Question: 標的血腫はどこに位置していますか?

標的血腫は脳の表面上の血液の蓄積です。血液はあなたの脳を囲む保護層の間の空間に蓄積します。あなたの脳は骨の頭蓋骨内に座っています。頭蓋骨と脳の上には、厚さと呼ばれる3層があります。

硬膜外血原はどこに位置していますか?

<硬化血腫は、硬膜血腫の外側(上)にあります(EPIは昔のためにギリシャ語)、標的血腫は(下に示す)内側(下にギリシャ語)とアラクノイドマテリアルの外側にあります。頭部損傷によって引き起こされる第三の種類の血腫は外傷性脳内出血である。

塩基性血腫は、通常どの静脈血腫があるか?

急性副膜血腫は通常、橋渡し静脈の壁に張力を生じさせる外部外傷が発生する。脳の裏地、すなわち副巻き囲いスペースのアラクノイドと硬膜層。静脈を囲むコラーゲンの周方向配置は、そのような引き裂きの影響を受けやすくなります。

微小血腫の後に期待するものは何ですか?

多くの人々は、微小血腫の治療後に長期的な問題を抱えています。これらには、気分、濃度、またはメモリの問題、フィット(発作)、スピーチの問題、および四肢の弱さへの変更が含まれます。治療後に血液腫が戻ってくる可能性がある危険性もあります。

脳腫れはそれ自身で去りますか?

中程度の高度の病気やわずかな脳震盪のための脳腫れやわずかな脳震盪のために数日以内に解決することが多い。しかしながら、ほとんどの場合、より多くの治療が迅速に必要です。

Tell us about you

Find us at the office

Woeber- Ortega street no. 60, 56218 Bandar Seri Begawan, Brunei

Give us a ring

Kelsey Teron
+23 651 240 705
Mon - Fri, 7:00-22:00

Write us