第 2 期 子ども 子育て 支援 事業 計画。 赤穂市/第2期子ども・子育て支援事業計画を策定しました

第2期調布っ子すこやかプラン(調布市子ども・子育て支援事業計画)

3 地域における子育て支援の充実 安心して子育てができるよう,市民ニーズを踏まえながら地域子ども・子育て支援事業を提供するほか,本市の実情に応じた独自の子育て支援サービスの充実を図ります。 策定の経緯 子ども・子育て会議 議事録• 5 社会全体で子どもを支える環境づくり すべての子どもが安全で安心に暮らせる環境のもとに生まれ,健やかに育まれるよう,児童虐待防止対策の強化や子どもの貧困対策を推進します。 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。 このたび,社会情勢の変化や市民ニーズにきめ細かに対応するとともに,安心して子どもを生み,育てることができるまちを目指し,「水戸市第2期子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。 当日の内容については、をご覧ください。

Next

第2期足立区子ども・子育て支援事業計画(案)|足立区

保育サービス利用児童数 令和4年度までに4. (令和元年11月5日開催)• 2 計画期間 令和2年度から令和6年度までの5年間 3 計画のポイント 子供の最善の利益を念頭に施策を推進 東京都子供への虐待の防止等に関する条例の制定や子どもの貧困対策法の改正を踏まえ、子供を権利の主体として尊重することを明記 保育サービス及び学童クラブの更なる充実• 第2期調布っ子すこやかプラン 調布市子ども・子育て支援事業計画 の内容は次のとおりです。 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。 この案について、区民の皆さまからのご意見を募集するためのパブリックコメントを実施いたしました。 また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。 また、子どもの貧困対策に関する国の法整備が進み、地方公共団体による計画策定や取組の充実が求められるようになりました。 第2期足立区子ども・子育て支援事業計画(案) いただいたご意見に対する区の考え方 案件の概要 足立区では、『子ども・子育て支援法』に基づき、平成27年3月に『足立区子ども・子育て支援事業計画』を策定しました。 子どもと家庭を見守り、支えあえるまち 子ども・子育て支援事業計画 令和2年度から令和6年度における市全体の需要量(量の見込み)を推計し、この需要に対する供給量とその方法(確保方策)を定め、教育・保育施設や地域の子育て支援事業などを計画的に整備、推進する計画を掲載しています。

Next

子ども・子育て支援事業計画 第2期 を策定しました|板橋区公式ホームページ

この間、国では、子ども・子育て支援法の改正や「ニッポン一億総活躍プラン」の閣議決定等を踏まえ、平成29年6月に「子育て安心プラン」が発表され、『待機児童の解消』、『女性の就業率の向上(M字カーブの解消)』、『保育の受け皿の拡大と質の確保、保育人材の確保』、『保護者への「寄り添う支援」の普及促進』といった方向性が打ち出されています。 5 意見の募集結果について 本計画の策定に当たっては、令和2年1月30日から2月28日までの期間において、「東京都子供・子育て支援総合計画(第2期)(案)」に関して、広く都民の皆様の御意見を募集いたしました。 子どもが安全で安心して健やかに成長できるよう、各計画とも連携しながら、切れ目のない支援による子育て環境の充実を目指していきます。 この基本理念のもとに、「子ども」「親・家庭」「地域・社会」を視点(テーマ)とした3つの基本方針を定め、各方針に沿って、市が今後実施する様々な施策や事業を位置づけるとともに、市内を5つの地域(5行政ブロック)に区分し、教育・保育施設等(幼稚園・保育所・認定こども園などの施設や小規模保育などの事業)や地域の子育て支援事業(時間外保育事業など)の5か年の量の見込み(需要)と確保方策(供給)を設定し、施策を推進していきます。 なお,計画の推進にあたっては,毎年「」において計画の実施状況等について調査審議し,ホームページにおいて公表しております。 また、本計画は「自立促進計画」及び「母子保健計画」、「子どもの貧困対策計画」、「新・放課後子ども総合プラン」、「子ども・若者計画」を包含するとともに、障害児 者 支援や児童虐待防止対策、教育環境の整備等の取組を含めて、子ども・子育て支援施策を展開する計画となっております。 本計画の概要版及び計画全文を下記よりダウンロードできます。

Next

黄金っ子応援プラン(第2期沖縄県子ども・子育て支援事業支援計画)の策定について/沖縄県

6万人増 第1期中間見直し版から新規事業の追加• 本計画により、「すべての子どもが健やかに成長する、子育てにやさしいまち」を目指していきます。 その取り組みを更に推進するために、令和2年度から始まる「第2期船橋市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。 07を下回った状況で推移しています。 函館市では,平成27年度から5年間を第1期とする「函館市子ども・子育て支援事業計画」に基づき,子ども・子育て家庭に関する様々な施策を総合的かつ計画的に推進してまいりましたが,令和元年度をもって計画期間が終了することから,新たに「子どもの貧困対策の推進に関する法律」に基づく計画としても位置付け,このたび令和2年度から令和6年度までの5か年を計画期間とする「第2期函館市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。 (令和元年9月18日開催)• ページ番号1020195 更新日 令和2年3月14日 子ども・子育て支援事業計画 第2期 計画策定の趣旨 誰もが安心して教育・保育を受けられるような環境づくりに努め、待機児童を解消するとともに、地域の子育て環境を整え、すべての子どもたちが健やかに成長できるような取組を推進するために、令和2年度から令和6年度までの5年間を計画期間とする「子ども・子育て支援事業計画 第2期」を策定しました。 8%) 2 小学生調査回収数28,718世帯(回収率43. 3 計画の期間 本計画の期間は、令和2年4月から令和7年3月までの5年間とします。 また、次世代育成支援対策推進法第8条第1項に規定する「市町村行動計画」としても位置づけます。

Next

長久手市/第2期子ども・子育て支援事業計画

この間、少子化・核家族化の進行、地域のつながりの希薄化、児童虐待の顕在化など、子どもと家庭を取り巻く社会環境は大きく変化しています。 4.計画の内容 一括ダウンロード 分割ダウンロード 第2期船橋市子ども・子育て支援事業計画(概要版) PDFファイルの閲覧には、(無料)が必要です。 安心して、生き生きと子育てできるまち• 社会全体で、子供と子育て家庭を支援する。 また,子どもの発達に不安を抱える保護者が安心して子育てできるよう,子どもの発達支援の充実を図ります。 問い合わせ先 福祉保健局少子社会対策部計画課 電話 03-5320-4138. ご意見をお寄せいただいた方々にお礼申し上げます。 2 計画の性格・位置づけ 本計画は、支援法第62条に基づき策定する計画で、沖縄県の子ども・子育て支援の基本方針となるものです。

Next

宇都宮市子ども・子育て支援事業計画|宇都宮市公式Webサイト

北島町子ども・子育て支援事業計画及び概要版 ・ ・ カテゴリー. この度、第1期計画における取組の進捗評価をはじめ、ニーズ調査(アンケート調査)に基づく子育て中の保護者の意識やニーズ、関係機関の意見等を踏まえ、本市における子育て支援に関する様々な分野の取組を、総合的、計画的に推進するとともに、より実効性のある計画を目指し、新たに「第2期鳥取市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。 学童クラブ登録児数 令和6年度までに1. 2 総合的な放課後児童対策の推進 放課後児童健全育成事業の充実を図り,全ての小学校における6年生までの受入れ並びに待機児童ゼロの達成及び継続に努めます。 4 健やかな妊娠・出産・育児への支援 妊娠・出産・育児における切れ目ない支援を積極的に提供することにより,すべての妊産婦を心身ともに支えながら,乳幼児が健やかに成長できる環境づくりを推進します。 9つの「基本方針」に沿って実施する、様々な事業を列挙し、子育て支援の推進施策を展開していきます。 第2章では、このような状況を数値やグラフによってまとめています。 また、計画策定に必要な市民の意見を把握するため、平成30年12月に子ども・子育て支援に関するアンケート調査を実施しました。

Next

宇都宮市子ども・子育て支援事業計画|宇都宮市公式Webサイト

計画期間 2020(令和2)年度から2024(令和6)年度までの5か年 目指す姿 安心して子どもを生み育てられるまち・水戸~すべての子どもたちが輝く未来のために~ 基本方針 1 幼児教育・保育環境の充実 計画的に保育の受け皿の拡大を進めるとともに,市立幼稚園の認定こども園への移行を図るなど,待機児童ゼロの達成及び継続並びに質の高い幼児教育・保育の充実に努めます。 計画の策定にあたっては、公募市民や学識経験者、保育園関係者等で構成する「調布市子ども・子育て会議」を中心に、国の示す「子ども・子育て支援法に基づく基本指針」に基づき、「幼児期の学校教育・保育」及び「地域子ども・子育て支援事業」に係る需要量の見込みや、これらの確保方策及びその実施機関等を法定記載事項として記載し、基本的な方針を定めたものです。 平成30年8月から令和元年11月にわたり,計5回の会議を開催し,計画の内容について審議しました。 計画書データ. 計画には、子ども・子育て支援についての81の施策のほか、幼稚園・保育所等の学校教育・保育やアフタースクールなどの地域子ども・子育て支援事業の利用量の見込みと確保方策等について明記しています。 更新日:2020年5月18日 第2期子ども・子育て支援事業計画 地域の子ども・子育て家庭の実態に合った事業を計画的に進めるため、5年を1期として、「子ども・子育て支援事業計画」を、本市において平成27年3月に策定しました。 <調査の種類> 1 未就学児童の保育等に関する現状及び保護者ニーズ把握のための調査 2 小学生の放課後等に関する現状及び保護者ニーズ把握のための調査 <抽出方法> 住民基本台帳から無作為抽出(世帯重複がないよう抽出) <抽出世帯数> (1)未就学児調査:62,677人 (2)小学生調査:66,358人 合計:129,035人 <調査実施時期> 平成30年6月14日~7月10日 <調査票回収状況> 1 未就学児調査:回収数28,721世帯(回収率45. 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。

Next

黄金っ子応援プラン(第2期沖縄県子ども・子育て支援事業支援計画)の策定について/沖縄県

第2章「板橋区の子ども・子育ての現状」• 第2期調布っ子すこやかプランとは 調布市では、現行の「調布っ子すこやかプラン」が令和元年度をもってその計画期間を終了することを受け、令和2年度から令和6年度までの5年間を計画期間とする、第2期調布っ子すこやかプラン 調布市子ども・子育て支援事業計画 を策定しました。 実施時期など 令和元年11月1日 金曜日)から令和元年11月30日 土曜日 まで実施し、7名の方から15件のご意見をいただきました。 「地域全体でこども・青少年を育てる」という横浜市子ども・子育て支援事業計画の理念に基づき、地域で子ども・子育てを支える機運の醸成を図るため、フォーラムを開催しました。 本計画は、その策定にあたり、平成30年度に就学前および小学1~5年生児童の保護者を対象に「子ども・子育て支援事業に関するニーズ調査」を、また令和元年度に小学5年生および中学2年生とその保護者等を対象とした「子どもの生活実態調査」を実施し、これらを基に赤穂市子ども・子育て会議で審議を進めてきました。 5.計画の策定にあたって 保護者・事業従事者・学識経験者・市民委員により構成される船橋市子ども・子育て会議を開催し、計画策定のための審議及び意見聴取を行いました。

Next