キハ 391。 国鉄キハ391系気動車

ノート:国鉄キハ391系気動車

391 キハ 391 キハ

座席をリクライニングシートに交換。 。 結局解決策はクラッチの廃止しかなかったのです。

4

ターボトレインのサイト

391 キハ 391 キハ

1991年、快速「みえ」用に3両が以下の改造を施工された。 車体構造は基本的に一般仕様車に準じているが、車内は同時期の用電車であるの流れを汲んだ設備とした。

1

国鉄キハ391系気動車

391 キハ 391 キハ

当初搭載されたものは機器が小型化されておらず、前面運転台窓の幅ほぼ一杯を使い切る非常に大型な機器箱を必要としたが、後に搭載機器の改良で機器箱が段階的に小型化されている。

5

ターボトレインのサイト

391 キハ 391 キハ

窓配置とシートピッチは一致しない。 各車にディスプレイモニターを含むカラオケ装置とラウンジを設置したため定員は52名に変更された。

17

[B! train] 国鉄キハ391系気動車

391 キハ 391 キハ

1999年12月のダイヤ改正による「たかやま」廃止に伴い全車2000年に廃車となった。 現在ではこのキハ391系に匹敵する性能の気動車が多く存在していますが、 1970年代前半に、最高速130キロをマークして、 今後の活躍が期待されたものの、根本的な欠点が災いして、 実戦投入されることが無かったことを思えば、 このキハ391系は名車だったのか、迷車だったのか・・・?. その後はジョイフルトレイン「Kenji」のみが運用を続けていたが2018年9月8日の団体列車をもって運用を終了、同時に同区のみならずJR各社が保有する同系列全ての運用が終了した。 ガスタービン・エンジンは、軽量コンパクトながら、高出力をたたき出し、 オクタン価が低いガソリンでも十分性能を発揮することから、 国鉄は気動車の次世代エンジンとしての採用を検討、 1969年に、当時大垣機関区で 要らない子廃車になっていた国鉄時代の気動車、 をベースに、日本とアメリカの共同開発で製作された ヘリコプター用のガス・タービンエンジンを搭載した、改造車、 を製作、 この試験結果が良好だったため、営業運転を見据えて試験車として1編成が製作されたのが、 この、キハ391系です。

1

キハ391系(ガスタービン動車)誕生秘話

391 キハ 391 キハ

この系統はその後、汎用気動車としてのへ発展し、更に大幅な性能引き下げの上で一般形気動車のを派生してゆくこととなる。 キハ58 700・701・キハ28 2485・(キハ65 61)• 『幻の国鉄車両』(、2007年)• 1等車を除いて全車運転台付きである本系列の場合、大量増備時のコスト上昇を配慮する必要があったことによる。 北海道を除く全国各地に配置されたが、改造施工から10年にも満たない1986年に鉄道による郵便・荷物輸送業務が廃止となったため翌年までに全車 となり、JRグループに承継された車両は1両もない。

11

ターボトレインのサイト

391 キハ 391 キハ

床に絨毯を敷き、座席を同様の転換クロスシートに交換したため定員を44名に変更。 大宮工場の風景 大宮工場の風景 国鉄の頃~平成初期に見かけた風景 地元ですから何か見かけるとすぐチャリンコで走って写真撮ってました。 白地にJR四国のコーポレートカラーであるブルーとグリーンの帯が入ったデザインを採用した。

15