サイバー チュチュ。 サイバー・チュチュ (さいばーちゅちゅ)とは【ピクシブ百科事典】

遊戯王OCGカード考察:サイバー・チュチュボン

なんたって毎ターン【強欲な壺】を発動しているようなものですから」 現れたのは2人の男が目の前にある金貨を見て笑っているカード。 知ってはいたが、される側になると心底腹が立つものだ。 「俺が守備表示にセットしたのは【ホーリー・エルフ】です」 「【ホーリー・エルフ】!? 武藤遊戯が使用したカードか!」 「守備力は2000 【ハイパーハンマーヘッド】より500高いから、500ポイントの反射ダメージを受けてもらいます」 「くっ」 突撃した【ハンマーヘッド】だったが、【ホーリー・エルフ】の周りに張られている聖なる結界にはじかれ龍牙先生のフィールドに吹き飛ばされる。 1 マスター・ヒュペリオン2. このカードは場に存在する魔法使い族に魔法または罠カードの耐性をつけます。 かをして自身をする、のとなった場合に1枚をするを持つ。

Next

サイバー・チュチュボンカード情報・考察

2011年9月17日に再放送された「遊戯王デュエルモンスターズGX」の簡易リプレイです。 このデュエルで見事に勝利を治めたので、君への処罰は不問といたします」 「なっ、ちょっと待ってください校長! こんな危険な生徒をアカデミア内に残しておくのですか!??」 鮫島校長は聖星の傍まで近づき、素直に褒め称えた。 当然最後の言葉はフィールドにいる者にしか聞こえない程度の小声でだ。 もう1人は教育実習生としてアカデミアに来ている龍牙。 [2018. 自分は何かおかしな事を言っただろうか? あ、もしかするとこのカードの効果をちゃんと把握していないのかもしれない。

Next

カードパック:天上院明日香

驚異のドロー運。 そう思った聖星は言いなおす。 しかし、君が龍牙君に暴力を振るったのは友人を傷つけられ、さらには君の命と言えるカード達を譲ってほしいと言われたため。 お蔭で徹夜したよ」 「なぁ、聖星。 逆転されるか、されないか。 「【魔法剣士トランス】が相手モンスターを破壊した事で、【ヒュグロの魔導書】の効果が発動します。 267• 確かに、それならアンティールールの容疑がかかっている龍牙先生と制裁デュエルをするのは妥当だな」 しかし、クロノス教諭から聞いた話だと龍牙先生が強奪している明確な証拠はない。

Next

TURN

穏やかだった鮫島校長の顔がだんだんと強張っていき妙な雰囲気になる。 240• それにしても【便乗】って難しいですね。 あまりにも剣幕な表情に鮫島校長とクロノス教諭は思わず龍牙先生を見た。 「だったらそれを校長先生に見せたら…… ハッキングしたのがばれて別の問題が出るわね」 「ハッキング?」 「いえ、何でもないわ」 明日香の口からこぼれた言葉にカイザーは怪訝そうな表情を浮かべる。 だが、デッキの軸になっている魔法カードは全く変わっていない…… 」 軸となっている魔法カードを封じてしまえば、彼のデッキに戦う力はないも同然である。 痛みのあまり言葉を失った十代は地に伏せ、翔は聖星から3歩ほど離れた。 貴方がデッキからカードをドローする事で、魔法・罠カードの発動と効果を無効にします」 「なっ!」 【大地震】のカードに微かなプラズマが走り、そのまま消滅してしまう。

Next

カードパック:天上院明日香

実は僕もアニメの明日香のファンデッキ作ったんですけど、サイバーエンジェルがOCG化されてないのでけっこう力不足なデッキになってしまいました。 「百歩譲って私が取巻君からカードを無理矢理奪ったとしましょう。 「ぐぁあ!!」 爆発によるダメージを受け、ライフは3700から1700まで減った。 」 これ以上調べようとするのであれば、それこそタイムマシンでも無ければ不可能だろう。 相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。

Next

MOKOCCHIが行く遊戯王GX

相手の場に魔法使い族が存在すればロックが解けてしまうのだ。 もし負けたら退学。 注目を浴びた【ネオ】は誇らしく剣を構えていた。 聖星は微笑みながら龍牙先生に軽く頭を下げて尋ねる。 現在はペガサス会長の手によりサルベージされている… アビドス三世とのかかわりは余り無いな。

Next

カードパック:天上院明日香

目次1 はじめに2 今環境はどんな環境なのか?3 デッキ紹介4 沈黙フォーチュンデッキについて5 おわりに はじめに 先月に引き続き沈黙FLでデュエルキング達成です。 これで聖星の場には【魔導書廊エトワール】と【魔導書院ラメイソン】しか存在しない。 コイントスをし、表だったら俺が2枚、裏だったら先生が2枚ドローします」 ポケットから取り出したのは1枚のコイン。 目を見開いて驚きの声を出す龍牙先生に聖星は笑みを浮かべる。 「 何故だ、何故魔法カードが発動できる!? 」 そう、龍牙先生は自分の持つ指輪から特殊な電波を発して相手のデュエルディスクの機能を低下させていた。 「だが、【ハイパーハンマーヘッド】の効果発動! このカードが戦闘で相手モンスターを破壊できなかった時、相手モンスターを手札に戻す!」 仕返しだ!と言わんばかりの速さで【ホーリー・エルフ】に頭突きをする。 デッキから【魔導書】と名のつくカードを1枚加える。

Next

サイバー・チュチュ (さいばーちゅちゅ)とは【ピクシブ百科事典】

彼は手札に加わったサーチカードをすぐに発動した。 漆黒の肉体と鋭い牙、棘のように逆立つ皮膚を持つ大型恐竜。 「お断りします」 「不動君。 141• 勿論俺は罠カードを選択」 「なにっ!?」 【トランス】の足元に異空間に繋がる歪みが現れた。 俺はモンスターをセット、カードを3枚伏せてターンエンドだ」 先攻を得た聖星は特に動くこともなく、カードだけを伏せた。

Next