ヤークト アルケー exvs2。 フェニーチェはぶっ壊れか? 紹介映像から考察【EXVS2】

【EXVS2】20/02/13のアップデート Twitterリンクまとめ

ステルスフィールドについて 自機にも僚機にも誘導切り効果を発動する格闘CS、実はちょっと効果に違いがあったりします。 しかしながらお世辞にも能動的な攻めがぶっ飛んで強いわけでもないため、守勢時に後派生を決めきれる胆力がある人は一考の余地ありといったところ。 クアンタのBS横格やフリーダムの横格、イフリートの横格といったサーベルが相手に先に到達する振りで当ててくる格闘には基本負ける。 腰アーマーの裏にはGNファングが1基ずつ搭載されている。 上下誘導が非常に良好ながら6発目以降はやや自機から見て左右の位置から発射されるため、撃ち出し後半から相手が左右に動いた場合は横BDに余裕で食らいつく。

Next

【EXVS2】1/20~1/26機体使用率ランキング

あくまでも外れにくいゲロビ。 無論、3種経由なら打ちきれるように弾数調整はされている。 出し切りでのダメージ効率はほぼ変化なし。 アルケーガンダムをベースに増加装甲や追加武装を装備した全部のせ的アルケーのヤークト。 特に擬似タイであればを避けさせた後に展開をすればほぼ確実にワンパン入れられる。

Next

『機動戦士ガンダム EXVS.2』ナラティブとヤークトアルケーが11月に参戦。エクストラ機体でイージスも登場

特射で同じことをすると中距離での仕事が薄まることや常に撒く使い方だと弾切れで下格が出ないというケースが多い。 サブと特射は押しっぱなしにして溜める癖をつけておくといい。 アルケーガンダムですらかなり異形のMSでしたがさらにとんでもないシルエットになっています。 3〜4段目でやや浮いてくれる事もあって、地表でブーストがない場合でもN格4段を当てられればそのままフルコンになる。 キャンセル補正追加。 このゲロビだけでも一見勝てそうに見えるが、気を見計らって格闘を当てないと差をつけにくいことがこのキャラの課題となる。

Next

機動戦士ガンダム EXTREME VS.2 wiki【8/3更新】

仮にかち合っても受け身不可打ち上げなので前格から再度拾い直しできる。 特殊移動も上手く間合いを取り、ブースト切れの瞬間に迎撃するといった手が使われる。 最終段は縦回転なので追撃こそ必要なものの、オバヒでも前格がそのまま入るためあまり気にならない。 後派生を狙うのであれば前格で上空へ連れ去ってからでも火力は高度分だけ大車輪で伸ばせることに加えてカット耐性も上げられる。 コンテナはファングとミサイルを好みで取り付けます。

Next

アルケーガンダム (あるけーがんだむ)とは【ピクシブ百科事典】

前作の前特と同じ。 ルプスの下格と全く同じ性能。 勿論自分が触って相手を落とせたり試合が決まる場面では接近のための布石にしていく。 そのためアルケー対策は基本的には近づかない、近づけない事。 GNランチャーは角度変更の他、画像のように展開できます。

Next

【EXVS2・エクバ2】2019年下半期に目立ったガンダムまとめ 前編

動ける回数やキャンセル先も増えた事で宇宙度マシマシ。 打ち上げと攻め継の選択肢をどちらも取れるようにしておくと振り分けしやすいので、打ち上げる選択肢が取れることが大切。 壁際は外れがちなので気をつけよう。 ゲロビは宇宙なのでどの距離からでも狙えるが、対戦を通して当てたいのは実際にはN特格である事は忘れずに。 最高コストの機体が持つにはあまりある性能。 キャラの強さはかなりありますが、やはり修練が必要で自衛に難ありという面で現状使いこなせる人間は限られると思います。

Next