Question: アセトアミノフェンは抗炎症性抗炎症性α

アセトアミノフェンは、NSAIDSと同様に解熱性および鎮痛薬であるが、それはこれらの薬物の抗炎症性および抗凝固性を欠いている。

は抗炎症性イブプロフェンまたはアセトアミノフェンですか?

アセトアミノフェンとは異なり、イブプロフェンは抗炎症薬として作用し、それはそれが炎症および腫脹を減少させることを意味する。しかし、それは他の利点も提供しています。

アセトアミノフェンとイブプロフェンの違いは何ですか?

アセトアミノフェンは鎮痛薬と呼ばれる薬物のクラスに属しています。イブプロフェンは、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と呼ばれる薬物クラスに属しています。両方の薬物は痛みを減少させます。イブプロフェンも炎症を減少させる。

イブプロフェンとアセトアミノフェンを一緒に服用することはOKですか?

はい、あなたは安全にアセトアミノフェンとイブプロフェンを一緒に連れて行くことができます。これはあなたを驚かせるかもしれませんが:これらの2つの薬を一緒に連携させることは別々に痛みを和らげるためにもっとうまくいきます。

タイレノールの後、イブプロフェンを撮ることができますか?

最初にイブプロフェンを服用し、続いてアセトアミノフェン4時間後に、必要に応じてこのプロセスを繰り返します。あなたはまた代替日を代替することができます。たとえば、月曜日にイブプロフェンを撮る場合は、火曜日などのアセトアミノフェンを服用してください。

Tell us about you

Find us at the office

Woeber- Ortega street no. 60, 56218 Bandar Seri Begawan, Brunei

Give us a ring

Kelsey Teron
+23 651 240 705
Mon - Fri, 7:00-22:00

Write us