推敲 の 敲 の 意味 は。 推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

推敲 現代語訳・書き下し文

「推敲」は自分で書いた文章についても行えますが、「添削」は自分が書いた文章については使いません。 「私の推敲力では及ばないかもしれませんが、精一杯取り組みます」 何度も練り直すことは「推敲を重ねる」 「推敲」という言葉は、それだけで「文章を何度も練り直す」という意味があります。 」 「良い文章を書くためには、推敲が必要だ。 「推敲」の漢文訳 「推敲」は漢文で書かれている文章です。 それが、「推(おす)」を改めて「敲(たたく)」にしようかという点です。 僧推月下門 … 僧が月夜に他家を尋ね、月に照らされている門を手で押し開く。

Next

「推敲」の意味や由来は?「校正」との違いや類語、やり方を解説

・現代語訳 賈島が科挙のために都長安にやって来て、ロバに乗って詩を作っていて、「僧は推す月下の門」という句を考えついた「推」を改めて「敲」にしたいと思った。 そのまま捕らえられ、長官の前に連れて行かれたのです。 「推」は押すこと。 2-1.推敲後の作業が校正 順番としては 「推敲」で文章の内容を修正し、「校正」で誤りや間違いを直していくという流れです。 推敲の読み方・意味・使い方 推敲は「すいこう」と読みます。 「推す」を改めて「敲く」にしたいと思った。

Next

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

「削」は「へらす、取り除く」を意味します。 07 更新日: 2018. 驢馬に乗りながら詩を作っていたところ、「僧ハ推ス月下ノ門」という句を思いついた。 韓立 レ馬良久謂 レ島曰、作 二敲字 一佳矣。 ・締め切り日ギリギリまで推敲したが、良い作品を完成させることができなかった。 「推敲」の意味は「文章を作り直す」 「推敲」という言葉は、文章や詩を作る場面に多く使われます。 乃具言。 こちらは、まったく新しいアイデアを追加する場合、新たな文や章などを追加する場合にも使えます。

Next

『推敲』書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説 / 漢文 by 走るメロス

公開日: 2018. 07 「改稿」「推敲」「添削」「校正」の意味の違いと使い分け 「改稿」「推敲」「添削」「校正」という言葉をご存知でしょうか。 言い回しとしては、 ・改稿する ・改稿を経る ・改稿版 などとなります。 つまり、書き手が「推敲」しながら書いた文章を、校正者が「校正」するという順序になります。 進士の試験を韓愈に薦められて一度は落ち、「宰相が憎んでいるせいだ」と他人にそそのかされて腹を立て、ちょうど新居を建てたばかりの宰相のにあてて詩を作り、「千家を破却して一池を作る、桃李を栽えずして薔薇を種う、薔薇花落ち秋風の後、荊棘満庭君始めて知らん」と誹謗したことがある。 ・何度も推敲を重ねた結果、自分が納得できる小説が出来上がった。

Next

推敲:意味・原文・書き下し文・注釈

それ以来、「推(おす)」と「敲(たたく)」を合わせた「推敲」が、詩の語句や文章を練ることの代名詞となっているのです。 はじめ僧となり無本と号したが、のちに韓愈に詩才を認められて 還俗 ( げんぞく )した。 「推敲」の意味と使い方 「推敲」は< すいこう>と読みます。 ・彼が書いた本は多少間違いがあるので、書籍に掲載する前によく改稿する必要がある。 「添」は音読みで「テン」、訓読みで「そえる、そう」と読みます。

Next

推敲の意味と使い方 類義語と対義語をあわせて解説

そこで今回は「改稿」「推敲」「添削」「校正」の使い分けについて解説していきます。 アドバイスをした文人である韓愈(かんゆ)は、「「敲(たたく)」の方が音に風情があってよい」と助言。 「稿」は音読みで「コウ」、訓読みで「わら」と読みます。 故事成語 推 敲 唐の時代に賈島(かとう)という僧がいました。 「彼は推敲を重ねて、ここまで仕上げてきました」• たたき 三和土。 適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「改稿」の意味と使い方 「改稿」は< かいこう>と読みます。

Next

「敲」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

文章だけでなく、物体や映像・画像などさまざまな対象について、 手直しをする様子を表します。 一度書き終えた原稿をもう一度書くことを表す場合に「改稿」を使います。 9年()にの主簿となり、元年()に司倉参軍となり司戸参軍に赴任するところ、命を受けないうちに牛肉を食べすぎて没したという。 乃ち具に言ふ。 [ 解答・解説 ] との間をとるスペースです。 こちらは仕事としての修訂正です。

Next