魚沼 市 消防 本部。 魚沼市消防本部

魚沼市消防本部

また、エリアによってフリーパス運転(バス停以外の場所からでも乗降が可能)を行っている。 4月1日 第5次消防整備計画策定• 魚沼ホンダ(魚沼 湯之谷地域)• 南魚沼市消防本部公式Facebookページの開設にあたり、南魚沼市消防本部ではFacebookの運用についての方針を定めましたので、ご利用になる場合には必ず運用方針を一読のうえ、ご利用ください。 8月12日 水害六日町対策本部設置• 最寄りの駅はので市内中心部から車で約15分、小出駅から上越線で10分。 6月12日 救助訓練塔完成• 小出店(湯之谷地域)・小出南店(小出地域)• 魚沼オールパッケージ(旧社名雪国パッケージ 小出地域)• 各消防分隊・救急分隊(兼務) 消防署 [ ] 消防署 住所 分署 南魚沼市消防署 南魚沼市竹俣82-2 大和:南魚沼市茗荷沢1033-1 湯沢消防署 南魚沼郡湯沢町大字神立2586-1 なし 外部リンク [ ]• 10月14日 南魚沼市消防団秋季連合演習 六日町小学校 参加人員1,192名• 消防団係• 1月1日 本署、非常用自家発電設備を設置• 11月1日 、合併しとなる。 人口 [ ] 魚沼市と全国の年齢別人口分布(2005年) 魚沼市の年齢・男女別人口分布(2005年) 魚沼市役所入広瀬庁舎 市長職務執行者 [ ]• 第3小隊• スマートフォン用QRコード• 9月15日 新潟県総合防災訓練を湯沢町で開催• 電話番号 025-782-9119(消防庶務課 通信指令係)• 山田精工(広神地域)• 第2小隊• 湯之谷交流センター ユピオ• 管理事務所• ゆのたに(湯之谷地域)• 清水川辺神社• 小出郷広域事務組合消防本部に改称。 平成17年版消防年報(魚沼市消防本部) 外部リンク [編集 ]• 9月25~27日 患者等搬送事業乗務員基礎講習• 組織 [編集 ]• (元総裁、初代理事長、旧小出町出身)• :6 本署3台・湯沢署2台・大和分署1台• 1982年 時代に友好自治体提携• - 小出支局• 幼稚園 [ ]• 新潟県内水面小出支場• 魚沼陸送整備(堀之内地域)• 外部リンク [ ] 行政• 単独消防として 魚沼市消防本部を設置。 新潟県議会議員 [ ] 詳細は「」を参照 魚沼市選挙区:定数1• テレビドラマ [ ]• 2月9日 スキー場でれ(六日町大字坂戸 軽傷者1名)• 経済 [ ] 就業人口 [ ] 時点での統計• 滝沢種苗(堀之内地域)• 1カ所、出張所1カ所• 1カ所、出張所1カ所•。

Next

魚沼市

小出湯(小出地域稲荷町地区)• 南魚沼市消防署• 投票の市議選挙ではさらに4名削減され定数20となった。 2月3日 南魚沼市全域に災害救助法適用• (2007年6月迄の旧免許制度時代は)• また4・5・6・7・9局番地域では加入者番号が3桁から4桁に追加の際、番号の配列や桁数の関係から加入者番号下4桁の最初には、0や1が使われなく(市外通話の発信番号や特定用途の識別番号と重なるため)、当初は2から始まる電話番号( 02579x-2xxx)であった(現在では、3・4・5・6も使用されている)。 9月28日 患者等搬送事業乗務員定期講習• (旧関越国際大原スキー場) かつてはこの他に、旧守門村内に越後アクシオムスキー場(旧名 権現堂スキー場)、旧入広瀬村内に中峯スキー場が営業していたが共に廃止されている。 新潟県中越• 小型はしご車:1 本署)• 電話番号 025-782-5330(危険物係)• 詳しくはご覧ください。 12月12~14日 同上(第5次隊)• 第1小隊、第2小隊、第3小隊 消防・救助・救急各分隊、火災・救急・災害等への現場出動、通報受信 南魚沼市湯沢消防署. 広神やな場• ハイ・テックス(小出地域)• 3月17日 大和分署、自家発電設備を設置• 10月30日 本署、指令車更新• 2月 ドア付ポンプ自動車本署に配置• 佐藤修理工場(堀之内地域)• (アナウンサー) ゆかりのある人物 [ ]• 10月25日 携帯119受信装置整備運用開始• ・(重要文化財)• 男性でも女性(女性部があります)でも入団できます。 に任期満了に伴う選挙が行われた。

Next

魚沼市消防本部・消防署の紹介

アイススケート小出レインボータウン(小出地域)• 2月25日 大和分署、水槽付消防ポンプ自動車更新• 南魚沼市消防本部公式Facebookページを運用する上でのルールが記載されています。 4月 北魚沼郡及びが組合に加入。 旧発着路線の一覧については、を参照。 (1店舗) 市内に出店していた企業・法人等の店舗(店舗名)等 [ ]• 13 活動予定更新 2019. 9月1日 湯沢分署、救急車更新• ウイング製作所(広神地域)• ・(湯之谷地域) 本町通• 小型動力ポンプ付水槽車:1 本署• 佐藤俊彦(振興局長、旧小出町出身)• 5月16日 新型(A/H1N1)患者が国内で発生、管内では6月23日に発生し流行拡大• 地理 [ ] の南東部に位置しておりとのに接し、その一部はおよびに指定されている。 魚沼市の歴史は震災復興から幕を開けることとなった。

Next

魚沼市消防本部

8月23日 集中豪雨により六日町の氾濫被害発生• (消防本部名は従来どおり 魚沼消防本部)• 8月 六日町欠ノ上地内に県消防防災ヘリコプターを設置• 参考文献 [編集 ]• 社会福祉法人慈生会小出保育園• 火災などの災害状況 火災などの災害発生時に消防車両などが出動したときには、その災害情報を下記のウェブページで知ることができます。 9月1日 消防本部新庁舎供用開始• (各地域 旧JA小出・JA堀之内・JA藪神・JA守門・JA入広瀬・JA湯之谷・JA広瀬・JA川口)• 主力機械(2006年4月1日現在)• 10月23日 5周年記念追悼式()• 記念館 - 魚沼市役所堀之内庁舎隣接• 小出店• 合併以前よりこの地域は(小出地域を中心として)「 小出郷」と総称されることがあり、特に1960年〜1970年代を中心に、合併前に建設された公共施設や組合等の名称に使われている。 12月11日 工場火災(六日町大字泉)• 小出郷新聞 - 週刊(明治42年創刊)• 早津ギャラリー• 12月20日 消防庁C型救急指令装置導入及びテレホンガイドサービス開始• 非自動局及び半自動局が完全自動化されるまで)、のちに市外局番6桁で市内局番が全くない状態( 02579x-xxxx)だったが、に小出2局については他地域より先行して市内局番がついたが、残りの4・5・6・7・9局番地域では前半まで市内局番がなく、それ以前は合併前の旧六町村内では他の地域にかける際は市外局番から回す必要があった(市内通話は加入者番号の下3又は4桁のみをダイヤル)。 指令車:2 本署・大和分署• 山喜農園(堀之内地域)• 7月15日 トンネル火災(湯沢北工区 負傷者40名全員救出)• 9月1日 大和分署、県消防防災ヘリコプター給油施設設置• 警防課• 魚沼店(湯之谷地域)• 1972年5月 消防新庁舎が現在地に竣工。 4月 北魚沼郡が組合に加入。 12月4日 休日診療所を六日町保健センターに移設• 2月10日 南魚沼市消防団が日本消防協会長から表彰旗を受賞• 9月3日 との合同訓練、参加人員21名• 8月20日 [第38回全国()へ出場(ロープブリッジ救出チーム4名、ロープブリッジ渡過)し、2種目とも入賞• 第二次産業はにの進出によって徐々に工場の進出・誘致が増えて携わる人が増えた。

Next

消防本部/南魚沼市ウェブサイト

(市内には、と酒蔵が複数ある)• (前長)• 11月27日 消防100年記念消防団全国大会開催(東京)• 7月23~27日 (苗場)期間中救急隊1隊を現地(浅貝)に常駐• ・(堀之内地区)• は両線の接続駅。 - 会津バス. 11月 小出郷消防・衛生施設組合を母体とし、小出清掃センター組合及び小出伝染病舎組合を統合し、 小出郷広域事務組合が発足。 7月26日 火災• 11月15日 開業• 株式会社(旧小出自動車学校。 7月19日 本署、防火広報車を導入• アートプリント角越(小出地域 小出郷新聞)• 11月13日 ・危機管理フォーラム2010開催• 消防署• 指導係 火災予防条例に基づく届出・指導・普及、防火対象物査察、自主防災組織 南魚沼市消防署 電話番号 025-782-9119 〒949-6405 新潟県南魚沼市竹俣82番地2• 指揮車:1• 人員搬送車 非緊急車 :1 本署 沿革 [ ]• 3月14日~5月10日 としてへ出動(延べ派遣人数276名)• 消防署 消防署 [ ] 消防署 住所 出張所 魚沼市消防署 四日町450-1 長鳥14-2 その他 [ ]• 6月21日 広域消防10周年記念式典開催• 小出郷広域事務組合消防本部に改称。 (新潟県魚沼市井口新田243番地1) 1972年に現在地に移る前は、旧小出町本町にあった 消防 [ ]• 魚沼庁舎• 、、、、、、が合併(新設合併)して施行。 4月1日 南魚沼市消防本部となる。

Next

南魚沼市消防本部の組織/南魚沼市ウェブサイト

10月1日 湯沢町・大和町に分署庁舎完成 業務開始(職員16名を採用・両分署にポンプ車・救急車を配置)• (小出地域 敷地内一部広神地域)• :1 湯沢署• 電話番号 025-782-5330(予防課 予防係・指導係・危険物係)• 小出店(湯之谷地域)• 小出東店(湯之谷地域)• (小出・湯之谷地域等)• UD 東口 - - - - () - 夏の観光シーズンのみ運行。 9月30日 本署配置の水槽車を化学車に改造• 4月1日 ・加入し組合名称を 魚沼消防事務組合に改称• 2月20日 南魚沼市消防団が防災功労者消防庁長官表彰を受賞• 下記のQRコードでスマートフォン、携帯電話からご覧になることもできます。 全国消防カードの配布を終了しました!! 1月26日 文化財防火訓練(三国街道二居本陣 富沢家)• 歴代市議会議長、副議長 [ ] 代 議長 副議長 就任年月日 1 小幡真次 佐藤武 2004年 2 岡部忠好 山田昭雄 2005年 3 佐藤守 新保隆 4 星謙一 大塚フミ子 5 佐藤守 星孝司 6 浅井守雄 星野武男 7 浅井守雄 森山英敏 8 森島守人 遠藤徳一 (現職) 市議会 [ ] 合併当初は旧6ヶ町村議員がそのまま市議員に就任する「」で市議会議員が96名いた。 第一次産業の人数は専業農家だが、大多数が高齢者である。 また、合併前に車庫証明を申請・交付を受けている車両は、交付された保管場所標章の都道府県・市町名欄には旧村が記載されている)。

Next

魚沼市消防本部とは

ホリカフーズ(旧社名堀之内缶詰 堀之内地域)• 4月 小出郷消防本部を設置。 8月20日 第29回新潟県消防大会を六日町で開催• 、などの交通系ICカード使用可能。 15 作成:魚沼市消防団広報部. 12月 導入• 第1小隊• 2月17日 ホテル火災(湯沢町大字湯沢)• 概要 [ ]• 湯之谷• 奥只見湖の保護を目的に「奥只見の魚を育てる会」を結成した。 予防係 建築確認申請、消防設備等検査・指導、火災調査、防火協会、防火管理者関係• ちなみに小出2局エリアは、加入者番号が3桁( 02579-xxx)が4桁になる際、加入者番号の頭に「0」を付けて( 025792-0xxx)となった。 湖沼: 、、・、、 気象・環境 [ ] 市内は指定地域 であり記録的なを過去何度も記録している。

Next

魚沼市消防本部

小型動力ポンプ付水槽車:1• 4月1日 運用開始• (魚沼市). 南魚沼市消防団では、男性団員とともに女性団員も活躍しています。 消防庶務係• 金融機関 [ ]• 参考:旧地区は、かつての(堀之内宿)として栄えた• 建物は小出出張所時代に移転新築されたが、数年間しか使用されなかった。 ドラッグストアー角倉小出東店(湯之谷地域) 市内に出店を予定していた企業・法人等の店舗(店舗名)等 [ ]• 6月 北魚沼郡が組合に加入。 4月1日 消防署 隔日勤務を2交代制から3交代制に移行• あなたのチカラをお貸しください。 電話番号 025-782-5330(指導係)• 9月26日 第1回総合防災訓練開始• 7月18日 南魚沼郡防火協会設立• 4月1日 第3次消防整備計画の策定• 市内にはの指定(認定)の含め、教習所は1校しかない。

Next