Question: 給与を議論するために発射することができますか?

は、雇用主がそれらの会話を許可しないことを許可しないための正当な事業目的を証明することができない限り、雇用主が報酬を議論するために労働者を発射することが一般的に違法であることを意味します。

私の雇用主が私を発射することができます私の給料について話していますか?

実際には、彼らの給与について議論する従業員の権利は法律によって保護されています。雇用主は、顧客の前や仕事中に労働者を議論することを制限するかもしれませんが、従業員が自分の時間に支払うことを禁止することはできません。

の給与の根拠について議論していますか?

の従業員は議論から禁止されています彼らの雇用契約における給与と報酬は、彼らの雇用契約における有料秘密句を通して報酬を与えます。支払い秘密句は、賞与または裁判所のインセンティブを提供する業界で特に一般的です。

従業員を議論するのを阻止するのは違法ですか?

従業員が従業員が賃金または他の従業員の賃金を議論することを禁止することを禁止しています。 ...正式または非公式かどうか、雇用主による努力を反映しているかどうか、秘密の政策を支払うことがよくあります。

給与を開示するために火災を築くことができますか?

最も可能性が高いです。はい、彼らの支払いを開示するために従業員を発射するのは違法です。 ...しかしながら、国家労働関係法(NLRA)によると、雇用主が行っている従業員に対して行動を起こすことは禁止されています。

なぜ従業員が給与を互いに散布してはいけないのですか?

雇用者はそれを嫌い従業員が給与を議論するとき、それは差別と他の不公平な支払い方法を公開するので、彼女は言う。 「あなたの雇用主が給与議論を禁止する書面による政策や契約を持っているならば、あなたはそれらを国家労働関係委員会に報告することができます。「

は人の給料機密ですか?

給料はほとんど常に機密ですが、それは単なる文化的です。あなたの従業員はすでに話しているかもしれません。 ...しかし、すべての機密性にもかかわらず、それはすべて自己課されます。連邦法はあなたの権利(そしてあなたの従業員の権利)を議論して給与を含む彼らの労働条件を議論します。

なぜ彼らがどれだけ支払うのかを示すのですか?

今日の市場では、企業もしたくない彼らが彼らの競争に対してより脆弱になるので、彼らの報酬パッケージを宣伝します。競合する組織は、その組織内でより多くのお金を提供することによって候補者を獲得するために候補者に勝つことができます。

同僚にあなたの給料を給料に伝えるのは悪いですか?

あなたの給与情報について話し合う権利同僚は連邦政府によって保護されています。ニューヨークタイムズによると、国家労働関係法は、雇用主が従業員の間で給与と労働条件の議論を禁止することができないと述べています。 ...あなたの同僚だけがあなたに彼らの給料を伝えることができます。

ガラスドアの給与を投稿するのは悪いですか?

一般的には、いいえ。ほとんどの場合、あなたの会社、あなたの職場環境、そしてソーシャルメディアに関するあなたの上級管理職についてあなたの意見を投稿することは合法です。

実際に給与を投稿する必要がありますか?

仕事を投稿するのは完全にオプションです実際に給与の詳細を付けて。しかし、4つの求職者のうちの1つ(24%)は、報酬が仕事の説明の最も重要な部分であると言っています。 *給料や給与の範囲を超えるフロントは、正しい候補者に際立っているのを助けることができます。

同じ仕事をするために少なく支払うことができますか?

法律では、男性と女性が等しい仕事をするために等しい支払いをする(同じような給与法のクラスが同じ、類似した、同等のもの、等しい値)。これは、誰かが両方の人と比較して少ない支払いを受けてはいけません。同じ雇用主のために等しい仕事をしています。

賃金差別をどのように証明しますか?

賃金差別を等しい支払法の下で証明するためには、あなたが働いている仕事が仕事に等しいことを示す必要があります。異性の相手方によって開催されました。

Tell us about you

Find us at the office

Woeber- Ortega street no. 60, 56218 Bandar Seri Begawan, Brunei

Give us a ring

Kelsey Teron
+23 651 240 705
Mon - Fri, 7:00-22:00

Write us