石井 ゆかり 水瓶 座。 石井ゆかりの星読み

石井ゆかり星占い:みずがめ座の本質

…… 乙女座の3月の占い あなたは普段からとてもきちんとした人です。 怒りや闘いは、普通はあまりいいものとはされませんが、たとえば女性参政権なども怒りと闘いの結果です。 ちゃんと結び目を作れる。 昔は斬新で、社会的な競争力を持っていた仕組みやルールが、時代を重ねるにつれてだんだんと弱くなり、形骸化し、力を失っていくのです。 水瓶座は「組織」というパワーのヒエラルキーではものを見ません。

Next

土星

前述の通り私自身、20年前のグレート・コンジャンクションのタイミングでは、いずれアンアンのような有名な媒体に記事を書かせていただけるようになるとは、想像もしていなかったわけです。 2019年のあなたは そういう方面に、 少し、心を開くことができるのかもしれません。 あるいは、 大きな家の色々な部屋から たくさんのキャラクターが飛び出してきて 新しいお芝居を始めるような年です。 「個人」は「個人」で絶対的ですが、同時に、人間が一人では生きていけないことを、水瓶座は熟知しています。 石井 9月の第 2週もポイントです。

Next

天秤座は、人間関係に熱がこもるとき…石井ゆかり12星座別2020年7月の月間占い

山羊座が城塞であり、組織であり、権威の星座である、ということは「人間が集団となって、辛い冬を生きのびる」というテーマに全て繋がっています。 積み重なった小さな不満が爆発したり、 いつの間にか愛が醒めていたりすることも 珍しくはありません。 そういう人は、2020年、 「バラバラの自分」たちが少しずつまとまり、 全体として一つの思いと動きができあがる、という 特別な体験ができるのではないかと思います。 ですが2020年の「動き」は、もしかすると、それほど「怖がる」必要はないのかもしれません。 これまでは地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)、12月22日からは風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)になります。 水瓶座は自由と自立の世界です。

Next

2020/5/11

一方、心から信頼している相手と、 不思議に新鮮な関係性を築いていく というプロセスが始まる可能性もあります。 密かに悩み続けていたことが いまや、 少し時間をかけて片付ければいいだけの問題 へと変わっているかもしれません。 続く2021年は、 水瓶座が「主役」の年です。 星占いではこの新月のタイミングを物事の始まり、「スタート」のタイミングと考えます。 自他を確かに守るための予測が、山羊座ー土星的「悲観」なのです。 今回は、その次の「水瓶座」です。

Next

【無料占い】2020年はどうなる?石井ゆかりが12星座別に解説

日常的なしがらみや固定観念から解放され、 新しい世界観に出会う人もいるはずです。 3月末から6月にかけては、 不思議な「軽さ」を体験できそうです。 家族と過ごす時間が増えますし、 引越や環境変化を経験する人もいるはずです。 牡羊座は好条件が2つ、手の中に飛び込んで来るような日。 今まで政治に興味がなかった人も、自分と関係のあることなんだ、と気づき始めている。 「孤独」「孤高」は、常に、集団のそばにあります。

Next

【無料占い】水瓶座の2020年下半期を、石井ゆかりが占います

2月半ばから3月は、 星座を問わず大きな転機となっています。 特に2020年は「居場所・家族」がテーマなので、 恋愛を考える上でも、 一時的なトキメキよりは 「ずっと一緒に暮らしていけるだろうか」 というような観点で 人を見るようになるはずです。 ここまでの頑張りが一つの果実となって、 あなたの手に転がり込んできます。 すでにパートナーがいる人にとっては、 長期的に愛を営んでいく ということが視野に入ります。 ある感染症の研究者の方が「これからは『みんなと一緒』という行動様式を変えたほうがいい。 ひとつの星座は、そのひとつ前の星座の「体験」をもとにした、 あたらしい段階として成り立っているとも言われます。

Next

石井ゆかり12星座別2020年3月の月間占い

あくまで、他者でいっぱいの「この世界」に属する「個人」です。 この7月は特に、「人間関係」「家庭」「アイデンティティ・自分の生き方」と3つの方向に大きめの動きが重なり、あるいは連動するため、一気に人生が転換する! という印象が強いのではないかと思います。 これは、要求するのでもなく、ゴリオシするのでもなく、自分から道を選んで自分から歩き出す、というイメージの動きです。 なぞなぞ。 もちろん「仇討ち」のような 物騒なことではないのですが、 たとえば 「海外に留学に出る前に、 一度、親の墓参りに行っておこう」 といったようなことがあるものなのです。 2月から3月は、 前述のような「ボトルネック」解消に向けて、 精力的に動ける時期です。 たとえば昔の「政略結婚」のように、集団組織を守るためには、個人の幸福が犠牲にされる場合もあります。

Next

石井ゆかり星占い:みずがめ座の本質

物事の流れの変更、リズムやスピードの変更が感じられる週となりそうです。 文字や知識が位の高い人のものだけではなく一般化して、庶民まで行き渡るようになり、言葉とともに地方との交流も広がった時代だったのかなと。 …… 蠍座の7月の占い 「ルールに従う」ことはとても大事です。 牡羊座の3月の占い 春分の日は牡羊座の人々にとって、お誕生月の始まりであり、一年の物語のスタートラインとなっています。 自分自身が自分自身として生きることに歓びを感じますし、 この世界と堂々渡り合っていく勇気と根性を持ち合わせています。

Next