横浜 経済 新聞。 オークウッドスイーツ横浜が開業

オークウッドスイーツ横浜が開業

新聞 横浜 経済 新聞 横浜 経済

横浜市の花であるバラをモチーフにしたロゴマークも発表 横浜市や経団連、横浜商工会議所は6日、2027年の開催を目指す「国際園芸博覧会(花博)」の推進委員会を経団連会館で立ち上げた。 会場規模は80~100ヘクタールを想定し、来場者は1500万人以上を見込む。 複合施設「YOKOHAMA KITANAKA KNOT(横浜北仲ノット)」の46~51階に位置し、1泊から1年の長期滞在まで、利用者の希望期間に沿った宿泊に幅広く応じる。

オークウッドスイーツ横浜が開業

新聞 横浜 経済 新聞 横浜 経済

博覧会の開催組織の設立準備や全国的な機運醸成を目的に、官民が連携して事業を支える。

3

横浜駅「はまレールウォーク」開通 レール上を歩きながらトレインビュー

新聞 横浜 経済 新聞 横浜 経済

現在はデッキから、JR横浜鶴屋町ビルへのアクセスはできるが、JR横浜タワー側は立ち入り禁止となっており、24日の「NEWoMan」開業時に使用開始になる予定。 。

19

横浜で2027年に「花博」

新聞 横浜 経済 新聞 横浜 経済

横浜市の花であるバラをモチーフにしたロゴマークも発表. いずれの部屋にもキッチン、冷蔵庫、洗濯乾燥機を備える。 滞在者専用のレジデンツ・ラウンジでは宿泊者に常時飲み物を提供し、24時間利用可能なフィットネスクラブも設けた。 同博覧会のメインテーマは「幸せを創る明日の風景 Scenery of The Future for Happiness」。

12

横浜で2027年に「花博」

新聞 横浜 経済 新聞 横浜 経済

「完璧なサービスを求めるお客さまに対して、従来のホテル体験とは一線を画した、表に出すぎない控えめなサービスでお応えすることを約束する」と総支配人のクリスチャン・ボーダー氏。

横浜駅「はまレールウォーク」開通 レール上を歩きながらトレインビュー

新聞 横浜 経済 新聞 横浜 経済

46階にはレストランとバーを併設する。 2015年に返還された米軍施設、上瀬谷通信施設(同市旭区、瀬谷区)の跡地で、2027年3月から9月まで開催予定。 [広告] 「はまレールウォーク」は、両施設を繋ぐデッキで、横浜駅「きた西口」付近の歩道から階段やエスカレーターで上ることも可能。

16