租税 特別 措置 法 施行 令 第 26 条 の 28 の 2 第 1 項。 令和2年度税制改正 政令 : 財務省

租税特別措置法施行令

以下この号において「基準日」という。 )が生じ、又は生ずることが確実であると認められ、かつ、その提供された担保の全部又は一部を解除することがやむを得ないと認められる場合において、当該特例受贈非上場株式等に係る経営承継受贈者が当該特定事由が生じた後遅滞なく特例受贈非上場株式等の全部又は一部を再び担保として提供することが確実であると見込まれるときは、税務署長は、当該経営承継受贈者の申請に基づき、その提供された担保の全部又は一部を解除することができる。 改正:• )に百分の八十を乗じて計算した数(その数に一人未満の端数があるときはこれを切り捨てた数とし、当該特例対象贈与の時における常時使用従業員の数が一人のときは一人とする。 改正:• (2) その家屋の取得の日以後居住の用に供する日前にした当該家屋に係る修繕に要した費用の額又は措置法第41条第29項に規定する要耐震改修住宅の同項に規定する耐震改修に要した費用の額• 改正:• )(当該賃金の支払者(に規定する中小企業の事業主に限る。 一 法第三十六条の二第一項に規定する個人が取得をする家屋(当該家屋の敷地の用に供する土地又は当該土地の上に存する権利を含む。 37の13の3-1 措置法第37条の14《非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税》関係• )、同条第13項の規定の適用を受ける場合の住宅借入金等 41-22において「特別特定住宅借入金等」という。 (昭61直所3-18、直法6-11、直資3-6追加、昭63直所3-21、直法6-11、平3課所4-8、平11課所4-11、課法8-8、課評2-10、平15課個2-7、課審3-7、平26課個2-11、課審5-15、令元課個2-24、課法11-4、課審5-13改正)• 二千十九年度国税庁経験者採用試験(国税調査官級)公告(同) 200• 改正:• 京都府出身。

Next

租税特別措置法施行令第26条の272第1項の規定に...

改正:• 改正:• 第六節 資産の譲渡の場合の課税の特例• 不正競争防止法等の一部を改正する法律の施行に伴う原子力規制委員会関係告示の整理に関する告示(原子力規制委四) 196 官庁報告 国家試験• 改正:• 改正:• 改正:• 改正:• 公益財団法人 日本骨髄バンクへの寄付金には、これまでの特定公益増進法人への寄付に対する税制上の優遇措置と同様の措置があります。 改正:• 改正:• 改正:• この場合において、当該第一次経営承継相続人等が当該被相続人の相続の開始の日の翌日から五月を経過する日前に死亡したときは、当該第一次経営承継相続人等に係る同項の規定の適用については、当該第一次経営承継相続人等は同条第二項第三号イの要件を満たしているものとみなし、当該第二次経営承継相続人等に係る同条第一項の規定の適用については、当該第一次経営承継相続人等はその死亡の日前において当該認定承継会社の代表権を有していたものとみなす。 37の11の2-2• 37の13-4 削除• 中央卸売市場における卸売業務の許可に係る登録免許税の納付期限及び当該納付に係る領収証書をはり付ける書類を定める件の一部を改正する件(同四八四) 180• 改正:• )に係る認定贈与承継会社について合併(合併により当該認定贈与承継会社が消滅する場合に限る。 37の14の2-22 附則. 一般株式等に係る譲渡所得等の金額・・・措置法第37条の10第1項に規定する一般株式等に係る譲渡所得等の金額をいう。 改正:• )に委託をしている場合には、勤務先及び当該委託に係る事務代行団体の事務所その他これに準ずるもので当該事務を行うもの。

Next

租税特別措置法施行令の全文・条文

)及び第2項 (第1号から第3号までに係る部分に限る。 )により非上場株式等の取得をしている個人が、当該贈与の日の属する年において当該被相続人の相続が開始し、かつ、当該被相続人からの相続又は遺贈(贈与をした者の死亡により効力を生ずる贈与を含む。 第三条の二 居住者若しくは恒久的施設を有する非居住者又は内国法人若しくは恒久的施設を有する外国法人に対し国内において平成二十八年一月一日以後に支払うべきに規定する利子等(不適用利子を除く。 第二十三節 連結法人の関連者等に係る利子等の課税の特例• 1 法第41条の3の2第2項に規定する高齢者等居住改修工事等に要した同項に規定する費用の額が30万円を超えること。 ) ハ 建築後使用されたことのある家屋で耐火建築物に該当しないもの イ(1)又は(2)に掲げる家屋(その取得の日以前二十五年以内に建築されたもの又は法第三十六条の二第一項に規定する譲渡の日の属する年の十二月三十一日(同条第二項において準用する同条第一項の規定の適用を受ける場合にあつては、同条第二項に規定する取得期限)までに建築基準等に適合することにつき財務省令で定めるところにより証明がされたものに限る。

Next

条文集/租税特別措置法施行令26条の3 その1/住宅ローン控除±減税まとめサイト

改正:• 相続税 相続により取得した財産の一部または全部を寄付した場合、 寄付した財産の価格について相続税が課税されません。 37の14の2-4• 法令・法案の基本情報を表示します。 第二十二節 連結法人の国外関連者との取引に係る課税の特例等(第六十八条の八十八・第六十八条の八十八の二)• 又はインフルエンザに関する特定感染症予防指針 平成 11年厚生省 告示第 247号 第2の2の規定により推進することとされる同法第2条第3項第1号に掲げる疾病に 係る予防接種 定期接種を除く。 (租税特別措置法施行令第40条の3第1項第3号) 法人の方 公益財団法人 日本骨髄バンクへの寄付金には、これまでの特定公益増進法人への寄付に対する税制上の優遇措置と同様の措置があります。 フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律施行規則第三条及び第六条第二項の規定に基づくファイルへの記録の方法の一部を改正する告示(経済産業・環境二) 191• (特定の居住用財産を交換した場合の長期譲渡所得の課税の特例)第二十四条の四 法第三十六条の五に規定する政令で定める交換は、法第三十七条の四、第三十七条の五第四項若しくは第三十七条の八又は所得税法第五十八条第一項の規定の適用を受ける交換とする。

Next

租税特別措置法施行令

改正:• (居住の用に供しなくなった場合) 41-3 措置法第41条第23項及び第26項に規定する「その者の居住の用に供しなくなった」とは、新築等又は増改築等をした者が現に居住の用に供しなくなったことをいうのであるが、同条第23項及び第26項に規定する給与等の支払者からの転任の命令に伴う転居その他これに準ずるやむを得ない事由に基づいてその者が居住の用に供しなくなった後も、配偶者、扶養親族その他その者と生計を一にする親族がその家屋を引き続き居住の用に供していた場合で、これらの親族がその者と共に居住することに伴い転居してその家屋を居住の用に供しなくなったときは、これに該当するものとする。 37の11の3-6• (参考:税率) 1 所有権の保存の登記 1000分の1 2 所有権の移転の登記 マンション 1000分の1 戸建て 1000分の2 2 認定低炭素住宅の所有権の保存の登記等に係る登録免許税の軽減措置(租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第74条の2)につきましては,その適用期限を2年延長することとされ,令和2年(2020年)3月31日までの間に受ける登記について,税率の軽減措置が適用されます。 )又は投資信託(公社債投資信託、特定株式投資信託(信託財産を株式のみに対する投資として運用することを目的とする証券投資信託のうち、その受益権がに規定する金融商品取引所に上場されていることその他の政令で定める要件に該当するものをいう。 )(当該賃金の支払者(に規定する中小企業の事業主に限る。 )に規定する贈与特定期間をいう。 (2) 使用者からいわゆる利子補給金の支払を受けている住宅借入金等 当該住宅借入金等に係るその年において支払うべき利息の額の合計額からその年において支払を受けた利子補給金の額(当該支払うべき利息の額に対応するものをいう。 改正:• (特定の事業用資産の買換えの場合の譲渡所得の課税の特例)第二十五条 法第三十七条第一項に規定する政令で定める棚卸資産に準ずる資産は、雑所得の基因となる土地及び土地の上に存する権利とする。

Next

租税特別措置法施行令第26条の272第1項の規定に...

改正附則への改正:• 改正:• この場合において、第一項第一号中「法人税法第二条第十号(定義)に規定する同族会社」とあるのは、「租税特別措置法第七十条の七の二第二項第一号(非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除)に規定する認定承継会社」と読み替えるものとする」と、地価税法第三十二条第三項中「相続税法」とあるのは「租税特別措置法第七十条の七の二第十五項において準用する相続税法」と、「準用する」とあるのは「準用する。 第七節の四 内国法人の外国関係会社に係る所得等の課税の特例• 2 家屋の取得の対価の額等には、その家屋(増改築等をした家屋については、当該増改築等に係る部分。 33 特例受贈非上場株式等(法第七十条の七第六項本文の規定により担保として提供されたものに限る。 以下この項において同じ。 通則法令、(通令)・・・・・国税通則法施行令(昭和37年政令第135号)• )からの贈与(当該贈与が法第七十条の七第一項各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める贈与である場合に限る。

Next