大沼 破産。 不安、憤り、広がる困惑 大沼破産から1週間|山形新聞

創業320年、山形県最後の百貨店・大沼はなぜ倒産?全国で百貨店が消滅し始めている

この時点で、大沼幹部は破産もしくは申請を視野に入れていた。 2019年10月5日閲覧。 同店は30代以上の女性をメーンターゲットとし、店舗奥にはスペースを設けていた。 しかし、マイルストーンの出資金の使途などを巡り、金融機関や従業員との関係が悪化し、思うように再建は進まなかった。 江戸時代の元禄13(1700)年創業の老舗百貨店。 2020年1月28日. 酒田大火と復興 [ ] (昭和51年)10月29日17時40分頃に発生したで店舗は周辺の市街地22. 9月25日 - 米沢サテライト店を開設。

Next

自己破産申請の百貨店、大沼 「支払い延期不可能」 :日本経済新聞

そのため、2019年3月、地元実業家の支援を受けて、幹部社員が中心となり設立した投資組合の傘下に入ることで投資ファンドから経営権を取り戻し、同年8月には米沢店の閉店を行うなど再建に取り組んできた。 『河北新報』. 本店店舗(地上7階、地下1階、売り場面積約1万2000平方メートル)などの取り扱いは破産管財人に委ねられる。 (13年) - 大沼八右衛門が七日町で創業。 あるのとないのとでは全然違う。 MTMに出資している銀行の代理人は、同年12月にMTMに対して出資金還流の説明を求めた。 『背中で語る男たち』、2004年4月15日。 2019年4月4日. 1月27日 - 関連会社の大沼友の会と共に山形地方裁判所に破産を申請。

Next

大沼破産・収入絶たれ先見えず 山形市で再就職説明会|山形新聞

(平成22年)6月2日 - 関連会社である大沼建装(現:大沼クリエーションサービス)に対し家具・インテリア販売の田丸から外商部門および仙台営業所が譲渡されたことを発表。 2014年11月18日. 友の会は客の会員が一定額(月5千円か月3千円)を1年間積み立て、満期時に0. 信用調査会社によると、売上高は1993年2月期の約196億円をピークに17期連続減収で2019年2月期は約74億円まで減少。 (昭和46年) - 倒産した地元百貨店「小袖屋」の跡地を買収し、酒田中町店を開店。 山形市の市長も同年2月20日に「資金が想定外の動きをしている。 2019年10月5日閲覧。 『山形コミュニティ新聞』. 2019年2月19日. やまきは破産前から大沼再生に興味を示し、競売開始決定後、山形本店の所有権を持つ和田有弘氏と交渉に入っていた。 大沼の破産手続開始により、山形県は初めてに加盟する百貨店がない都道府県となった。

Next

大沼 (百貨店)

実現すれば、集客に加え、文化の面でもありがたい。 との業務提携は継続。 2019年6月30日閲覧。 和田氏は食料品売り場だけでも再開したい意向のようだけど、当然、山銀との協議が必要だ」 「耐震性の問題もある。 しかし、当時の酒田の繁華街ではなかった上、地元との交渉などで(昭和53年)10月28日のライバルの百貨店マリーン5清水屋の開業 や(昭和54年)3月末にはほぼ復興した中町周辺の中心市街地より再開が遅れたことなどが影響して業績が低迷し、(昭和59年)に酒田店を経営していた酒田大沼がと業務・資本提携する形で事実上営業を譲渡し 、(昭和61年)には店名もダイエーに変更 して完全に撤退することとなった。 【解説】環境変化に対応できず 大沼が自己破産を決断した。

Next

「大沼」破産申請 社長、涙の会見「恐ろしくて借入できぬ」:イザ!

。 『酒田市議会議事録 昭和54年6月定例会 第3回 -06月19日-02号』酒田市議会、1979年6月19日。 また両代表取締役は、同12日にを訪れた折、早期に新たな再建計画を作成し、3億円をめどにを募った上で、長く変わっていないを入れ替えたいとの意向を示した。 山形市中心街の中核となる不動産物件であるため、透明性が高い手続きで活用する事業者を探すため、競売による処理を選んでその過程を公表した。 還付を担当する東北財務局には1月31日までに500件超の相談があり、「朝から夕方まで電話が鳴りやまない状況」(担当者)。

Next

山形の象徴、大沼の復活ぜひ 再生計画、市民ら歓迎|山形新聞

2019年3月5日. 山形市と米沢市に百貨店2店舗、山形本店向かいに服飾雑貨専門店1店舗、新庄市にギフト専門店1店舗を有し、山形県を代表する百貨店として長年にわたり地域に密着した営業を展開してきた。 旧米沢店で営業してきた米沢サテライト店、ギフトショップ新庄店(新庄市)も26日に閉鎖。 大沼本店も山形市の中心商店街で核店舗となってきただけに、大きな波紋を広げるとみられる。 取引先への27日の支払いが困難になり、営業継続を断念した。 2016年9月15日. 2020年1月28日閲覧。 2019年には大沼の執行役員らが出資する大沼投資組合が臨時株主総会で経営権を奪い、再建を再スタートしていた。 2017年12月26日. 経営幹部が「和田サンが払わなくていいと言っている」と口にし、退職者は米沢労働基準監督署に駆け込んだ。

Next