メルセデス ベンツ s class。 Mercedes

メルセデス・ベンツ、カモフラ柄の新型「Sクラス」公開。「リアアクスルステアリング」など最新技術の紹介

このたび公開された第2弾は「Innovation by Intelligence」というテーマで、快適性や安全性を高める装備や技術にスポットがあてられ、複数の新技術や新機能が採用されていることがアピールされている。 S400 ハイブリッド• 7 m 5. また、既存モデルでは内外装デザインを一新。 com. 「S600 ロング」、「S560 4マチックロング」、「S550 4マチッククーペ」、「S550 4マチッククーペ AMGライン」、「S400 4マチッククーペ」、「S400 4マチッククーペ AMGライン」は左、「S550 クーペ」、「S550 クーペ AMGライン」、「S560 ロング」は右、その他は左右ハンドルの設定。 )","canonicalUrl":null,"pubDate":"2019-02-14T12:00:00. 特別仕様車は、「S550 4マチッククーペ エディション 1」(188台限定)、「S63 AMG 4マチック クーペ エディション 1」(42台限定)、「S550 ロング」をベースとした「S550ロング プレミアムスポーツ」(200台限定)を設定。 3L V型8気筒エンジンを搭載し、2トンを超える車両重量にも関わらず、0-100km加速において4. aspectRatios. S400d ディーゼルターボ• S600 ロング AMGライン プラス• PIN入力に加えて、新しい認証方法により、高いレベルのセキュリティを追求する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 セダン GH-220067 3724cc 4 5AT FR 5名 7. ミッション/駆動系/乗車人数• S450 ロング AMGライン プラス• 9万円 1559. aspectRatios. センターデフロック• 0リッター直列6気筒ツインターボエンジンの恩恵が大きい。 5L V12SOHCツインターボ(517馬力)を搭載。

Next

メルセデス・ベンツ・Sクラス

"],["p","用意されるグレードは、後輪駆動の標準仕様であるS400dのほか、リアシートの居住性を高めた「S400d ロング」、そして4輪駆動の「S400d 4MATIC」、「S400d 4MATICロング」である。 メルセデスベンツは7月8日、次期『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)に搭載される最新の「MBUX」をデジタルワールドプレミアした。 globo. 横滑り防止装置• 主な安全機構に、や衝突時にを巻き上げる「」がある。 relatedSites. 5L V型6気筒ハイブリッドパワートレインエンジン搭載の「S400h」、「S400hエクスクルーシブ」、V型6気筒ツインターボエンジンにプラグインハイブリッドを搭載した「S550eロング」を追加設定。 7L V型8気筒直噴ツインターボエンジンとフルタイム四輪駆動システム4MATIC搭載の「S550 クーペ」、「S550 クーペ AMGライン」、「S550 4マチッククーペ」、「S550 4マチッククーペ AMGライン」、V型6気筒エンジン搭載の「S400 4マチッククーペ」、「S400 4マチッククーペ AMGライン」を設定。 commercial. 略語名 正式 日本語 MRA Modular Rear wheel drive Architecture モジュラー 後輪駆動 アーキテクチャ MEA Modular Electric Architecture モジュラー 電気 アーキテクチャ 標準のSクラスモデルはMEAプラットフォームに搭載。

Next

Sクラス(全て)(メルセデス・ベンツ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

燃料消費率10・15モードで11. S600 ロング AMGライン• 8〜 370万円 1050万円 8. S560 ロング• 従来のフロアシフトに代わりギア位置(P-R-N-D)の選択をステアリングコラム横の電子セレクターレバーで行ない、必要に応じてシフトアップ/ダウンをステアリングシフトによって操作できる新機構ダイレクトセレクトを採用した。 これはPHEVというよりも電気自動車なみの距離。 9万円 10. OLED(有機発光ダイオード)は、LEDなどの点光源とは異なり、平面光源となる。 メルセデスとして初めて、車速やナビゲーション等をウインドスクリーン上に投影し、前方から目を離すことなく運転に必要な情報を確認できるヘッドアップディスプレイ、COMANDコントローラー後方のタッチパネルに指先で触れることでセンターディスプレイ画面のスライドや拡大縮小、文字入力が行えるタッチパッドを新たに採用し、安全性および快適性を大きく向上。 内装は、インテリアトリムに色調の明るい優雅なポプラウッドや随所にステッチをあしらったV12専用デザインのシート、アルカンタラルーフライナーなどを採用しエレガントさをより一層高めるとともに、リアシートからのオーディオ音量調整機能および選曲機能を追加した。 S550 ロング• primary. S560 e ロング• 7L V型8気筒直噴ツインターボエンジンとフルタイム四輪駆動システム4MATIC搭載の「S550 クーペ」、「S550 クーペ AMGライン」、「S550 4マチッククーペ」、「S550 4マチッククーペ AMGライン」、V型6気筒エンジン搭載の「S400 4マチッククーペ」、「S400 4マチッククーペ AMGライン」を設定。

Next

メルセデス・ベンツ・Sクラス

それと、新型Sクラスの車体内部のシート下には、充電器と充電用ウォールユニットの両方が埋め込まれており、 約6. 4万円 2015年 298万円 ~ 960万円 270. インテリアはラグジュアリーな雰囲気で、シートの座り心地も極楽でした。 7 m 5. 5L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載し、性能を従来よりさらに向上するとともに最先端サスペンションシステム「マジックボディコントロール」を標準装備した「S63 AMGロング」、AMG専用四輪駆動機構「AMG 4MATIC」を搭載した「S63 AMG 4マチックロング」、ターボチャージャー6L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載した「S600 ロング」、「S65 AMGロング」を設定。 social. 装備にはメーター用のほか、インフォテインメントシステム用の大型ディスプレイが採用され、インフォテインメントシステムには最新の「MBUX(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が搭載されます。 カーボンやアルミの使用率を引き上げることで、大幅に軽量化• W140の発売当初、欧米ではV12エンジンは人気がなく低排気量エンジンが好まれた。 また、排気によるターボチャージャーが効果を出しづらい、低回転域で過給を行う「電動スーパーチャージャー」を搭載することにより、ターボラグを解消。 relatedSites. このほか5. また、このシステムは徐々に、定型的な応答をしなくなる。

Next

9月デビューの新型「メルセデス・ベンツSクラス」が最先端の安全性と使い勝手をアピール!

5L V6直噴エンジンに新世代ハイブリッドシステムを搭載し、大型高級セダンセグメントで初めてエントリーモデルにハイブリッドパワートレインを採用した「S400 ハイブリッド」、S400 ハイブリッドに内外装と快適装備の充実を図った上級ハイブリッドモデル「S400 ハイブリッドエクスクルーシブ」、4. ラインアップは、3L V型6気筒直噴ツインターボを搭載しノーマルホイールベースを装備した「S400」、3L 直列6気筒「M256」エンジン搭載の「S450」、「S450エクスクルーシブ」、「S450ロング」、低負荷での走行の際に4気筒を休止する機能による燃料消費量とCO2排出量を抑制する新型4L V型8気筒直噴ツインターボエンジン搭載の「S560 ロング」、メルセデス最新の四輪駆動システム「4MATIC」を搭載した「S560 4マチックロング」、ターボチャージャー6L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載した「S600 ロング」を設定。 道路の段差を通過する時には、スプリングストラットが作動して、不快な動きを大幅に低減するという。 aspectRatios. ハイブリッド2モデル、S550 4マチック ブルーエフィシェンシー ロング、S600ロング、S65 AMGロングは左ハンドル設定、その他は左右ハンドルの選択可能。 aspectRatios. トランスミッション:9速AT• 3Lのみメルセデス4マチックのフルタイム4WD、その他はFR駆動とする。 9〜 1509万円 1192万円 12. クーペには、V型6気筒エンジン搭載の「S400 4マチッククーペ」、「S400 4マチッククーペ AMGライン」、4. ラインアップは、3L 直列6気筒「256」エンジン搭載の「S450」、「S450ロング」、ターボチャージャー6L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載した「S600ロング」、新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「656」を搭載した「S400dロング」、「S400d 4マチックロング」、3L V型6気筒エンジン「276M30」+プラグインハイブリッドシステムを搭載した「S560eロング」、3L V型6気筒エンジン搭載の「S450 4マチッククーペ」、「S450 4マチッククーペ AMGライン」、4L V型8気筒直噴ツインターボエンジン搭載の「S560 クーペ」、「S560 クーペ AMGライン」、「S560 カブリオレ」、フルタイム四輪駆動システム4MATIC搭載の「S560 4マチッククーペ」、「S560 4マチッククーペ AMGライン」を設定。 価格は1170万円からで、最近は直6エンジンが復活の兆しにあるのがうれしい。

Next

メルセデスベンツ Sクラス 次期型、プロトタイプの写真…最新「Eアクティブ・ボディ・コントロール」採用

gqjapan. ウォークスルー• "],["p","また、ステアリングを切ったときのシャシーの応答性が高く、スポーティにすぎず、エンジンのレスポンスとうまくバランスがとれているのが印象的だった。 クリーンディーゼルハイブリッドには、2. ドイツ本国では、3リッターV型6気筒ディーゼルターボエンジンの「S350 BLUETEC」が用意されるが、日本では導入されない。 これは、メルセデス・ベンツのモデルの中では(9,639台)に次ぐ第2位である。 グレードからSクラス(全て)の中古車を探す Sクラス(全て)(メルセデス・ベンツ)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 7L V型8気筒ツインターボBlueDIRECTエンジンを搭載し、ロングホイールベースによる広大で上質な室内空間に快適装備をふんだんに採用した「S550 ロング」と「S550 ロング マジックボディコントロール装着車」、5. パワートレインには高い環境性能を持つ直列4気筒ディーゼルハイブリッドから、ハイパフォーマンスなAMGブランドのV型12気筒ターボまで用意され、幅広いユーザーに対応しています。

Next

Chevron

結果、幅広い回転域で優れた加速に貢献しているのだ。 "],["p","走りと乗り心地のよさをうまく利用したACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)も、クルージングの快適性をさらに高める。 8リッターにスープアップする為、の大口径化、ととをAMG製のものに交換すること等により、その性能は428ps/62kgmにまで高められ、に初出場しクラス優勝、総合2位を獲得した。 ベンチシート• 6L搭載の「560SEC」もラインアップする。 メモリーナビ• ads. この役割を果たすことにより、ターボチャージ6気筒エンジンが回転する間、車両に瞬時に電動モーターをブーストしてくれるわけなんですよね。

Next

Sクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車

また、にはこのモデルに追加される形で、いったん生産終了されていたマイバッハがメルセデスのサブブランド「 メルセデス・マイバッハ」として復活している。 「S350」には3. S560 e ロング AMGライン プラス• 内外装合計約500個のLEDを使用しながら消費電力を抑え、夜間や信号待ちなどの際にブレーキランプやウインカーの明るさを低減する光量切り替え機能も搭載。 S320とS500Lはハンドル位置の選択が可能、S430は右のみ、S500とS600Lは左のみの設定。 先代モデルよりも直立した大型のグリルと、クーペを思わせる流れ出る優雅なルーフラインが特徴。 5L V8スーパーチャージャー S55 AMG)、612馬力の6L V12ツインターボ S65 AMGロング)。 に 匿名 より• S400d AMGライン プラス ディーゼルターボ• レベル3自動運転技術は、Sクラスのライバルであるアウディ「A8」が全面改良で世界初採用しており、メルセデスも対抗することになります。

Next