影絵 作家。 影絵作家・藤城清治95歳①「一番経験を積んだ今日、一番いい作品が創れる自分で」|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

「藤城清治」

作家 影絵 作家 影絵

年をとるほど高まるもの、年をとらなければ出ないものが、ありますよね。

9

「藤城清治」

作家 影絵 作家 影絵

(元年) -• (平成23年)、()原作の絵本「マボロシの鳥」を制作(講談社)。 影絵作品約140点、デッサンや貴重な資料など約200点が常設展示されています。 公益財団法人 日本青少年文化センター 2019年3月30日. 2014年 絵本『画本 風の又三郎』にて、第24回 宮沢賢治賞受賞• 藤城さんは言う。

15

藤城清治【影絵作家】の経歴と美術館・作品や絵本も紹介。懐かしくも新しい感覚。

作家 影絵 作家 影絵

『ぶどう酒びんのふしぎな旅』衣裳研究所 1950• 『藤城清治 光あれ、影あれ 創作活動65周年』美術出版社 2008. (平成8年)、「藤城清治影絵美術館」開設(現:-湖畔)。

14

「藤城清治」

作家 影絵 作家 影絵

2月 24, 2017• その後、全国各地で開催予定。 20代のころ、朝日新聞で北畠八穂 きたばたけ やお さんという詩人の詩に影絵をつけて5年くらい連載した時に、分身である小人が、空を飛んだりこうもり傘を持っていたり。

20

影絵作家・藤城清治さん「作品は美智子さまの部屋に飾られて」

作家 影絵 作家 影絵

田中裕二:うん。 関連記事:• 人形劇をしたり絵を描くことが、生きていくうえでいかに大事なことかと自分でも思ったし、世間もそれで癒されて元気が出たんです。 福島県大熊町では、一面のススキに囲まれた小川に、鮭が上る光景に目を止めた。

影絵作家・藤城清治95歳②「歳を重ねるほど出てくる“なにか”を味わっていきたい」|読むらじる。|NHKラジオ らじる★らじる

作家 影絵 作家 影絵

なるべく離れた状態で、忘れたと言っといたほうがいいと思っていたけれども、目を背けたいとか、思い出したくもないというものを超えて、自分は戦争を体験して兵隊にもいき、原爆が落ちた当時に生きていた人間で、そういったことから長い時間が経ちましたから、何かを描いていく人間であるんだから、原爆ドームみたいなものこそ、自分の経験と思いを経たうえでちゃんと描いてみたい、というね。 (山梨県甲府市)• 2月 14, 2017• (昭和22年)、卒業。 (平成5年) - '93エキスポ大賞 影絵劇『夢ふたたび月へ』 ()の制作・ライブ上演で• 藤城さん: 特別細かく教えてもらったことはないけれども、『暮しの手帖』では、僕の個性を出そうとか、僕の影絵として連載しているというのではなくて、『暮しの手帖』が狙っている1つの世界観が僕の影絵だということを、相当、頭に入れていました。

「藤城清治」

作家 影絵 作家 影絵

今も助手みたいにしてやってるのはみんなカッターで、僕だけがカミソリ。 『光の祈り 藤城清治作品集』, 2013• 「先生のお宅で、アジアの影絵芝居の写真を見せてもらって、妖しい魅力に、これぞ人形劇の原点だと、いっぺんでまいっちゃった。

15