国際 電気 通信 基礎 技術 研究 所。 皇太子さまが京都の国際電気通信基礎技術研究所(ATR)を訪問、AMEDが支援する研究を視察されました

複数の精神疾患における記憶力を共通のモデルで予測することに成功―疾患に共通する認知機能低下のメカニズム解明に大きく前進―

1985年10月 特別許認可法人 基盤技術研究促進センター設立• 心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者が、脳内で強い恐怖(オン)とその過剰な抑制(オフ)をシーソーのように交互に繰り返しているという仕組みを、国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などの研究グループが解明した。 このメリットは非常に大きかったですね」。 , Tamada,T. 超多次元の問題を解く時に、強化学習とメタ認知がどのように相互作用するのかを理解すれば、脳の機能を人工的に再現できる道が開けます。 1989年4月 ATR本研究所開所• , Okamoto, Y. 2003年5月 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 ATR 知能ロボティクス研究所長• 現在、多次元の問題を小数個のサンプルから上手く学習できるAIアルゴリズムはありません。 どちらの選択肢がより報酬を得る可能性が高いかは、参加者の意識下の脳活動パターンを機能的磁気共鳴画像法(fMRI) [1]で実時間計測し、機械学習のアルゴリズムで解読(デコーディング [8])して、試行毎に決めました。 その理由は、従来の実験が簡単な条件と小さな次元の問題を扱っていたからです。

Next

株式会社国際電気通信基礎技術研究所が有する技術シーズを対象に研究開発成果の事業化を目的とするベンチャーキャピタルファンド「けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合」に対する戦略的LP投資を実行

, Yoshihara, Y. 波動工学研究所• , Tanaka, S. 図5 DLPFC(背外側前頭前野)とBG(大脳基底核)との結合が学習とともに強まる 本研究の意義と今後の展望 科学的意義 本研究ではデコーディッドニューロフィードバック [2、9]に基づく革新的な実験パラダイムを用いて、脳が超多次元の問題を少数サンプルから学習する能力があり、確信度がその計算論的な解法で重要な役割を果たしていることを示しました。 強化学習では、このような状況では、エージェントは最適行動を合理的な時間内に探索することは実質的に不可能となる。 脳情報解析研究所• メタ認知 [5]は、ヒトそれ自身の認知、意志決定、記憶などを監視する機能であると理解されています。 3歳])と、その年齢と性別を統制した健常者(各々[60名、平均35. この下肢外骨格ロボットは、患者の脳活動から運動の意図を読み取り、動きます。 doi:10. 2004年10月 との相互協力に関する協定書調印• 最初の2日間、参加者がスクリーン上で見るのは、全くランダムで彼らの脳活動の情報を含まない刺激でした。

Next

共同発表:意識下の強化学習能力をメタ認知で開花させる

2019. doi:10. 0161945• (右)確信度が高いと最適行動をより選択。 その結果、統合失調症患者の作業記憶力低下の個人差、そして4つの精神疾患間の作業記憶力低下の集団差を予測することができました。 1993年3月 株式会社エイ・ティー・アール音声翻訳通信研究所設立• 1985年3月 関経連電気通信基礎技術研究所設立準備研究会発足• , Sasaki Y. 佐藤匠徳特別研究所 脚注 [編集 ] []. , Seymour, B. Nature, 403, 192-195. 00052• 図2 主な実験のデザイン:意識下の脳状態で決まる最適行動を強化学習する 学習課題の流れを図2下部に示します。 今後、アンドロイドのBMI制御からのフィードバックの性質と、これを効果的に強化する手法の探索をさらに進めることで、脳の活性化・健康維持に寄与する応用に向けた研究を進めていきます。 ヒト脳で得られた本研究成果により、次世代AI学習アルゴリズムにおいても同様に、複雑な問題の解決にメタ認知が応用できる可能性が示されました 概要 ATR脳情報通信総合研究所のAurelio Cortese主任研究員、川人光男所長、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校と香港大学のHakwan Lau教授は、ヒトが金銭報酬を得るために自身の意識下の脳内情報を読み取り、成功失敗の情報だけから試行錯誤で(強化)学習 [3]できることを発見しました。

Next

株式会社国際電気通信基礎技術研究所

次元の呪いは大規模な問題の解答が多すぎて実際の経験で試行錯誤できる範囲をはるかに超えている時に顕著となります。 doi:10. 実時間ニューロフィードバックでは、計測した脳活動をリアルタイムで解析し、実験参加者に解析結果を即座にフィードバックとして知らせます。 セッション0:デコーダーの構成のセッションです。 国際電気通信基礎技術研究所は2018年7月26日、両腕を使いながら脳でロボットアームを操作するBMI(ブレイン・マシン・インタフェース)手法の研究成果を発表した。 2002年10月 知能ロボティクス研究所設置• 2006年5月 知識情報科学研究所設置 所在地 [ ]• これまでに21ファンド、ファンド総額783億円の運用実績があります。 [7]次元の呪い(Curse of dimensionality) 機械学習、特に強化学習では、次元の呪いは状態空間の次元、あるいは特徴の次元が非常に大きい時に生じる問題と定義される。

Next

PTSD「恐怖と抑制」 脳内の仕組みを解明 国際電気通信基礎研など 治療法開発に道

筋肉の萎縮などが起きるALS(筋萎縮性側索硬化症)患者など、身体にまひを持つ患者が暮らしやすい環境の実現を目指す。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について. 1994年9月 ITU京都全権委員会議開催、・視察• さらに、確信度(メタ認知 [5]能力の重要な要素)がこの学習過程に含まれていることを明らかにしました。 , Kawato, M. またHakwan Lau 教授は、米国National Institute of Health(NIH)(R01NS088628)からの支援も部分的に受けています。 脳波でクルマを運転する「Epic Mind Driveプロジェクト」が英国で話題になっている。 予測モデルから推定された低下の効果量は、数唱課題の順唱条件に一致した。 9歳、女性28名)に実験に参加していただきました。 さらに、この予測アルゴリズムを、京都大学、広島大学、京都府立医科大学、昭和大学、東京大学でそれぞれ収集された4つの精神疾患患者(統合失調症[58名、平均37. 関連リンク• これまで同社では、購買管理や出退勤管理など社員や研究員が利用する基幹系システムを、オンプレミスで構築し、利用していた。

Next

理化学研究所と国際電気通信基礎技術研究所との連携・協力に関する基本協定締結について

研究成果は、イギリスのNature Communications誌に掲載予定。 Frontiers in Human Neuroscience, 6, Article 160, pp. [6]背外側前頭前野DLPFC(Dorsolateral prefrontal cortex) 背外側前頭前野と呼ばれる部分で、意思決定を行うための脳部位です。 さらに実験参加者は、差し出されたペットボトルをロボットアームで握り、ペットボトルが引き戻された時にロボットアームを下ろすことができれば成功とした。 1986年3月 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)設立• 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の研究プログラム「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」(プログラム・マネージャー:山川 義徳)の一環として、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 石黒浩特別研究所の西尾 修一 主幹研究員らのグループは、人が両腕を使いつつ、並行して脳でロボットアームを操作する手法を世界で初めて実現しました。 *( )内は氏名よみ、兼務先を表記。 しかし、近年になり、複数の疾患に共通する生物学的・神経科学的な要因があることが解ってきました。

Next

萩田紀博

<研究の背景と経緯> ImPACT山川プログラムでは、脳の健康に関する科学研究と産業界の相乗効果による、世界に先駆けた新産業創出を目指しています。 しかし今回の実験のように、人が本来持っていない、3本目の腕の動作をイメージすることは困難です。 災害発生時の事業停止リスクも大幅に低減 導入サービス• 本研究では、そのモデルを用いて統合失調症患者の作業記憶低下の個人差を予測するだけでなく、統合失調症、大うつ病、強迫症、自閉スペクトラム症の4つの精神疾患における集団レベルの作業記憶力を予測しうることを示しました。 , Yoshioka T. しかしながら現在までのところ、AI開発の視点でのメタ認知の研究はされてきませんでした。 2002年7月 大統領視察• 図3 強化学習課題の実験結果:(左)2日目に最適行動がすでに選択できています。 また、ヒトがどのように意識下で学習するかを理解することも重要なポイントでしたが、一方でこの実験プロトコルを洗脳に近い、つまり本人が意図していないのに、ある行動を取るように訓練されている実験結果だと考える人もいるかもしれません。 そこで同社は、Windowsサーバのライセンス切れを契機に新たなサーバおよびネットワーク環境へのリプレイスを決定、その際に選択したのが、TOKAIコミュニケーションズの提供するクラウドプラットフォームサービスの「BroadCenter CloudPlatform VR」と拠点間通信サービスの「BroadLine リレーションEthernet」、そしてインターネット接続サービスの「BroadLine Ethernetインターネット」だ。

Next