阪急 バス。 阪急バスを紹介|バス予約は日本旅行のバスぷらざ

阪急バス伏尾台営業所

7月20日 - 創立50周年• : 環境理念制定 「ひととまちに優しい 阪急バス」• 7月1日: 全車両の冷房化が完了• 担当はで、2004年にから移管された。 の池田 - 伏尾台地区の減便改正時に新設され、平日の朝8時台に1本のみ運行された。 あらかじめご了承ください。 川床線(西谷車庫 - 川床口) からまで運行された。 脚注 [ ] []. この菜種栽培には大阪府下の阪急バス運行エリアでは、豊能町・茨木市を除く山間農村地域が参加しており、実際にこの燃料が使用されるのは市街地地域の路線である [ ]。

Next

高速バス|貸切バスの阪急観光バス(大阪)

132系統は、2011年12月10日の改正以降は平日の朝ラッシュ時のみに運行されている。 所在地:大阪府池田市伏尾台5丁目2番2号 運行路線 [ ] 東能勢線 [ ] 同営業所のメインとなる路線。 10月1日: の供用開始(停留所、以降西宮市内の一部停留所に順次設置)• あらかじめご了承ください。 またを皮切りに、阪急バスの一部の営業所に支社を置き、運転士の人事などのも行っている。 : 豊能町公共施設巡回バス運行開始• 阪急夙川周辺の施設 周辺観光情報 クリックすると乗換案内の地図・行き方のご案内が表示されます。 モントリオール議定書に基づくオゾン層破壊物質全廃に先がけて、車内エアコンの置換や排ガス対策を行ったが、本格的に環境問題に取り組むべく、99年に「ひととまちに優しい阪急バス」という企業理念を制定。 2系統: 宝塚 - すみれガ丘一丁目 - 十万辻・大宝塚ゴルフ場 - 切畑 - 松葉屋 - 西谷支所前 - 波豆• - 間での運輸営業など。

Next

高速バス|貸切バスの阪急観光バス(大阪)

1系統: 宝塚 - すみれガ丘一丁目 - 十万辻 - 切畑 - 松葉屋 - 西谷支所前 - 東部• (予約をお取りしておりません。 阪急バス. 阪急箕面線沿線• 私たちは個人を尊重し、心暖まる、明るい社風づくりに努めます。 9月 - 化• : 労働組合結成• コンビニやカフェ、病院など• 同社が選ばれたのは、かつて同社が買収した北摂自動車が紫合(ゆうだ)から西谷地区の波豆までの路線を運行していた実績があったことによる。 : 阪神バスとの定期券相互利用割引運賃の適用開始(土・休日のみ、2011年4月1日より平日にも拡大)• : 大阪 - 北九州・福岡線『』運行開始。 ゾーン定期券 千里ニュータウン線、豊中市内線、池田市内線、西宮市内線、宝塚市内線、芦屋市内線、の各ゾーン内を、それぞれ1区運賃の定期券で自由に乗り降りできるサービス• 北大阪急行線沿線• : 新型製標柱を順次導入開始• 136系統の朝の1本を延長したもので、に新設。 <短縮営業時間>10:00~20:00(最終入場19:00) (6月19日現在) 日帰りの温泉施設「有馬温泉 太閤の湯」の入館券がセットになった1日フリー乗車券です。

Next

バス連絡定期券のご案内(磁気定期券のみ)|乗車券のご案内|阪急電鉄

本格的夜行高速バスの導入• ・往復券、回数券等は事前に窓口でお買い求めください。 券面に記載されている運賃以内の区間であれば、もできる(該当する路線以外でも乗車可能)。 議論はを参照してください。 の広い範囲に路線網を持ち、その総距離は加盟社局の管轄エリア全体の2割に相当する(2005年現在)。 ・任意保険(対人賠償無制限)に加入しております。 との共同運行で、阪急田園バスは午前の3本を受け持ち、午後の1本は神姫バスが担当する。 詳細は「」を参照のこと。

Next

各路線のご案内

・当該路線は「高速乗合バス(路線バス)」となります。 沿革 [ ]• 廃車車両の譲渡 [ ] 阪急バスで 役目を終えた車両は全国の地方事業者に譲渡されている [ ]。 : 桜井谷村営バスを吸収合併• 現在はとの付近にある「牧」で折り返しているが、当初は亀岡市に越境した先のまで足を延ばしていた。 日本初のの導入• 前 - 間で(PTPS)導入、回数カード販売開始・環境定期券制度導入• 大阪モノレール沿線• コミュニティバス 阪急バスの中には地方自治体で活躍するコミュニティバスが存在します。 : 宝塚有馬自動車株式会社(元・宝塚自動車商会。 運行ルートは、2002年11月5日の改正で一部変更されている。 阪神本線沿線• : 開設、の路線の大半を譲受• その他、出合橋 - 切畑間などにも路線があった(系統は不明)。

Next

阪急バス

大阪府下で実施している制度「OSAKAロードウォッチャー制度」(路線バス等を道路を利用する機会の多い府民・団体から道路の情報提供を受ける)を、大阪府が阪急田園バス豊能支社と2003年7月から締結している。 末期の運行本数は、関西カントリー系統が朝2往復・夕3往復(平日・休日とも)、妙見山上系統が平日の昼間4往復、休日の昼間7往復だった。 7月1日:完全子会社であるを吸収合併。 臨時ダイヤによる運行を開始、・・・などのを実施(同年まで)• 三田線 [ ] より運行。 その他の環境面• 宝塚線と接続が考慮された便も設定されている。 19以前からの阪神バスの路線 2016. : 深夜急行バス『 阪急スターライナー』の営業を開始(梅田「前」 - 清和台 - - 伏見池公園前、40. 途中休憩はございません。 : の各種カードを導入(を筆頭に順次拡大)• 市場情報 非上場 本社所在地 〒561-8561 庄内西町五丁目1番24号 : 本店所在地 〒563-0023 大阪府井口堂一丁目9番21号 設立 (昭和2年) 事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業 一般貸切旅客自動車運送事業 など 代表者 井波 洋 資本金 1億円 売上高 226億7100万円(2019年03月31日時点) 営業利益 4億2100万円(2019年03月31日時点) 経常利益 5億6200万円(2019年03月31日時点) 純利益 5億0400万円(2019年03月31日時点) 純資産 135億7000万円(2019年03月31日時点) 総資産 213億4600万円(2019年03月31日時点) 従業員数 1,540人(2017年3月31日現在) 所有者 阪急阪神ホールディングス株式会社 主要株主 阪急電鉄株式会社 主要子会社 を参照 外部リンク 目次• 武田尾線と接続が考慮された便も設定されている。

Next