ウイグル 強制 収容。 人狩りの実態

World Uyghur Congress

しかし、翌8月20日にトルコと親密なカタールは中国を支持する共同書簡への署名を撤回した。 「宿舎と教室に監視カメラを張り巡らせて死角がないことを確実にしろ」 という、通達をだしていました。 「ウイグル自治区の強制収容所(再教育施設)」とはなにか? 強制収容所(再教育施設)では、こうしたウイグル民族に対し、宗教を取り上げ、言論の自由を封鎖し、思想を中国共産党の思想に洗脳します。 一体どういうことでしょうか。 「絶対に脱走を許すな」• 今回は前編として、強制収容所から生還したメヒリグル・トゥルスンさんの証言について、ご紹介します。 収容所内ではウイグル人の 人格改造が行われているようだ。 また、ウイグル人を裁判なしに収監したのと同様のに必要な措置であるとも主張した。

Next

日本で「ウイグル問題を報じづらい」3つの深刻な理由

CNN. 2018年2月3日閲覧。 当局は過激テロリズトをするために数十万人と主張している。 強制収容所には他にも教育水準の高いウイグル人が多数収容されています。 これらの詳細については後に共有するという。 ICIJによるチャイナ・ケーブル報道に協力したによれば、レポートは中国当局に検閲され、ICIJによるの国のインターネット検索のほとんどすべての参照先が消去された。

Next

新疆ウイグル再教育キャンプ

アムネスティは、ウイグル族などの少数派に対する弾圧が止み、収容所の人たちの拘束が解かれるよう、今後も、世界中に働きかけていきます。 移住は含まない)は急減している。 また、「収容された家族は誤った思想を捨て、中国語と仕事の技能を無料で学ぶことができるこのチャンスを大切にするべきだ」と説明するようにも指示されている。 強制収容される人とされない人の違いについて問われると、メヒリグルさんは、「収容される人に明確な基準はなく、収容されていないウイグル人も自由が大きく制限されている」と述べました。 。 「私たちにとって、このことは胸が張り裂けるようなつらいことです。

Next

ウイグル人強制収容所からの人毛ウイッグ、米税関が押収

The Guardian. 内部文書の内容 この文書は、国際調査報道ジャーナリスト連合 ICIJ が入手しました。 」 話の途中で、彼が嗚咽を漏らす場面が数回ありました。 関連リンク• 2019年11月27日閲覧。 2014年12月31日. 同年5月、米国防総省アジア太平洋地域の安全保障政策を総括するランドール・シュライバー次官補は、新疆で恣意的に拘束され、収容された人々は100万人から300万人との推測を述べた。 2014年3月筆者撮影 新疆は中国の治安機関の見本市 いまや新疆は、のどかなシルクロードのイメージとは裏腹に、強力な監視・警備体制が敷かれる恐ろしい場所になっている。

Next

収容キャンプを連想 人権団体、無印良品やユニクロの「新疆綿」PRに批判

そのうちの1人は「収容者が溢れかえっている」ためと述べた。 私の妹はどこかに座って、ウイッグのようなものを作らされているのです」と、アッバス氏は話す。 「生徒が本当に変わるよう励ませ」• 中華人民共和国は、漢人以外の民族を55の「少数民族」として「民族の区域自治」で統治してします。 もちろん、自ら臓器提供の意思を示した人からではなく、強制収容所で殺されたウイグル人の体から臓器が取り出されます。 「十分な食事もなく、睡眠不足で、シャワーも浴びることができません。

Next

中国共産党、ウイグル「絶望収容所」の実態

「浅い理解や悪い態度、反抗心すらうかがえる人には(中略)教育改革を実行し、確実に結果を達成しろ」 顧問でイギリス勅選弁護士のベン・エマーソンはこの政策は「ひとつの民族コミュニティー全体を対象に作られ実行されている、巨大な集団洗脳計画」であり、「新疆ウイグル自治区にいるイスラム教徒のウイグル人を、個別の文化集団として、地球上から消滅させようとしている。 睡眠時間は3時間、革命歌の練習や政治学習、自己批判が毎日行われます。 () その中には、日本企業11社(日立製作所、ジャパンディスプレイ、三菱電機、ミツミ電機、任天堂、パナソニック、ソニー、TDK、東芝、ユニクロ、シャープ)が含まれています。 実家に帰されて通院することになりましたが、政府職員2人が24時間、監視しています。 彼らは、中国の国内問題に介入し、新疆における中国のテロ対策を妨げ、中国の順調な発展を妨害する口実を作ろうとしている」 と述べています。 このような点数制でマイナス50ポイント(70ポイントという報道もある)になると収容所に送られるようだ。 2019年11月16日閲覧。

Next

【閲覧注意】ウイグル問題が世界のタブーな件。中国共産党の弾圧。強制収容、強制労働、処刑、臓器売買。

この問題は世界各国のほとんどのメディアで報道されていません。 製造に関わる人々が人権侵害に直面しているという疑惑に基づいて、CBPが中国からの輸入ウイッグ製品を押収する措置を講じることは稀ではあるが、今年に入って2度目である。 そして毎週、部屋から4,5名が外に呼び出され、いなくなった人と同じ人数が新たに入って来ます。 思想統制を敷くための強制収容所や刑務所に収容されている少数民族の人々は、自身の宗教や言語への批判を強いられ、また、身体的な虐待を受けている。 私は日本を第二の故郷と思っています。

Next

ウイグル人の強制労働に関与している疑いが浮上している日本企業への公開質問状についてのご報告

21世紀の現在もなお「魔女裁判」のような悪行が横行している。 ウイグルの家族が娘の結婚を強制された また5月27日にもこのグループはもう1つの映像を投稿。 新疆ウイグル自治区保健委員会の文書を見ると、ウイグル人が多数を占める南部全域で、2019年と20年にこうした計画が立てられたようだ。 「起床、点呼、洗顔、用便、整理整頓、食事、学習、睡眠、ドアの閉め方などに関して、行動基準と規律要件を徹底せよ」• 2019年11月17日. 2019年7月14日閲覧。 -China Relations at. 新疆ウイグル自治区の「再教育」キャンプで拘束されているウイグル人の強制労働によって作られた綿製品は、日本や米国の大手アパレル企業のサプライチェーンを通じて、世界各国に流通している可能性がある。

Next