テヌート 記号。 テヌートとスタッカートの扱い

「フェルマータ」と「テヌート」の違いとは?分かりやすく解釈

記号 テヌート 記号 テヌート

スラーやレガートはフレーズ全体を滑らかに繋げるような表現になるので、 一つ一つの音が目立ってはいけません。 おいおい追記していく予定です。 のように書かれる。

楽典♪音楽理論の基礎 > 音楽記号 > 演奏記号

記号 テヌート 記号 テヌート

山形アクセントはより強く、やや短めに瞬間的に強調したいときに使う アクセント・テヌート アクセントとテヌートが両方表記されている場合、 テヌートをより強く演奏します。 「ラッ、、、、ラッ、、、」でもありません。

5

音楽のアーティキュレーションとは?記号、演奏法が図解でわかる!?

記号 テヌート 記号 テヌート

に戻る。 テヌートの基本的な意味を知る• 2分音符は4分音符2つ分の長さなので、4分音符+2分音符で4分音符3つ分の長さになるわけです。

6

アーティキュレーションの基本

記号 テヌート 記号 テヌート

= マルテラート martellato 弓に弾力をつけて、力強いスタッカートを連続で演奏する。 に見えるはずです。 「ラーーーラーーー」ではなく、「ラーーン ラーーン」と演奏します。

3

楽典:アーティキュレーション

記号 テヌート 記号 テヌート

このとき、強く演奏しつつもしっかり音を保つのがポイントです。 な気がする」と直感的に判断するはずです。

15

「フェルマータ」と「テヌート」の違いとは?分かりやすく解釈

記号 テヌート 記号 テヌート

私はもうプレイヤーとしての生活をやめているのですが、以前はプロのプレイヤーで演奏の講師だったこともあります。 アクセントをつけて十分に音価を保つ奏法。

12

「フェルマータ」と「テヌート」の違いとは?分かりやすく解釈

記号 テヌート 記号 テヌート

= ストラッシナンド strascinando 音を引き伸ばしながら、ゆっくりと演奏する。 強弱記号 強弱記号には一定の強さを表すものと、部分的に出てくるものに分かれます。

楽典♪音楽理論の基礎 > 音楽記号 > 演奏記号

記号 テヌート 記号 テヌート

それを・アンサンブルに編曲したとしましょう。 本によって言い回しは多少違うかもしれませんが、大体このようなことが書かれていると思います。

14