マクロス 要塞 艦。 マクロス級

マクロス:巨大宇宙戦艦SDF

01』22頁。 アニメ誌でも高評価で、は「『』が最も売れたのは、数字的には『マクロス』のとき」と述べている。 『』1983年3月号付録「MACROSS COLLECTION」徳間書店、40頁(岩田弘プロデューサーのコメント)。 全長30. この巨大船はもともとはの軍艦であり、敵対するとの戦闘で損傷して放棄されたのち、自動で地球に現われたものだった。 終盤のクォーター選択ルート第54話、または合流後の第55話にて「全艦一斉攻撃」が追加。

Next

SDF

地下深さ6kmの縦穴を砲身とし、惑星のをエネルギー源とする。 このため、戦闘と居住の機能を完全分割した純戦闘艦であるバトル級可変ステルス攻撃宇宙航空母艦とシティ艦と呼ばれる都市型移民居住艦の2隻の運用が提案された。 強行型では盾や打撃武器としても機能する。 関連記事• 残念) TV版では「アームド」は複数登場していましたね~。 『』1982年に連載。

Next

マクロス:巨大宇宙戦艦SDF

艦長は、。 LEDユニットがどの程度露出するか調整してから瞬間接着剤で固定します。 晴れて統合軍のシンボルとなったが、長く世界情勢を混乱させた元凶として、必ずしも万人に祝福されたわけではなかった。 もう一方がゼントラーディ軍で、プロトカルチャー滅亡後も50万年間、銀河を二分する大戦争を繰り広げている。 内部に可変戦闘機やデストロイドを最大80機搭載。

Next

『超時空要塞マクロス』マクロス 要塞艦と電飾ツール“X

機体ボーナス [ ]• 『』で注目されたは、マクロスの大ヒットにより「若手に任せたほうがいいという空気があった」ため、自分が初の社員デザイナーに起用された、と述べている。 マクロスと接合する艦艇 [ ] プロメテウス [ ] CVS-101 プロメテウスは、地球統合海軍太平洋艦隊所属の大型。 2 ブレイク・ダウン』角川書店、2008年、293頁。 お客様の判断でご利用願います。 第三段階:HP+1000 照準値+20 装甲値+125• A510 (劇場版) リン・カイフンが所有する2座席スポーツカー。 機体上部にレドームを装備し、胴体内のモニタリングルームで情報収集を行う。 テレビ版仕様の要塞艦を再現できる。

Next

マクロス (架空の兵器)

ただし、第一次星間大戦後、新統合軍がゼントラーディの自動工場衛星奪取へ赴く際、航路上に大破して浮遊していた監察軍の宇宙戦艦に接触しており、この艦はサイズや形状から、SDF-1マクロスのベースとなったASS-1の同型艦であった可能性が高い。 これらの若いスタッフは作品に「自分達が観たいものを作る」という実験的な方向性を持ち込み、結果的に視聴者層と世代感覚を共有することになった。 >マクロスのワープ機能(フォールド)について 初代マクロスはフォールドに失敗してしまって冥王星付近まで行きましたが、フォールド能力は冥王星までしかいけない情けない航法ではないです。 おもにプロメテウス艦内でバルキリーの整備にあたる。 PCゲーム『』(2001年発売)ではメガロード-02もトランスフォーメーションからの主砲発射の機構を持つ。

Next

【楽天市場】ハセガワ マクロス 1/4000 SDF

ドラマアルバム 超時空要塞マクロス Vol. タカトクによって後のストライクバルキリー用の新規追加パーツの設計も済んでいたが、その金型起こしと生産はによって実現されることになる。 統合軍総司令部 のグランドキャノンI施設内に置かれた対異星人戦略決定機関。 作中では格納庫からスライド式フックアームでを吊り出し、宇宙空間へ放出する発艦シークエンスも描かれている。 エンディングテーマは最終回のみ、飯島真理の歌で歌詞の2番が放送され、広げたアルバムにイラスト付きのミンメイの写真が飾られた実写映像になっている。 シティ艦に多くの環境艦を連結させて環境循環を行うことで、国家規模の移民の収容が可能となっている。 特典ディスクやシナリオ台本等が入った『Complete Edition』(BCXA-0504)と通常版(BCXA-0503)がある。

Next

ハセガワ「SDF

』 カンゼン、2004年• 第16話で艦長と早瀬未沙を乗せ、マクロスからアラスカ統合軍総司令部へと向かう。 強攻型専用であり、左手に持つARMD-Lの甲板で防御する。 小型機ながら・・2層型という特徴的な構造をもつ。 後に地球に侵攻してきたバジュラとの戦闘に投入された。 また、量産機体を区別するためのカラーリング・細部変更によるバリエーション展開が作品中にあったため、主人公を始め登場パイロット達の各々のカラーリング変更・一部パーツ替えによる商品展開が、プラモのみならず玩具でも多種行われた。 TV版では最終戦でマクロス・フロンティア船団により撃沈される。

Next

1/4000 劇場版 SDF

機関 [ ] 主機関は巨大な熱核融合反応炉。 スタジオぬえと親交のある石黒昇が主宰するアートランドが参加し実制作の中心となるが、下請けスタジオで制作能力が不十分なため、大手のが元請けとなり、アートランドやタツノコプロの子会社のなどが下請けという形態をとった。 テレビ版仕様の要塞艦を再現できる。 主砲は可動式。 2連装の砲塔を胸部に2基、左右肩に2基ずつ、左右脚に2基ずつの計10基20門を装備。

Next