レター パック ライト 金額。 レターパックの買取

レターパックライト・プラスならコンビニで!購入・支払方法の注意点まとめ

付加サービス 次にレターパックの付加サービスについてお伝え致します。 本・雑誌•。 』(郵便局HPより) 合計で「52円」必要です。 3cmを超えると郵便局で引き受けてもらえませんので注意しましょう。 しかし、意外とレターパックに関する値上げのシステム等について、知らない方も多いようでしたので、本記事で詳しく解説していこうと思います! 2019年10月1日からのレターパックのシステム 2019年10月1日以降のレターパックの料金システムなどについて、以下でご紹介していきます。 本やCDを規定サイズに梱包し、封筒などの外装に『 ゆうメール』の文字と宛て名を書いて、切手を貼る。

Next

レターパックとは?全国一律料金(360円,510円)のサービス!専用封筒を購入して簡単発送!

haruharu5. チケットなどは使用期限があるものがほとんどなので、配送状況がわかると受け取る側としても安心できます。 そして、ゆうメールのもう一つの特徴が、速達や書留、代金引換などの オプションを付加できること。 商品を発送する際に、追跡ができてコスパも抑えられるレターパックを利用している方は多いのではないでしょうか。 おもちゃ• 料金は10月1日以降のものになってしまうのでしょうか? もしも料金不足になった場合、レターパックは返送されてしまうのでしょうか? 返送された場合、使い回しはできるのでしょうか? 2019年10月1日以降のレターパックの扱いについて、本記事でまとめています。 状況に合わせて上手にご活用下さい。 レターパックの内容物が分からない場合、または内容物に下記のようなものが含まれている場合は、航空以外の輸送手段 船便・陸便 となり、配達に時間がかかってしまうのです。

Next

レターパックプラス、レターパックライトを最安値で購入する

ですが、ご安心ください。 そして、2019年10月にさらに10円値上がりとなります。 レターパックプラス [ ] 制度上の正式名称は「 交付記録郵便とする特定封筒郵便物」。 しかし、追跡はあるけども補償ないというデメリットもあるので注意しよう。 ただ、こちらは 数十枚単位で購入しないと割引率があまり良くないので、ヘビーユーザで無いとオススメできません。 中には、510円のレターパックを所持している方もいると思います。 厚手のセーターやページ数の多いカタログなどもOK!レターパックプラスで、全国一律510円とお得に発送できますよ。

Next

レターパックライト・プラスならコンビニで!購入・支払方法の注意点まとめ

レターパックプラスなら集荷依頼も可能ですよ。 の扱いができないため内容物の紛失や毀損による補償は行われないほか、現金を送ることもできない。 しかし、次の通り、 レターパックプラス・レターパックライトへは原則オプションを付加することができませんので注意してください。 発売開始時は40円、2014年4月1日から2019年9月30日までは41円だった。 前述のとおり、発送はポストから可能ですが、レターパックプラスの場合は、分厚すぎてポストに入らないこともあるかと思います。 封筒デザインは青。

Next

レターパックとは?全国一律料金(360円,510円)のサービス!専用封筒を購入して簡単発送!

証明書 発送• また追跡も可能ですので、届いたかどうかも確認できます。 ・現金・貴金属等の貴重品および爆発物・毒劇物等の危険物等。 レターパックプラスなら重さは4kgまで可能なので、かなり安く送れることになります。 万一郵便事故や紛失があっても補償はないので注意が必要です。 ただ10円を追加するだけで現状と同じように使用することができるので、 【旧料金のレターパックを安く購入し、切手10円を貼って使う】 というのもかなりおすすめです。 その他の加工をしたものは、引き受けできません。 ただし、ゆうメールは印刷物以外のものには利用できないので注意してくださいね。

Next

レターパックライトの金額や大きさは?送付可能な重さや土日でも発送は可能?信書も入れて良いか解説!

ある場合には欲しいレターパックの種類を伝える (色・料金を伝えるとわかりやすい)• 日曜・祝日でも配送• Contents• 海外あてには送れません• また、上記サービスの中で、唯一レターパックのみ信書を送ることができます。 ゆうパックをそのまま送る場合は、保証は最高30万円までとなりますが、セキュリティサービスというオプションを利用すると、最高50万円までの実損額を賠償してくれます。 どのサービスを利用するかは発送物に依るところが大きいですが、数ある選択肢の中から選ぶことが出来れば、 常に最適な発送サービスを選択してコスト削減が可能です。 ゆうメールに入らないもの、または対象外のものを送りたい時には、ゆうパックを利用するのがおすすめです。 品物の 重さによって選択が変わりそうです。 ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキでもレターパックが買える! ローソン・セブン-イレブン・ファミリーマートの他のコンビニでもレターパックの取扱いがあります。

Next