住 生活 基本 計画。 仙台市住生活基本計画|仙台市

埼玉県住生活基本計画

住生活関連ビジネスの新市場を創出• 「その他空き家」数を 400万戸程度に抑制 (新たな施策を講じない場合と比べて約100万戸抑制する数値) 【ポイント 3】 住生活を支え、強い経済を実現する担い手としての住生活産業を活性化 ・「産業」に関する目標を初めて設定。 計画の位置付け 「帯広市住生活基本計画」は、北海道が策定した「北海道住生活基本計画」に即するとともに、「第六期帯広市総合計画」の都市計画部門の計画である「帯広市都市計画マスタープラン」に関する住宅関連の分野計画に位置付けられます。 なお提言や検討段階から「200年住宅」とも呼ばれるが、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が12月に公布やの施行の段階から「長期優良住宅」といわれる。 その後、本県の総合計画である「みえ県民力ビジョン」や平成23年見直しの「住生活基本計画(全国計画)」を踏まえ、平成24年3月に三重県住生活基本計画の改定を行いました。 「」は大きな方向性を指し示す法律で、それを具現化するために「個別法」が整備されていく。

Next

宮城県住生活基本計画について

新着情報• 掲載日:2019年10月1日 埼玉県住生活基本計画 埼玉県住生活基本計画とは• 群馬県住生活基本計画2016 概要 計画の目的 県民の住生活の安定の確保及び向上の促進のため、住生活の課題に対応した住宅政策を総合的・計画的に推進していくために基本目標、施策の展開、成果指標を定める 基本目標 (1)誰もが安心して暮らせる住まい・まちづくり 県民の住まいに対する不安が解消され、誰もが安心して暮らせる住まい・まちづくりを目指します。 概要 [ ] 住生活基本法の基本理念には、以下の4つが謳われている。 今後、見直し後の計画に基づき、「多様なニーズに対応した安心・ゆとりある住生活の実現・継承」を目標に名古屋の「住まい・まちづくり」を進めてまいります。 空き家の増加を約100万戸抑制 住生活を支え、強い経済を実現する担い手としての住生活産業を活性化• 開催状況についてはこちらへ. 今般、少子高齢化のさらなる進展や空き家の増加など、「住生活」をとりまく社会経済情勢の変化を踏まえ、それらの課題に対応するため、平成28年12月に計画を改定しました。 平成28年3月に国が見直した「住生活基本計画(全国計画)」において、少子高齢化や人口減少等の課題に対する新たな住宅施策の方向性が示されたことから、本県においても、少子高齢化、人口減少、空き家等の増加の懸念などの社会情勢の変化を踏まえ、今回、「宮城県住生活基本計画」を改定しました。 プレミアム既存住宅等、住宅の質と魅力の向上• 「産業」に関する目標も初めて設定されました。 4%(平成25年度) 46%(平成37年度) 情報提供(相談)件数 1,015件(平成27年度) 2,000件(平成37年度) リフォーム実施戸数の住宅ストック戸数に対する割合 4. (3)いいものを長く大切に使う住まい・まちづくり 質の高い既存住宅ストックの価値を評価し、適切に手を入れながら、いいものを長く大切に使っていける住まい・まちづくりを目指します。

Next

新たな「住生活基本計画」が決定! 今後10年の住宅政策の方向性は?

4%(平成25年度) 早期に解消(平成37年度) 子育て世帯の誘導居住面積水準達成率 48. 安全で魅力ある住宅地づくり• 20MB】 ・ 【PDF2. 「空き家対策」について、空き家特措法の施行や市町村取組みの進展などを受け、関連施策を総合的に推進• しかし、今後日本の・数が減少傾向となり、一方で住宅ストック量は充足している状況にあって、住宅政策を転換する必要が生じたことが背景にある。 国土交通省は、2016年から10年間の住宅政策の指針として決定した「住生活基本計画(全国計画)」を発表しました。 こうした状況の変化に対応するため、計画を見直し、新たな「愛知県住生活基本計画2025」を定めるものです。 本計画は、住生活の安定の確保及び向上の促進に関する施策について、住生活基本法に定められた基本理念にのっとり、都市計画、環境、福祉、防災・防犯など関連する施策分野との連携を図りながら取り組む、「住まい・まちづくり」に関する長期計画です。 なお長期優良住宅とは所定の基準を満たしあらかじめ申請し認定されたものをいう。

Next

仙台市住生活基本計画|仙台市

第2期青森市住生活基本計画 計画策定の背景・目的 時代を取り巻く社会経済情勢の大きな変化の中、市民一人ひとりにとって真に豊かさを実感できる住生活を実現するため、本市の地域特性に応じた快適かつ安全な住まいづくり・良好な居住環境の整備を進め、市民の住生活の安定の確保及び向上の促進を図ることを目的として「第2期青森市住生活基本計画」を策定します。 被災した住宅の復旧等の災害時・緊急時における体制の整備 (2)豊かで住み続けられる住まい・まちづくり• 「住宅地の魅力の維持・向上」の視点を加え、新潟らしい良好な街並みやコンパクトなまちづくりなどを推進• 計画期間 平成30年度から平成39年度までとします。 住生活に関する施策へのご意見 本計画では住生活の将来像や県民等に期待する役割も位置づけており、各主体との連携により、効果的に施策を進めることとしています。 随時、更新します。 2009年7月21日閲覧。 この計画は、平成37年度までの計画として、本県がめざす住生活の将来像とともに、その実現に向けた手法と県・市町・住宅関連事業者・県民の各主体の役割分担を明確にし、共有することにより、施策が効果的かつ持続的に展開されることを目的としています。

Next

新たな「住生活基本計画」が決定! 今後10年の住宅政策の方向性は?

子育てに配慮した良好な地域づくり• そこで「住生活基本法」に基づいて法整備を進め、国が住宅の長寿化と中古市場の活性化を促進することになった。 「ぐんま」の住まいづくり• 帯広市住生活基本計画 計画の目的 帯広市では、国や北海道の住生活基本計画、住環境を取り巻く状況変化やこれまでの本市の住宅施策の取り組み状況を踏まえ、住生活に関する目標や施策などを定め、各種住宅施策を推進することを目的に平成25年度に策定しました。 03MB】 【PDF1. なお、地域の特性に応じたきめ細かな施策を講じるためには、より地域に密着した行政主体である市町村において、全国計画及び本計画の内容を踏まえつつ、「市町村住生活基本計画」を策定することが望ましいところです。 建築廃材の約2割は住宅関連といわれている。 もともと住生活基本法が政府・与党が提出した法案だっただけに内容や文言は重複する部分が多い。 の実施率を2. 38MB】 ・ 【PDF1. (1)「居住者からの視点」 目標1子育て世帯や高齢者世帯等の生活に適した住まいづくりの推進 目標2住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保 (2)「住宅ストックからの視点」 目標3安全で質の高い住宅の供給促進 目標4総合的な空き家対策の推進 (3)「地域からの視点」 目標5住む人にやさしいまちづくりの推進 目標6移住定住の促進 4.重点的に取り組む事項. 1%(平成25年度) 7%(平成37年度) 空家対策計画を策定した市町村数の全体市町村数に対する割合 0割(平成26年度) おおむね9割(平成37年度). 質の高い既存住宅ストックの形成• 地域特性に応じた良好な居住環境の形成• 高齢者が安心して暮らせる住まいの充実• 良好な居住環境の形成• 05). 計画期間 平成28年度から平成37年度までの10年間とします。

Next

三重県|住まい:三重県住生活基本計画

出生率の向上を目指した三世代同居や近居の促進、民間賃貸住宅を活用した住宅セーフティネット機能の強化、新たな高齢者向け住宅のガイドラインの策定による高齢者の住環境の充実を目指した内容となっています。 これまでの計画は、平成25(2013)年度に当初計画を改定したものであり、東日本における大規模災害を教訓とした全国的な防災・環境施策の取り組みのほか、本市の新たな都市像である『世界の「交流拠点都市金沢」をめざして』などを反映した内容となっています。 はこちら。 空き家対策の推進 成果指標 主な成果指標は以下のとおり 「主な成果指標」一覧 項目 現状値 目標値 最低居住面積水準未満率 2. 97MB】 ・ 【PDF1. 高齢者向け住宅のガイドラインを新たに策定 既存住宅の流通と空き家の利活用を促進し、住宅ストック活用型市場への転換を加速• 宮城県では、「住生活基本法」(平成18年6月8日法律第61号)第17条に基づく都道府県計画として、住宅施策の基本方針と住生活の安定向上に関する施策を総合的かつ計画的に進めるため、「宮城県住生活基本計画」を平成19年3月に策定し、平成25年3月に改定してしました。 今回の見直しは、これらの上位関連計画の内容を踏まえるとともに、少子高齢化や人口減少のさらなる進行、空き家の増加などの住生活に関する課題や市民ニーズに対し的確に対応しながら、本市の住生活の安定と質の向上を目指し、今後の住宅政策を計画的かつ総合的に推進することを目的とします。

Next

名古屋市:名古屋市住生活基本計画 ‐住まいの基本計画‐(市政情報)

計画期間 2016年度(平成28年度)から2025年度(平成37年度)までの10年間とします。 仙台市住生活基本計画検討委員会 新たな計画策定の検討にあたり、仙台市住生活基本計画検討委員会を設置しています。 なお、この計画は、「住生活基本法」(平成18年法律第61号)第17条1項に規定する都道府県計画として、同法第15条第1項に規定する「住生活基本計画(全国計画)」(平成28年3月変更)に即して、北海道が定める計画です。 「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。 「200年」というのはロングライフ住宅を象徴する数字で具体的な目標値ではない。 73MB) 計画本編 本文 以下の計画構成図下の各章の部分をクリックしてください。 埼玉県住生活基本計画(平成28年度~平成37年度)• 「まちのまとまり」の形成のための仕組みづくり• 96MB】 ・ 【PDF2. 宮城県住生活基本計画は以下のとおりです。

Next

宮城県住生活基本計画について

住宅市場の流通の円滑化• 93MB】・ 【PDF1. また、本計画は高齢者の居住の安定確保に関する法律(通称「高齢者住まい法」)に定める「新潟県高齢者居住安定確保計画」を包含しています。 公的賃貸住宅によるセーフティネットの充実• 実際、住宅の平均寿命は英国75年、米国44年に対し、日本は30年と極端に短い。 4%(平成26年度) 20%(平成37年度) 住宅の一定の省エネルギー対策率 30. 今までのように新しい建物を「作っては壊す」住政策には問題が多い。 新たな住生活基本計画(全国計画)のポイント 少子高齢化・人口減少等の課題を正面から受け止めた新たな住宅政策の方向性を提示 【ポイント 1】 若年・子育て世帯や高齢者が安心して暮らすことができる住生活の実現を目指す ・「若年・子育て世帯」と「高齢者」の住生活に関する目標を初めて設定 ・ひとり親・多子世帯等の子育て世帯や高齢者等を対象に民間賃貸住宅を活用した住宅セーフティネット機能の強化策を検討 【ポイント 2】 既存住宅の流通と空き家の利活用を促進し、住宅ストック活用型市場への転換を加速 ・ マンションの建替え等の件数として、 昭和 50年からの累計を約500件とする成果指標を設定 (過去の4倍のペースとなる数値) ・ 「空き家」に関する目標を初めて設定。 主な改定点• 住生活基本計画(全国計画)• 社会経済状況の変化を踏まえて、概ね5年後に見直しを行います。 計画策定までの経緯• 07MB】 計画本編 資料 ( 【PDF2. 中古物件の有効活用や新ビジネス活性化など、住環境の変化に伴い新たな目標が設定された今計画。

Next