上越 市 ハザード マップ。 千年に一度の洪水想定 新ハザードマップ配布へ

上越市土砂災害ハザードマップ(土砂災害予測地図)

詳しくは、下記のページ内でご覧いただけます。 想定を1000年に1回(想定最大規模)の豪雨に引き上げて浸水想定区域を拡大し、市町村がハザードマップで住民に周知するよう定めた。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 (令和元年6月13日更新)• <外部リンク>• <外部リンク> 上越• 法改正を受けて球磨川と筑後川の新しい浸水想定区域が示されたのは17年。 上越市土砂災害ハザードマップ パソコンでご覧の方は地図をクリックすると、クリックした地区のハザードマップ一覧へジャンプします• 【一】春日山城跡(上越市)• 70㎡~• 防災は土木などのハード整備に比べて専門職員や予算が少ないが、もはや『防災もハードだ』と発想を転換して人や予算を充てるべき時期に来ている」と指摘する。

Next

上越市洪水ハザードマップ(洪水災害予測地図)(平成31年3月改定)

球磨川の新しい浸水想定区域が示されたのはその翌年だった。 ページID1023319 更新日 令和2年7月14日 近年、各地で大規模な洪水や土砂災害により甚大な被害が発生しています。 女性宅には7月4日午前9時ごろ水が入り始め、たちまち膝上の高さになった。 80坪~• 水が来ると思わず避難していなかった住民らは浸水家屋の2階などに取り残され、消防や自衛隊に救助された。 市総合防災マップでは浸水想定区域に入っていなかった=住民提供 国は従来、100~200年に1回(計画規模)の大雨を想定して国管理河川の浸水想定区域を指定してきた。 【林大樹、佐藤緑平】. 35㎡~• 国土地理院Web地図で地図上の位置を確認 国土地理院が運用するウェブ地図「地理院地図」より、指定緊急避難場所の位置、施設名称、住所、対応している災害の種別を確認することができます。 瓜生田地区は国の新しい浸水想定区域図で最大10メートル程度の浸水リスクがあるとされていたが、女性らは知らされていなかった。

Next

球磨川、筑後川流域で「ハザードマップ未更新」 23市町村の6割(2020年9月3日)|BIGLOBEニュース

20㎡~• 【二十五】松代城跡(十日町市)• 「家は地震保険も火災保険も入っていたが、水は来ないというので水害の保険には入っていなかった。 【二十六】勝山城跡(糸魚川市) マップをご希望の方は マップは上越地域振興局企画振興部、上越市役所、妙高市役所、各市観光協会などで配布しています。 人吉市も17年2月に現在の総合防災マップを作ったところだった。 市町村は速やかにハザードマップを改定して住民に周知する義務があるが、これらの市町村では周知が進んでいなかった。 60坪~• これらの地震における震度分布を示したマップ(揺れやすさマップ)を作成しましたので公表します。

Next

球磨川、筑後川流域で「ハザードマップ未更新」 23市町村の6割(毎日新聞)

90㎡~• 水が来ると思わず避難していなかった住民らは浸水家屋の2階などに取り残され、消防や自衛隊に救助された。 女性宅は1階が人の丈ほどの高さまで水につかり、周囲の家は2階近くまで浸水した。 「にいがたLIVEカメラ」では、新潟県内に設置されているカメラから一般道・高速道路・河川などの様子を確認できます。 なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。 上越市と妙高市では、この夏、西日本で起きた水害の規模を踏まえて、現在、千年に一度の洪水を想定したマップを新たに作成している。

Next

さいたま市/ハザードマップをご確認ください

熊本県南部を中心に甚大な被害が出た九州豪雨は4日、発生2カ月を迎えた。 筑後川沿いの13市町では、住宅112棟が全半壊するなど大分県内で最も被害が大きかった日田市や、福岡県大川市など5市町が未改定だった。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 <外部リンク>• 2,130• 【十二】池舟城跡(上越市牧区)• 地区は市が17年2月に作った「総合防災マップ」で浸水想定区域に入っていなかったが、九州豪雨では球磨川の支流・馬氷(まごおり)川が氾濫し川沿いを中心に浸水被害が広がった。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 村の担当者は「ハザードマップを作り直すには600万円かかる。

Next

球磨川、筑後川流域で「ハザードマップ未更新」 23市町村の6割(毎日新聞)

市町村は速やかにハザードマップを改定して住民に周知する義務があるが、これらの市町村では周知が進んでいなかった。 熊本県人吉市の西端、瓜生田(うりゅうだ)地区の60代女性は憤りを隠せない様子だった。 女性は93歳の母を隣家の80代男性に背負ってもらって高台に避難。 大雨や台風などで川の水位上昇が心配される際、いちはやく危険を察知するために便利です。 下記リンクの「栃木県とちぎ地図情報公開システム とちぎ土砂災害警戒区域マップ」で閲覧することができます。 【十八】猿橋城跡(妙高市) 上越・妙高の山城以外の名所、史跡 上越市、妙高市には、山城以外にもたくさんの史跡、名所があります。

Next