渋川 市 社会 福祉 協議 会。 滑川市社会福祉協議会 トップページ

ホーム

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

渋川市における障害を理由とする差別の解消の推進に関する職員対応要領 渋川市では、障害を理由とする差別の禁止に関し、渋川市職員が障害のある人に対し適切に対応するために必要な職員対応要領を平成28年4月1日に制定しました。 行政機関等や事業者の責務 不当な差別的取扱いの禁止 行政機関等及び事業者は、障害を理由として、正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件をつけたりすることにより、障害のある人の権利利益を侵害してはいけません。

2

滑川市社会福祉協議会 トップページ

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

2020-1-7 を掲載しました 2019-10-4 を掲載しました 2019-8-27 を掲載しました 2019-8-27 を掲載しました 2019-7-5 地域ぐるみの支え合いを考える を開催します.。

8

田川市社会福祉協議会

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

電話受付時間 A. 相談及び紛争の防止等のための体制 「渋川広域障害福祉なんでも相談室」では、障害を理由とする差別の解消を効果的に推進するために、障害のある人からの相談を受付ています。 法律の目的 この法律は、障害のある人への差別をなくすことで、障害のある人もない人も、相互に人格と個性を尊重し合いながら共に生きる社会を目指しています。 ) 障害者(身体障害者手帳 1.2級所持者)・・・・・・100円 療育手帳A 所持者 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100円 精神障害者手帳 1.2級所持者・・・・・・・・・・・・・・・100円 高齢者 満 80歳以上の人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100円 7.利用料金免除対象者 3歳未満の幼児・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0円 少子高齢化問題をはじめ、様々な福祉課題に直面している現代社会。

13

障害を理由とする差別の解消の推進について

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

渋川地域自立支援協議会 渋川地域自立支援協議会は、地域における障害者差別に関する相談等について情報を共有し、障害者差別を解消するための取組を効果的かつ円滑に行うネットワークとして組織しています。 1.60歳以上の人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・210円 2.3歳以上の幼児・小学生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・210円 3.障害者 〈身体障害者手帳又は療育手帳・精神障害者手帳を所持する者〉・・・210円 4.一般(中学生以上) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・310円 5.回数券(11枚綴り) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,100円 3,100円 6.利用料金減免対象者(減免額は、110円とする。

2

滑川市社会福祉協議会 トップページ

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

すべての人が健康で快適な毎日を暮らしていくためには、一人ひとりが多くのことに触れ、学ぶことが大切です。

11

田川市社会福祉協議会

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

17

田川市社会福祉協議会

協議 福祉 市 会 社会 渋川 協議 福祉 市 会 社会 渋川

。 。 。

12