イチロー 2006。 イチロー氏魅せた01年レーザービームが最高級評価

2006年・第1回WBCを振り返る~誤審、生き返れ福留、神の手~|【SPAIA】スパイア

2006 イチロー 2006 イチロー

イチローの一打には、そういう意味がある。 ただし30人ロースターには名を連ねていたため、制度上は飛び入り出場も可能だった。

イチロー 2006

2006 イチロー 2006 イチロー

シーズンでは開幕から調子があがらず、数年間のスランプをひきずっていたが、同年4月11日、ナゴヤドームでの西武戦の第5打席でからセカンドゴロを放つ。 6月に「209打席連続無三振」の日本プロ野球記録を樹立。 当該チーム間の試合における1イニングあたりの得失点差が最多のチーム• 2回2死二塁。

14

WBCイチロー選手の発言は不愉快(29日の日記)

2006 イチロー 2006 イチロー

414)、盗塁数(36)などではリーグ2位を記録した。 2次リーグからはアメリカへ舞台を移すことになる。 両軍投手陣の好投により打線が寸断される中、追加点の好機を活かせなかったドミニカとミスにつけ込んでしたたかに得点を重ねたキューバ。

18

イチロー氏魅せた01年レーザービームが最高級評価

2006 イチロー 2006 イチロー

しかしキューバの抑えの切り札が後続を断ち、逆転に望みをつないだ。 358、181安打でシーズンを終え、の4年連続を抜いて 日本プロ野球史上初となる5年連続首位打者獲得を達成、5年連続・通算5回目となる最多安打も記録した(連続回数、通算回数ともにパ・リーグ記録。 16日には日米通算500盗塁を達成。

イチロー 2006

2006 イチロー 2006 イチロー

アジアグループはの特別協賛により「アサヒスーパードライ プレゼンツ・ワールド・ベースボール・クラシック アジアラウンド」の名称で開催された。 次の試合でシーズン最多安打記録を44年ぶりに更新し、同月の122試合目には日本プロ野球史上初となるシーズン200本安打 の偉業を達成した。 イチローは優秀選手賞を受賞したほか、3年連続となるシーズンMVPを手にした。

18

イチロー 2006

2006 イチロー 2006 イチロー

チームを引っ張ってきたイチロー外野手(32)は「野球人生でもっとも屈辱的な日」とまで言って悔しさをあらわにした。 最終的にチームも勝利し、イチローにとっては2001年以来の12年ぶりの地区優勝を決めた。