膿疱症(重症例に限る)、毛孔性紅色粃糠疹(重症例に限る)、成年性浮腫性硬化症、紅斑症〔多形滲出性紅斑(重症例に限る)、結節性紅斑〕、レイノー病、先天性表皮水疱症、帯状疱疹(重症例に限る)、顔面播種状粟粒性狼瘡(重症例に限る)、潰瘍性慢性膿皮症、新生児スクレレーマ、蕁麻疹(慢性例を除く)(重症例に限る)、乾癬および類症〔尋常性乾癬(重症例)、関節症性乾癬、乾癬性紅皮症、膿疱性乾癬、稽留性肢端皮膚炎、疱疹状膿痂疹、ライター症候群〕、アナフィラクトイド紫斑(単純型、シェーンライン型、ヘノッホ型)(重症例に限る)、ウェーバークリスチャン病、皮膚粘膜眼症候群〔開口部びらん性外皮症、スチブンス・ジョンソン病、皮膚口内炎、フックス症候群、ベーチェット病(眼症状のない場合)、リップシュッツ急性陰門潰瘍〕、天疱瘡群(尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡、Senear-Usher症候群、増殖性天疱瘡)、デューリング疱疹状皮膚炎(類天疱瘡、妊娠性疱疹を含む)、紅皮症(ヘブラ紅色粃糠疹を含む)、円形脱毛症(悪性型に限る)、早期ケロイドおよびケロイド防止 眼科領域:内眼・視神経・眼窩・眼筋の炎症性疾患の対症療法(ブドウ膜炎、網脈絡膜炎、網膜血管炎、視神経炎、眼窩炎性偽腫瘍、眼窩漏斗尖端部症候群、眼筋麻痺)、外眼部および前眼部の炎症性疾患の対症療法で点眼が不適当または不十分な場合(眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、虹彩毛様体炎)、眼科領域の術後炎症 耳鼻咽喉科領域:急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎・耳管狭窄症、メニエル病およびメニエル症候群、急性感音性難聴、口腔外科領域手術後の後療法、血管運動(神経)性鼻炎、アレルギー性鼻炎、花粉症(枯草熱)、副鼻腔炎・鼻茸、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、喉頭ポリープ・結節、食道の炎症(腐蝕性食道炎、直達鏡使用後)および食道拡張術後、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法、難治性口内炎および舌炎(局所療法で治癒しないもの)、嗅覚障害、急性・慢性(反復性)唾液腺炎 副作用 [ ] 詳細は「」を参照 吸収率の高い部位、頬、頭、首、陰部では長期連用しないよう注意し、顔へのストロング以上のステロイドの使用は推奨されない。

9

ステロイド外用薬のランクを一覧表にまとめてみた

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

目の外に薬があふれ出た場合は、清潔なガーゼやティッシュペーパーなどでふきとってください。

16

ベタメタゾンリン酸エステルNa・PF眼耳鼻科用液0.1%「日点」│お薬事典│ベタメタゾンリン酸エステルNa・PF眼耳鼻科用液0.1%「日点」の詳細情報ならここカラダ

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

[用法:卵管腔内注入] 卵管整形術後の癒着防止• 外耳炎• 比較しやすいよう、口腔用剤は青、痔疾用剤は赤、眼科用剤は緑で色分けしています。 バルビツール酸誘導体 フェノバルビタール フェニトイン リファンピシン 本剤の作用が減弱することが報告されているので、併用する場合には用量に注意すること。

5

ベタメタゾン(点):リンデロン

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

本剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用がある。

15

ステロイド外用薬のランクを一覧表にまとめてみた

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

• シクロスポリン 他の副腎皮質ホルモン剤の大量投与で、シクロスポリンの血中濃度が上昇するとの報告があるので、併用する場合には用量に注意すること。 薬を使用後は、汚染しないように清潔なガーゼやティッシュペーパーなどでチューブの先をふき、しっかりふたをしめてください。

4

KEGG DRUG: ステロイド外用薬の強さ

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

軟組織内注射 通常、1回0. [用法:静脈内注射] 手術後の腹膜癒着防止• 人により副作用の発生傾向は異なります。 他の点眼薬と併用しているときは、点眼間隔を十分にあけてください。

6

ステロイド外用薬のランクを一覧表にまとめてみた

リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル リン ナトリウム ベタメタゾン 酸 エステル

ふつう、症状の強い重症例に用います。 【使用にあたり(点眼)】• できるだけ仰向けの状態で点眼するようにします。