Aws 大 規模 障害。 【通信障害】AWS通信障害でアクセスできない不具合が発生しているとTwitterで話題に

AWSで大規模障害発生時に被害を最小限にする方法

ちなみにUS-EAST-1リージョンの利用者が少ない日本などでは、おもだった影響はなかったようです。 障害を自動的に検知して復旧できること• システムの障害は「事業継続」に直結することを、とりわけ経営者はしっかりと認識しておくべきだ。 This issue affects EC2 instances and EBS volumes in a single Availability Zone in the AP-NORTHEAST-1 Region. このVMは、西日本リージョンが全面ダウンしても東日本で動き続けます。 そこを均質に語るのは現実的ではないし、そうすべきでもない。 対策のしやすさという面では、クラウドに軍配が上がるのではないでしょうか。 (AP-NORTHEAST-1リージョンの単一のアベイラビリティーゾーンの一部のインスタンスに影響する接続の問題を調査しています。 再発防止として、バックアップ発電機からの供給方法を改善し、大規模な事故に影響を受けないような仕組みを検討するとのことです。

Next

第59回 AWSで大規模障害が発生! あらためて考える、「オンプレミス」か「クラウド」か

This issue affects EC2 instances and EBS volumes in a single Availability Zone in the AP-NORTHEAST-1 Region. この故障により、完全に電力供給を失いました。 並行して、事象の再発を防ぐため、バグを引き起こした制御システムのフェイルオーバーモードを無効にした。 原因は空調設備 日本時間 2019年8月23日 12:36 より、東京リージョン AP-NORTHEAST-1 の単一のアベイラビリティゾーンで、オーバーヒートにより一定の割合の EC2 サーバの停止が発生しました。 We have been working to recover the remaining instances and volumes. ) 根本的な原因が特定されてから1時間後、徐々にEBSの回復がされてきたことがわかります。 DataKeeperは当社のデータレプリケーション製品で、ブロックレベルのリアルタイム・レプリケーションにより、LifeKeeperに論理的な共有ストレージとして認識されます。 空調トラブルの本当の原因は何か? まず原因について考察してみよう。 日本ではクックパッドが導入している。

Next

2019年8月の3本:AWSで大規模障害/日本マイクロソフトが業種別事業展開/あいおいニッセイ同和損害保険がマルチクラウドを採用した事故対応サービス

一方で、過去にこの「 機能改善」がきっかけとなって発生した障害がある。 AWSで使用されるクラウドストレージ「 EBS 」のデータが一部損失する被害が発生しました。 We continue to work towards recovery for all affected instances and EBS volumes. 下記情報は記事執筆時点でに残っていますが、いずれ消えてしまうはずです。 Google検索でざっと調べたところ、S3は2006年のサービス開始以来、大規模な障害が3回程度発生しているようだ。 これらは特定のリージョンに依存しないため、どこかのリージョンで障害が発生しても影響を受けないことが前提です。 条件によっては、RDSやRedshift、ElastiCache またはWorkspacesにも不具合が発生しています。

Next

AWS東京リージョンで発生した大規模障害は冷却制御システムのバグが原因

And that frankly is the part that annoyed me the most. MultiAZにしておくことは基本 です。 そして、リージョンの中に複数の分割された単位で設備を持っている。 停電の発生と同時にバックアップ用の発電機が作動しましたが、1時間30分ほどで発電機が故障。 既にでも取り上げ、報道などもされておりますのでご存知の方も多いかもしれませんが、同日正午過ぎごろから22時過ぎまでの間、AWS東京リージョンにて、EC2やRDSへの接続障害など発生しました。 しかし当然だが、それでも落ちるときは落ちる。 画面1:米Amazon Web Servicesが日本語で報告した、東京リージョンで発生したシステム障害の詳細(画面はAWSのWebサイト) 同社の報告によると、8月23日 15時21分に冷却装置が復旧し、室温が通常状態に戻り始めた。 障害を起こしたサービスがPayPayのような決済系からスマホゲームまで広範にわたるため、新聞紙上などでは「特定のクラウド事業者に依存するもろさが露呈した」などと書かれている。

Next

サルでもわかるAWS③:過去に起きたAWSの大規模障害の話|おじさん.com|note

クラウドの有用性、アドバンテージ ここまでで、オンプレとは異なるクラウドならではの留意事項について説明をしました。 また、今回のような大規模障害の場合は、そもそも仮想マシンの再起動の操作ができない可能性もあります。 Twitterで検索 公式サイトでの障害発生情報は、小さな障害や単なるバグは記載されないこと、反映が遅いことから、現在の状況をリアルタイムに確認できません。 特定のクラウドサービスがDRニーズを満たしているかどうかをビジネスの観点から判断するには、提供されるサービスレベルを認識する必要がある。 必要に応じて、公式ドキュメントを読んでみて欲しい。 ここで伝えたいのは、 障害=AWSが全積任では無いということです。 一部についてはさらに復旧に時間がかかっています。

Next

AWS東京リージョンの大規模障害

オンプレ環境での設計経験が長いと、こういった失敗をよくしてしまいます。 一方、今回の障害により、「クラウドのもろさが露呈した」という見方があったのも事実です。 クラウドの場合、インフラ基盤はクラウドベンダー側で冗長化されています。 冗長化によって得られる安全性は冗長性と呼ばれ、英語ではredundancyと呼ぶ。 いくら対策を講じて心構えをしていた、としてもです。 今回のような大規模障害は年に1度もない。

Next

Amazonのクラウドサービスで日本に続きアメリカで障害が発生し顧客データが全損する事態が発生

絶対に落ちないサービスを目指して 上記の手動複製にように、ユーザーが自ら行うべき事項をまとめた「 Well-Architected フレームワーク」というサービスがAWSには存在する。 (注)リージョンとはデータセンターが設置されている独立したエリアのこと。 ア レイテンシーは最適か? イ 最小限のコストに抑えられているか? ウ 規制は順守出来ているか? 具体的な中身に関する説明はに譲るが、レイテンシー・コスト・コンプライアンスは全てグローバルアーキテクチャの根幹に関わってくるトピックだ。 We continue to work to recover all affected instances and volumes. Azureで言えばCognitive Servicesの一部やTraffic Managerといったようなものです。 。 そのため、参考程度に見るとよいでしょう。 ログインやセッションの管理に慣れていないと、ラウンドロビンでロードバランスさせたときに前のリクエスト時のセッション情報が失われてしまうような仕組みにしてしまい、それを避けようと、同一のクライアントやセッションでは同一のサーバーにアクセスし続ける方式を採ることがあります。

Next