不正 競争 防止 法 と は。 不正競争防止法 (METI/経済産業省)

不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)

は 防止 法 と 不正 競争 は 防止 法 と 不正 競争

禁止行為のうち、基本的なものを紹介します。 非公知性:公然に知られていないこと つまり、秘密として管理されておらず、特に価値はなく、周囲の人が当たり前のように知っている情報は営業秘密として扱われません。 自己の商品等表示として他人の著名な商品等表示と同一もしくは類似のものを使用し、又はその商品等表示を使用した商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡のために展示し、輸出し、輸入し、もしくは電気通信回線を通じて提供する行為• 顧問弁護士がいる場合、早急に相談してこれらの対応策について相談をすることをお勧めいたします。

5

不正競争防止法・その他の知的財産権【知的財産】

は 防止 法 と 不正 競争 は 防止 法 と 不正 競争

差止請求 不正競争行為によって営業上の利益を侵害され又は侵害されるおそれのある者は、営業上の利益を侵害する者又は侵害するおそれのある者に対し、侵害の停止又は侵害の予防を請求することができます(法 3 条 1 項)。

不正競争防止法

は 防止 法 と 不正 競争 は 防止 法 と 不正 競争

その他の知的財産権(1)実用新案権 実用新案権とは、 物品の形状、構造、組合せに係る考案を保護するもので、考案とは自然法則を利用した技術的思想の創作をいいます。 不正競争防止法では、営業秘密を次のように定義しています。 (6)品質等誤認惹起行為 商品やサービスの品質・内容等について、消費者に誤認を生じさせるような表示を行う行為です。

13

不正競争防止法|コンプライアンス|弁護士法人 法律事務所ホームワン

は 防止 法 と 不正 競争 は 防止 法 と 不正 競争

「ライナービア」との商品名の、酒税法上のビールに該当しない飲料について、「ビア」も「ビール」も同一義に使われている以上、「ビール」に当たるものと誤認させるとして、不正競争を肯定(ライナービア事件・東地昭36. 周知な商品等表示の混同惹起(1号)、著名な商品等表示の冒用(2号)、他人の商品の形態の模倣品提供(3号)、営業秘密のうち技術情報にかかる侵害(4~9号)、代理人等の商標冒用行為(15号)に適用があります。 以下よりご登録ください。

不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年5月30日法律第33号)

は 防止 法 と 不正 競争 は 防止 法 と 不正 競争

13) 商品・サービスの原産地、品質等の誤認惹起表示(13号) 商品や役務の広告、包装等で、商品の場合はその原産地・品質・内容・製造方法・用途・数量について、役務の場合はその質・内容・用途・数量について、誤認させるような表示をし、又はそのような表示をした商品を販売等する行為。

11

不正競争防止法|コンプライアンス|弁護士法人 法律事務所ホームワン

は 防止 法 と 不正 競争 は 防止 法 と 不正 競争

あわせて不正をした者に対する損害賠償請求や刑事告訴の検討も必要になります。

11