能動 的 対義語。 「積極的」と「自発的」と「能動的」の違い・意味と使い方・使い分け

「受け身」とは? 意味や対義語を含めてご紹介

自主性と特に近い意味になりますが、自主性は監視下の状況で積極的に行動する態度のことを言います。 しかし、お互い見たい映画が違っていたため、「絶対にこっちが見たい」と主張する友達につられて、結局自分が見たかった映画とは異なる映画を見たとします。 しかし、内在的な動機に基づいて自発的な行動を取っている人も、その内在的な動機は、環境や今まで関わった人との関わりの中で生まれた物です。 この項目は、に関連した です。 「instruction」は名詞ですが、動詞の「instruct(教える)」や人を指す「instructor(指導者)」のほうが馴染みがあるかもしれませんね。

Next

積極的・自発的・能動的の違い!正しい意味を解説

。 ファッション お洒落な能動的な人が選ぶファッションは、機能的なコーデを選びます。 簡単に言えば、いわゆる「不労所得」です。 対義語になる接頭辞の例として、他にも以下のようなものが挙げられます。 「主体的」の類語 「主体的」と似た意味の単語は「自主的」「能動的」 「主体的」と似た意味の単語には、「自主的」や「能動的」が挙げられます。

Next

「受動的」の反対語を調べると「能動的」と「主体的」が出てきましたが、この2つの言葉どう違うのですが。 そして、 「他の人からの指示を待たさず、自分で~~的に動く」 「勉強の時~~的に知りたいことを教師を聞いてください」 の場合、どっちが言うのですか。 それに、「積極的」もありますが。。。

・彼は自発的に被災地に大金を寄付した。 したがって「積極的」とは、「能動的」と近い意味合いを持つ言葉ということができます。 ・この件に関して当社はあくまでも受動的な立場であり、指示に従うだけです。 能動的 のうどうてき : 自分の方から他に作用を及ぼすさま・自分から積極的に他に干渉するさま 「能動的」の意味を詳しく 「能動的」とは、 「自分の方から他に作用を及ぼすさま」「自分から積極的に他に干渉するさま」のことです。 要は、どの時点で、なににおいて受動的であるか能動的であるかが問われます。 自発的 自発的というのは、動機の部分に関わります。

Next

意欲的の意味/類義語・反対語/姿勢/意欲的になる方法/必要なこと/自己pr

能動的とはできない人を助ける 頼られる能動的とは、できない人を助けることが大事です。 小説を読むことによって、筆者が何を伝えようとしたのか考える力がつきます。 失敗の可能性がある中で、アクティブに判断・決断し、それに沿った行動を取ることが積極的と表現されることが多いです。 人の誘いに乗ってみることなども、未知の世界を切り開くきっかけになります。 ニーズがあるから作る、問題があるから改善をする、といった感じです。 「自発的」とは、自ら進んで物事を行うこと、誰かに命令されるのでなく、自分で考え行動を起こすことをいいます。

Next

【四字熟語】「自学自習」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

多角的な視点から、慎重に判断が行われるべきです。 英語の「active」は先にも書いたように能動的(進んで物事をする様子を指す)という意味になります。 自分に近しい人以外からも学びたいと思う場合は、本を読むのが良いでしょう。 具体的にはどの様な意味があるのでしょうか。 「受動的」から能動的になるには? まぁ、我が家の子どもたちだけでなく、世の中に受動的な人は多いと思います。

Next

【TOEIC頻出】対義語とセットで覚えて効果的な形容詞40選!

まとめ ・「受動的」というのは、「他から動作・作用を及ぼされる様」「自分の意志からでなく、他に動かされているさま」という意味。 「受動的」イコール「悪」ではない. 話ことばが通王する、lineやメールではあまり意識していないと思いますが、いざ 手紙などの時はしっかりと能動的な 楽しいと受け身的な 愉しいを使い分けたほうがいいでしょう。 ・今日は思い切って自発的に意見を述べた。 一方「従属的」とは、「権力者などに依存して、付き従う様・主要な事柄に対し支配される関係にある様」を意味します。 自分の立場からのアイディアはもちろん、他の人の立場からのアイディアも想像することができます。 では、どのように使われているかを見ていきましょう。 各々の例文も紹介しているので、日常会話のなかでも是非使えるようにしておきましょう! 「能動的」の意味と使い方と例文 「能動的」の意味は 「自ら働きかけるさま・自分の方から他に作用を及ぼすさま」です。

Next

楽しいの反対語は?対義語、同異義語まとめ!

受動性と能動的な行為を組み合わせて市場に価値のあるモノを作ることが、これからの時代に所得を上げていくことにつながります。 今回ご紹介した単語はいずれもTOEIC試験で頻出するものです。 つまり「受動的」という形容動詞には、確かな意味があるということです。 主体性はやるべきことが決まっていない場合に、自分で終着点を決めて動くことになります。 物事を進んで行うさま、他からの働きかけがなくても自然とするさまを表します。

Next