コロナ ウイルス 細菌 兵器。 新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

新型コロナウイルスは人工的な生物兵器?陰謀論で片付けられない特殊性と迫る政変=斎藤満

リアルの感染拡大と陰謀論の拡散。 EMAIL info epochtimes. 2016年、中国政府は遺伝工学の軍事的有望性に着目し、また世界最大の遺伝情報の宝庫となることを目指して、 National Genebank を設立しました。 だが、調査手法や結論に関する専門家らからの批判を受け、論文は。 そうした中で起きた今回のパンデミックは、改めて生物兵器への関心を呼び起こす形となっている。 それと共に、「 遺伝子操作により、ウイルスの免疫性を改変する」ということもおこなっていたことが、武漢ウイルス学研究所のウェブサイトから伺えます。

Next

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

日和見感染が生まれる身体の環境改善、酸化しないようにすることが大事でもある。 縄文時代の原始食に戻すしかなく、糖質を代謝できない人類の身体の歴史を知るのが大事です。 そこで、それを防ごうとドラッグストアなどで 空間除菌製品を買い求めて、家の居間などに置いている人もいると思いますが、感染予防の期待はあまり持てないようです。 国連の勧告であるGHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)によると、二酸化塩素については、ラットに対する半数致死濃度は32ppmで、「吸入すると生命に危険」とあります。 現在、が新型コロナウイルスの感染源としているのは、武漢市江漢区にあり、野生動物なども取引されてきた武漢華南海鮮卸売市場だ。 しかし、この人工ウイルス説は、世界中の専門家によってすでに否定されている。

Next

【新型肺炎】生物兵器だった場合「常識を超えて進化する可能性」! コロナウイルス=兵器疑惑「4つの根拠」

彼を単なる過激派だと非難する人々には、張氏が第18回中央委員会(2012—17年)の委員であり、国防大学の前学長であることを心に留めてほしい。 この感染症の感染源がここ(ウイルス研究所)だという証拠はない。 腸に免疫細胞が集中してます。 湖北省中国科学院, 武漢ウイルス学研究所 4. (中略) 加えて、告発文の中に、 「アメリカのあるチームがZhengli Shiのチームをこの研究を行うように意図的に導いた可能性があり、その後、アメリカ側は関与から逃れるため、2014年に表面上はアメリカの疾病対策センター CDC から研究の中止を要求され、個人的な調査やデータの問い合わせに切り替えたのちに、ウイルスはアメリカの実験室で遺伝子組換えされ、武漢の食材取引所に広がる特定の機会を活用し、武漢ウイルス研究所のせいにされた。 今回は感染拡大がちょうど「春節」にぶつかり、習近平政権をターゲットに揺さぶりをかけた可能性も指摘されます。 ウェブメディア「グローバル・リサーチ」に掲載された、「自称」上海復旦大学客員教授、ローレンス・デルビン・ロマノフ氏(通称ラリー)の記事。 そのうえで両者に共通する生物兵器攻撃のポイントについて、井上氏は「病気をうまく人にうつす」ことにあると指摘する。

Next

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

食事と栄養対策 3 -ACE2が受容体である武漢肺炎 2019-nCov coronaviras 2019-nCov コロナウイルス のAEC2が受容体と特定されました。 ですので、コロナウィルスが生物兵器か、否かの議論はほとんど無意味です。 出典: 武漢市の華南海鮮市場で新型コロナウイルスを大量検出 一方で、武漢市の市長が「中国当局の対応の遅さ」を指摘するかのような発言もあり、感染源には真相の追求が必要とみられます。 ゼロヘッジは「新型コロナウイルスが動物から人間に感染したというのは茶番だ」として、この中国の科学者である周鵬氏の研究が、現在の爆発的流行を見せるウイルスの背後にあると述べています。 」 ジョージタウン大学神経学教授で米特殊作戦司令部生物戦担当上級研究員であるジェームズ・ジョルダーノ氏は、中国の生物科学への投資額が急増していることや、遺伝子改変などの先端技術に対する倫理観が緩いこと、中国では政府と学界が統合されていることもあり、中国ではこうしたウイルス兵器化をしている恐れが高まっていることを指摘した。 もし巨大な権力を持つものがこの嘘を利用して巨万の富を築く可能性を見いださなければ、このとき世界観がかわっていたかもしれない。

Next

陰謀論ではすまない新型コロナウイルスと生物兵器【前篇】

org)は、アウトブレイク(集団感染)を起こした病原体の博物館のようなものだ。 — Lijian Zhao 赵立坚 zlj517 趙立堅氏は、3月11日に米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長が米下院聴聞会で「インフルエンザ感染者の中に、新型コロナウイルス感染者が混じっていた例があったと思われる」と発言したことをとり上げ、次のようにツイートした。 あらためて中国生物兵器説も否定されたわけだ。 武漢コロナウイルス Xiangguo Qiu博士は、2017-18年度にバイオセキュリティレベル4の上記中国科学院武漢国立生物安全研究所に少なくとも五回渡航している。 加盟国間で情報交換を密にすることを確認したほか、生物兵器禁止条約に生物兵器による攻撃などで危機にさらされた加盟国への支援を行える条文があることから、コロナで深刻な被害を受けた途上国に適用できないか、などを巡る意見交換が行われたという。 核戦力の取得が困難な国家やテロ組織が手を伸ばしたくなる「貧者の核兵器」とも呼ばれている。 例えば、茶カテキンのACE阻害と冠動脈性心疾患 CHD 死亡率のR. エアロゾルは飛沫の一種であるが、空気中を漂うため、飛沫感染にも空気感染にも似る。

Next

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

とりあえず、大阪はすでに3000人以上の感染者という医師からの情報もあるそうです。 西側諸国の分断を煽るような言説の出どころはロシアの情報工作、というケースが昨今増えているが、チョスドフスキー氏らグローバル・リサーチの一派はその拡散に少なからず関与している。 なんですが、中国政府によると、今回の新型コロナウイルスは抗体獲得はできないので、再感染で重症化すると言われてます。 しかし、なぜそのような声明が出されるに至ったのか。 東京都内ではNTTの派遣社員が感染し、都内の地下鉄から感染が広がってる可能性も高く、東京にも感染が広がってる模様です。 ここまでが前回記事で書いたことだ。

Next

人気の空間除菌製品、コロナ予防には無意味か…二酸化塩素が人体に害の懸念も

中国政府の弾圧を受けたとして、長いこと反米運動を展開している。 それが現代医学のインチキワクチンの歴史です。 国家安全保障戦略の見直しに際しては、過去7年間の戦略環境の変化と、新型コロナ収束後を視野においた「ポストコロナ」対策が反映されなければならない。 そして、武漢ウィルス研究所がオープンする前の2017年、研究者達は同誌に中国文化がウィルス漏洩事故に繋がる恐れを訴えていた。 張氏は、他の民族を殺害する生物兵器について述べているのだ。 では、習氏が嘘をついてまで、「より早い段階で対応していた」と強調するのはなぜか。

Next

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

出典:林原チャンネル 杜祖健氏は生物毒の専門家で、過去には米軍の顧問を務めたこともある。 ボイル教授は1989年の米生物兵器テロ対策法の起草者という触れ込みだったが、専門は国際法であり、ウイルス学の知識はない。 というか医療封鎖情報が上がって来てますね。 この装備が空気感染を予防する場合と同一のため、「医療従事者の多くは、エアロゾル感染=空気感染だと考えているだろう」(厚労省)。 米軍も警戒 元陸上自衛隊化学学校長の鬼塚隆志氏は、致死性と感染力のきわめて高い細菌やウイルスが効果的にばらまかれれば、「人類滅亡に至るかもしれない」とまで言う。 しかし、欧米の主要なメディアがその可能性を被害妄想としてはねのけようと躍起になっていたことは間違いない。 生命科学分野の研究は近年、その進歩と同時に、医療目的で作られた技術が誤用・悪用されてテロ目的に使われかねないというデュアルユース性(両面性)の問題が大きなジレンマになっている。

Next