Nhk スペシャル コロナ。 NHKスペシャル「新型コロナウイルス ビッグデータで闘う」

『Nスペ』より『モーニングショー』が信頼できる?岡田晴恵教授と玉川徹が国の専門家会議に注文した件(水島宏明)

2020年5月9日(土)• 対策チームが国に示した重篤な患者数の予測をあらわしたグラフ。 そのためには、魅力的なリーダーシップの力が必要ですし、 コミュニケーションの力を磨いて対話を重ねていくことも必要です」 鎌倉さん 「国家の役割が重要だとおっしゃっていましたが、 国家の役割を再認識するためには、国家を作る市民の力も必要だ、と再認識させられました」 聞きにある今、国家がを起こすことが必要であること、 そのカギを握るのは国家と企業の協力と、市民の参加、 つまり私たち一人一人の姿勢がかかっている… という言葉で終わっていました。 互いに文化や国民性を理解しあうことで、解決の道を見出せる。 単純労働は中国などに任せるようになり、 カでは不平等が拡大し、生活レベルと寿命は低下している」 「これらは単純なモデルなので、世界は止められなかった」 単純だから、という理由だけではなく、 エリートや金持ちが制度を作る側に回ったから… という理由もありそうだと思います。 2020年4月5日(日)• そして社会的な学問も必要。 国はすぐに乗客全員を14日間、船内に隔離する方針を決定した。 怖くて外に出ないで、それで持病がすごく悪化して、ということも僕は増えていくと思います。

Next

NHK BS1スペシャル「コロナ危機 未来の選択~マリアナ・マッツカート~」

例えば後、各地でエリートや金持ちに対抗するデモが起きている。 コロナが落ち着いた後、裕福な家の子供は、私立のリアルな優秀な先生の授業に戻れるかもしれないが、 貧しい家庭の子供は安価なオンライン授業しか受けられなくなるかもしれない」 それから、このような大事なことは、 教育関係者、先生、親、子供など、直接かかわる人々の意見を反映すべきだ、と述べる。 ブッシュ(ジュニア)大統領が「衝撃と畏怖」作戦と名付けたもので、 国連のの承認もないまま、に攻撃を加えた この戦争で、の大統領を殺害後、 壊滅状態となったの立て直しをするために、カから送り込まれたのは ポール・ブレマーという人物だったそうです。 中には 足の壊死にもつながる、不可解な症状が現れることもあるといいます。 「クルーズ船の中であったような精神状況。 国家への回帰をすれば、国内労働者の賃金や購買力が上がり、貿易が増えるからです。 ずっと共存していかなきゃいけないんだろうなと思います。

Next

調査報告クルーズ船 ウイルス対策のカギは?

」(西浦さん) 最後に押谷さんは、現状への危機感と、この未知のウイルスを克服するために重要なポイントを語った。 しかし、あなたが歴史を理解したり働きかけようとしなくても、歴史は続くのです。 「確信を持って言えるのは、コロナ危機は人々を賢くすることはない、ということです。 例えば、「感動脈疾患(心臓疾患)や「閉塞性肺疾患」「動脈硬化」「糖尿病」 炎症の立場からみるといずれも 慢性炎症が一緒に起きている疾患です。 なんかうんざりする。 そういう点では今後、孤独死が増えてくるということについて、どういう危険性があるのかということを、社会は考えていかなきゃいけないんじゃないか。 免疫動態学の宮坂昌之氏は、科学的にきちんとしたアプローチで攻めていけば、必ず薬は見つかると思う。

Next

「ダイヤモンド・プリンセス」船内で何が起きていたのか? NHKスペシャル「調査報告 クルーズ船 ~未知のウイルス 闘いのカギ〜」 |NHK_PR|NHKオンライン

これにより、個人の情報を特定せずに人の動きを把握することができ、人々の密集度合いを知ることができます。 我々には、彼らはコンできない。 2020年5月26日(火)• amagomago. 新型コロナウイルス対策はこれでいいのか? 滋賀県でのデータ収集分析で、三日月大造知事が『 見えない相手との闘いでは、データで可視化してくれているのはとても分かりやすい』と話したのが、とても印象的でした。 山中教授は、このウイルスの受容体 ACE2(エースツー)は、「 血管内皮」「 心筋」などいろいろなところに発現しているといいます。 感染症の流行を数理モデルで予測する第一人者の西浦さんが注目したのは、1人の感染者が何人に感染させるかを示す値「基本再生産数」。 このときもスタジオに出演した押谷教授はキャスターからPCR検査について問われている。 「脳梗塞」や「心筋梗塞」「糖尿病」といった生活習慣病の人の体内では、 慢性的な血管の炎症が起こっていることがわかっています。

Next

NHK BS1スペシャル「コロナ危機 未来の選択~マリアナ・マッツカート~」

クラインさんは、このスロー社会は恩恵と見るべきだ、という。 その先はもう闇の中しかないわけです。 上からの統制が効いている国が有利である、という結果が出ている」 と、彼らしい分析。 大切なのは大きな流れを理解すること、それを見失わないことだと思います。 だから、なんか国が変な動きをしているな…とか、 なんか大きな企業が変なことやろうとしているな…というとき、 それに対して声を上げることはできる。 2020年4月30日(木)• だが、現在、新型コロナをめぐる報道で視聴者として見たときに 「信頼できる」「実態をきちんと解説している」と思うのは『モーニングショー』だ。 特に、自分で元気に歩いて搬送車両に乗った人が、搬送の数時間の間に急変したことに驚いたと言う。

Next

NHKスペシャル 新型コロナウイルス 妥当な怖がらせ方 ただテレビは誰を相手に

トランプ氏の政策、国内回帰の動きは、どちらが勝っても変わらないでしょう。 と話す。 貨幣で交換できない価値、ということか… 更にトッドさんは 「今は、表面的な豊かさを求めて進めてきたグローバリゼーションが 限界を迎えているように思う」 と、グローバリゼーションの限界についても言及していました。 世界の各国の家族制度を、結婚後親と同居するか別居するか、兄弟で序列があるか平等か、などで分類して、 その分類が社会制度に反映されている、ということを示している。 そういうことが、今の日本の戦略だということになります。 ル「コロナ危機 未来の選択~~」 コロナ危機をどう生きるべきか、知識人にインタビューするシリーズ。 2020年6月19日(金)• これまでの歴史で人は何度もウイルスと闘い・克服し・共存してきたとのこと。

Next

NHKの各番組の特集記事一覧|特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB

『むしろPCR検査を抑えていることが日本が踏みとどまっている大きな理由だと考えられます』と。 持続可能な社会のためにも新しい資本主義が必要です」 鎌倉さん 「よりよい未来のために、どんな選択をすべきですか」 マッツカートさん 「まず、選択する勇気を持ちましょう。 はで税金逃れをしている企業にはを与えない、 という例をあげつつ、 この流れが世界全体で起きればいい、と彼女は言う。 普通、国家の成立がグローバリゼーションを可能にすると思われがちだが、 私は、国家のまとまりを破壊したことが、グローバリゼーションを可能にした、と思う。 彼らは、を推し進めるカのエリートの提案に乗っかって、 輸出頼みの経済構造になっただけだと思う」 「中国もグローバリゼーションの囚人です。 彼女は、「コロナは入り口」という作家さんの言葉を紹介し 「我々は今までとは違う場所へ行く」という。

Next