山陽 道 事故 今日。 山陽新幹線 運行情報:JR西日本列車運行情報

日本道路交通情報センター:JARTIC

また女児が降りた部分はホーム先頭で監視カメラの死角になっており、安全柵をすり抜ける女児を見逃していた。 転落した客車「みやび」は大破し、7両すべて廃車となった。 北陸鉄道金沢市内線脱線転覆事故 [ ] (昭和40年) 15時45分ごろ (1967年全線廃止)の発前行電車(309号車)が暴走後、脱線転覆し死者1人、負傷者多数を出した。 御茶ノ水駅電車追突事故 [ ] 1968年(昭和43年)7月16日22時38分 中央本線・で停車中の行き2239F電車(10両編成)に、後続の行き2201F電車が追突した。 電車運転士は衝撃直前に非常制動を執っており、衝突時の速度は低かったものの、バスの乗務員乗客7人が死亡、上り急行電車の乗客13人が負傷した。 そのため、早期のATS設置が決定した。 乗客約70人のうち1人が煙に巻かれ死亡、48人が負傷した。

Next

中国道の事故・渋滞情報

列車の運転士は一命は取り留めたものの、両脚切断の重傷を負った。 しかし追い越し車線でガードレールにぶつかって、なぜすぐに車から離れんかったんやろ…。 この事例に基づき規則改正を図れば避けられた惨事だが、逆に日本海乗務員を運転規則違反で処分し、規則が改正されなかったことで惨事化した。 入換監視中の当務駅長は、貨車2両が51号転轍機付近を転動中であることに気づき追走したが、これに及ばず、貨車が本線に逸走したため、駅本屋に戻り、多良木駅に通報し、逸走した貨物2両の停止手配方を依頼した。 また、やなど身延線に投入される車両はパンタグラフ部の屋根高を低く抑えたものとされ、民営化後もは車両新造の際一部の車両 を除き、身延線への入線を考慮した設計(折畳高を低く抑えられるシングルアームパンタグラフの早期導入)を行うなど現在も影響を受けている。 JR東日本ではこの事故が発生する前から列車運行と軌道内作業の分離を検討していたが、この事故により列車運行中の軌道内作業は原則禁止となった。 この事故により当該車両のの6両が現場で解体され同年7月6日付で廃車となった。

Next

山陽自動車道と中国自動車道とどちらを走ったらよいでしょうか

2015. 東武鉄道では唯一の事例となる踏切事故による事故廃車である。 また、当該踏切は既に廃止されている。 60名が負傷。 その後、異変に気づいて21 m走行したところで停止したものの、乗客はホーム上を5 m引きずられた後、軌道内に転落して列車にひかれ死亡した。 代替として1975年にクハ183-39が製造された。

Next

日本道路交通情報センター:JARTIC

ATC管理下の信号冒進・脱線事故で絶対停止03信号の添線軌道回路48 mを突破した停止システムの根幹に関わる事故であったことから大問題となったが、現車を使用した再現実験の結果、現場手前のカーブ地点でのレール潤滑油(レールと車輪の磨耗や、騒音を低減する)の過剰塗布が原因で、ATC自動ブレーキが十分に作用せず滑走したことが主要因と判断され03信号の添線軌道回路を50 mに延長した。 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道株式会社社史編纂委員会、名古屋鉄道、1961年、397頁。 2両目以下も約200 m暴走し、2両目が脱線した。 鏡川橋 - 鴨部市場前間は、同年中に特殊単線自動閉塞式の信号方式に変更されている。 このため先頭車両先端のが大きくへこみ、2両目の電動発電機、3両目のブレーキ用空気パイプなどが損傷する被害を受けた。 なお同月20日に発生したでも、京急線の乗客に多くの負傷者を出している。 日暮里駅構内追突事故 [ ] 1972年(昭和47年)13時59分ごろ 北行第1332C電車(発行き:10両編成)がで客扱いを終了し、2分遅れで発車したところ運転台の戸閉表示灯が消灯したためブレーキを掛け、約90 m進んだ所で停止した。

Next

日本道路交通情報センター:JARTIC

火災の原因は、洗面所に備え付けられていた製くずかごに、マッチか火のついたタバコが投げ込まれ燃えだしたことによるもの。 久保田博『鉄道重大事故の歴史』グランプリ出版、2000年、131頁。 また、代替にが投入されたが、同社ではこの事故以降、車両番号の末尾がである「4」および「9」の車両は存在しない(例:のちに登場したのうち、1204 - 1304は欠番)。 原因は運転士の居眠りによるものとされた。 はずみで貨車2両が脱線し、残りの貨車は車止めを突き破り駅の待合室の壁に衝突。

Next

中国道の事故・渋滞情報

詳細は「」を参照 福知山線岡踏切事故 [ ] 1991年(平成3年) 8時18分ごろ(列車脱線事故〈踏切障害に伴うもの〉) - 間の岡踏切で、発行きの普通列車(3両編成)が、立ち往生していたを積載した大型と衝突。 なお、乗用車は事故後現場から逃走しそのまま行方不明。 盛土のり尻付近ではあぜ道が盛土とともに横移動、田面が隆起、基底破壊が引き起こされていた。 発表資料につきましては からご覧いただけます。 詳細は「」を参照 船橋駅構内追突事故 [ ] (昭和47年) 午前7時21分ごろ で駅構内の信号機トラブルにより停車中の緩行線上り613C列車(中野行き、10両編成)に、後続の緩行線上り711C列車(三鷹行き、101系10両編成)が追突し、711Cの6両目が脱線し、758名が負傷した。

Next