スジ グロ シロチョウ。 東北森林管理局/昆虫(チョウ目)

蝶狂人の初夏(2019年)

雄は蝶道を作り、活発に飛翔する。 そこで、黒いレンズキャップに木工用接着剤を薄く塗り、ここにすこしピンセットでこすって鱗粉をはがした翅を軽く押し付けて鱗粉を転写したものを撮影しました。 ウラミスジシジミ• 雌雄に違いはなく、翅形が雌の方が丸みを帯びる。 コヒョウモンモドキ• 3mm、マメグンバイナズナ) 2015年7月7日 撮影 山梨県富士山麓 産 静岡市駿河区 飼育 孵化して5日目ですがもう3齢になりました。 黄褐色、白色卵ともに目が確認できる。 黄褐色卵は初期より黄色味が強いかもしれない。 ちなみに、昨年までで観察・撮影出来た蝶種は 75 である。

Next

ミスジシロチョウ Pinacopteryx eriphia

暖地で越冬し、世代を繰り返しながら北上する 【食草】エンドウ、インゲンなどの栽培マメ類やヤマハギ、クズなど 【生息環境】農地、公園、都市など各地 【庭に呼ぶために】食草を植えると発生しやすい ムラサキシジミ 【識別】表の青紫色と、裏の不明瞭な斑紋が特徴。 さらに、北摂地方のヤマトはすべてハクサンハタザオを利用するので、初谷の卵もヤマトでしょう。 キマダラルリツバメ• maura• なんていう名前の蝶なのかなって調べてみたら、スジグロシロチョウみたいです。 分布 [ ] 、、、、に分布。 ヤエヤマウラナミジャノメ• 池河内湿原ではミドリシジミが健在だった。 雄雌や春型と夏型とでは模様が異なり、春型では翅の裏側翅脈に沿いの筋がある。 42 「ヤグルマソウ」は、こんな絵が見たくてあちこちに植えました。

Next

シロチョウたち・リスト属 E

卵殻を食べています。 4mm。 九州 大隅・薩摩半島南部 、南西諸島。 近似種にとヤマトスジグロシロチョウがある。 オオゴマダラ• 翅に黒いすじが放射状に走っていることから。 ヤエヤマムラサキ• (参考) ヤマトスジグロシロチョウの蛹 2004年5月17日 18:42 大阪府豊能町初谷産 大阪市淀川区飼育 夜には蛹になっていました。

Next

ヤマトスジグロシロチョウ

今シーズンは、意外性の高い飛翔撮影をしたいと思っています。 (参考) 前蛹 2004年5月17日 8:20 大阪府豊能町初谷産 大阪市淀川区飼育 食草の茎で前蛹になりました。 サバンナで見られる。 よう虫は,たまごからかえったばかりのときはうすい黄色で,葉を食べてやや青味がかった黄緑(きみどり)色になる。 ツマアカシロチョウ族には、以下の属があります。 国内ではほぼ全土で見られる。 山と蝶と自然、チョウのページ、 山と蝶と自然 チョウの写真集 : チョウの写真 日本のチョウ、248 種を撮影 池河内湿原(福井): 2019年7月5日 写真:ミドリシジミ 梅雨空が続く7月のはじめ、福井方面は午後から晴れ間もみられるとの予報になった。

Next

ヤマトスジグロシロチョウ

アカボシゴマダラ• しかし今普通に得られるアブラナ科は外来雑草のマメグンバイナズナしかありません。 家に帰って図鑑と見比べると、モンシロチョウとはちょっと違うみたい。 1 れいよう虫は 4 回皮(かわ)をぬいで終(しゅう)れいよう虫になったあと,さなぎになり,成虫になる。 タイワンツバメシジミ• クロシジミ• 晴天に恵まれ、稜線上ではたくさんのギフチョウに出会うことができた。 こうした事情から、住宅地を含め都市部で見られる白いチョウはほとんどがスジグロです。 黒い毛も明瞭に見える。 19 「ヒメウラナミジャノメ」は「梅雨入り」を告げる蝶、「蛇目傘」をさす母に手を引かれ保育園へ嫌々ながら行ったなぁ・・・・。

Next

蝶(チョウ)の蛹図鑑

エゾミドリシジミ• 木の多い公園の中やしめった林でよく見られ,花のみつをすう。 小学校の教科書にも登場し誰でも知っている白いチョウです。 類似種コジャノメよりも地色が明るい 【分布】北・本・四・九 【時期】5~9月(多化性) 【食草】イネ、チガヤ、ススキなど 【生息環境】農地、河川、樹林周囲の草地 【庭に呼ぶために】やや暗い場所を好むため、庭木を多く植え、除草を徹底せずイネ科の植物を残す サトキマダラヒカゲ 【識別】裏は多くの目玉模様と特徴的な濃淡の模様 【分布】北・本・四・九 【時期】5~6月と8~9月(多化性) 【食草】マダケ、アズマネザサなどのタケ・ササ類 【生息環境】雑木林などの森林。 [分布] 奄美諸島以南をのぞく日本各地 [科名] チョウ目シロチョウ科 [体色] 白色 [時期] 3月・4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月 [特徴・生態] 低地の雑木林周辺、耕作地、市街地などに生息する日本産蝶類の中ではもっとも普通種のひとつ。 種ごとに生態写真を使って蝶(卵から成虫まで)や環境を紹介します。 hulda• ウスイロヒョウモンモドキ• ダブレラのアフリカのチョウにはマダガスカル産は載っておらず、最初、種名がわからなかった。 珍蝶ですが、台地の縁に沿って生息しています。

Next