コン ティン ジェンシー プラン と は。 緊急対応をスムーズにする「コンティンジェンシープラン」を作成しよう (1/2)

混同されやすいコンティンジェンシープランとBCPの違い

は プラン ティン と コン ジェンシー は プラン ティン と コン ジェンシー

事業継続計画(BCP)では不測の事態やリスクが発生してお事業を継続するための方法を考えますので、策定する段階で重要な事業は何なのかをあらかじめ選定する作業が必要不可欠ですが、コンティンジェンシープランでは重要な事業を選定する、といった工程は基本的には含まれていません。 考え得るリスクを調査、評価する• カットオーバー・クライテリア(本番稼働判定基準)のひとつとして、「新システムへの移行・本番稼働に際し、不測の事態が発生した場合の対応計画(コンティジェンシープラン)が明確であること」という判断基準が含まれています。

コンティンジェンシーとは何か ビジネス上での意味と例文

は プラン ティン と コン ジェンシー は プラン ティン と コン ジェンシー

リスクは多種多様化しており、対応を誤った場合には企業は莫大な損害を被りかねません。 初版が1994年に公開されている古い歴史を持つガイドラインですが、実際に起きた事例(阪神・淡路大震災、西暦2000年問題)や、他の事業継続計画(BCP)・事業継続マネジメント(BCM)のガイドラインを考慮しながら、時代のニーズに合わせて改版が行われてきたものです。

14

経営計画ーローリングプランとコンティンジェンシープラン

は プラン ティン と コン ジェンシー は プラン ティン と コン ジェンシー

目的や基本方針を決定する• お問い合わせは まで。

5

「コンティンジェンシー」の意味と使い方・理論の特徴・プランの特徴

は プラン ティン と コン ジェンシー は プラン ティン と コン ジェンシー

状況対応計画、シャドープランとも言われます。 事業継続計画(BCP)では事業インパクト分析(BIA)を行ったうえで継続業務を決めますが、コンティンジェンシープランは事業インパクト分析(BIA)は行わずに継続業務を決め、優先順位を決めてその高い順番から復旧できるように策定されています。 より詳しくBCPとビジネスインパクト分析を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

17

混同されやすいコンティンジェンシープランとBCPの違い

は プラン ティン と コン ジェンシー は プラン ティン と コン ジェンシー

福岡校• コンティンジェンシープランの策定方法 コンティンジェンシープランの策定は、大まかに分けて3段階で行われます。 災害 地震、火災、水害など• 企業であれば、 業績に大きな影響を及ぼすような不測の事態をあらかじめ想定し、それに対応するための方針や計画を策定したものを指します。 プロジェクトに内在する不確実性の一つとして、「新システムへの移行が計画通りに進まないリスク」も他の「仕様変更多発リスク」や「品質リスク」などと同じように管理すれば良いのではないか、という考え方も自然ですよね。

18

コンティンジェンシープラン(CP)とは

は プラン ティン と コン ジェンシー は プラン ティン と コン ジェンシー

BCPでは事業インパクト分析を行って継続業務を決めますが、コンティンジェンシープランでは行わずに継続業務を決めます。

14