理学 研究 科。 理学研究科(修士課程)|大学院|東海大学

理学研究科|津田塾大学

生物科学専攻は5つの教育研究分野で構成され、遺伝子やタンパク質の機能解析についての教育研究を行い、これらの手法を用いて生物の高次機能を分子レベルで解明することを目的としています。 設計された化学反応場での反応機構の研究• 質量分析計を用いた生体高分子の網羅的解析• 低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達の研究 免疫学 片桐 晃子 がんや病原微生物に対する免疫応答とその制御に関わるメカニズムに関する新たな知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。 タンパク質・核酸の結晶成長と分子間相互作用並びに構造相転移の解析• 1)先端技術の開発、文化の創造発展、人類の福祉等に貢献できる深い学識を有し、高度な専門に対応できる基礎力と応用力 2)研究内容を理解し、論理的に説明するプレゼンテーション能力 カリキュラム・ポリシー 理学研究科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。 超弦理論に基づく時空構造の研究• 2)研究内容に該当分野における新規性が認められること。 動物細胞の接着、移動、極性形成の分子メカニズムの研究• 光学活性錯体の精密設計合成と応用展開• 新入生の皆様は、全体ガイダンス(新入生全員が対象)と各学科ガイダンス(各学科の新入生対象)の両方に必ず参加してください。

Next

理学部・大学院理学研究科

干渉計測用光周波数制御の研究• 詳細は下記の資料をご確認ください。 光機能性材料の研究 量子物理学 川崎 健夫 時空と物質の究極の理解を目的として、素粒子物理学・宇宙物理学・数理物理学に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。 現在位置:• リンパ球の接着カスケードの制御機構• 兵庫県立大学理学部 Webオープンキャンパス ログイン すでに参加登録をお済ませの方 参加登録の際の返信メールに書かれているIDとパスワードをお手元に用意し、下のログインボタンを押してください。 このような取り組みを発展させ、学生が勉学と研究に集中できる教育・研究環境とその支援体制の充実を図るため、「理学部・理学研究科教育研究事業」基金を立ち上げました。 多分子系新規ホスト分子の開発と結晶の化学• 物理学専攻の教育研究上の目的は、新しい科学技術を創造して21世紀の社会を背負って立つ能力をもつ人材を養成することです。 ・理学部・理学研究科新入生ガイダンスは実施方法を検討中です(対面方式での実施はいたしません)。

Next

理学研究科|津田塾大学

専門分野 (指導教授) 教育内容/研究内容 フォトニクス 吉國 裕三 分子や生体を観測する光エレクトロニクス的な手法の基礎とその応用について概説する。 化学専攻の教育研究上の目的は、21世紀の化学を担うスペシャリストとして専門に対応でき、総合的な判断力と論理的な表現力をもつ人材を養成することです。 【修士課程】 『教育課程・学修成果』 ・理学研究科カリキュラム・ポリシー 理学研究科では、数理科学専攻、物理学専攻、化学専攻の3専攻において、科学技術の開発・発展に必要不可欠な基礎力を身につけることができるカリキュラムを編成しています。 ウイルス外殻タンパク質の分子動力学シミュレーション• 脊椎動物の性決定・性分化機構の研究• アクチン系細胞骨格の制御機構の研究• 現在、世界には、環境問題、エネルギー問題、人口問題など多くの重要課題が存在します。 粒子測定技術の開発及び医療物理学への応用• 個別指導を基本とする「セミナー」は必修科目であり、各自の関心や問題意識に基づく個別のテーマを、論理的・学術的に追究するための方法論を修得します。

Next

理学研究科|北里大学

新規界面活性剤の合成と溶液物性及び生体膜への応用• 数理科学専攻の教育研究上の目的は、数学的思考や数理センスあるいは高度なITスキルをもとに社会に貢献できる人材を養成することです。 非常に恵まれた環境で研究を深め、力を蓄えることができます。 分子動力学計算等を手段とした生体高分子構造の動的特性の解析 分子構造学 石川 春樹 分子の動的構造と分子集合体構造、及び分子構造と物性との関係について概説する。 しかしながら、理学研究科の基盤的運営経費は減少傾向が続いており、理学研究科が研究教育面および自然科学の普及における使命を果たしていくためには、個人、企業、団体の皆様方のご支援が必要です。 ディプロマ・ポリシー 【学位授与の方針】 理学研究科では、本学の学位授与の方針に従い、以下の知識・技能・能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

Next

東京都立大学 理学部・大学院理学研究科

光励起分子の過渡分光の研究• 上記にかかわる検出器とその周辺技術の研究 X線結晶学 小寺 義男 物質構造の解析の手段としてのX線結晶構造解析、 質量分析、分子動力学計算などについて、基礎と応用を教授する。 ・時間割については後日このトピックス欄に掲載いたします。 こちらのページ内の「理学研究科」の情報は、2019年度以前の入学者が対象となります。 両生類の変態における細胞運命の決定機構に関する研究 (岡本)細胞のがん化における遺伝子機能の破綻に関する分子生物学的解析 幹細胞学 木村 透 哺乳類の生殖系列と幹細胞システムの成立機構について、新たな知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。 分子動力学計算等を手段とした生体高分子構造の動的特性の解析 分子構造学 石川 春樹 分子とその集合体の動的構造に関する新しい知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

Next

理学研究科基金

その他• アドミッション・ポリシー 本学の「建学の精神」と、理学研究科の教育・研究上の目的及び養成する人材像を理解し、自ら学ぶ意欲を持ち、十分な専門分野の基礎学力を有した者を国内外から広く受け入れます。 2019年4月 大学院統合生命科学研究科、大学院医系科学研究科を設置 2020年4月 大学院先進理工系科学研究科、大学院人間社会科学研究科を設置 これに伴い、理学部卒業後、「統合生命科学研究科」「先進理工系科学研究科」への 進学が選択できます。 *「大学院理学研究科」は、所属する学生が在籍する限り存続します。 免疫細胞遊走の分子機序の解明• 京都大学大学院理学研究科・理学部は、100年余の歴史の中で、6名のノーベル賞受賞者、2名のフィールズ賞受賞者をはじめとする多くの傑出した研究者を育み、数多の顕著な研究成果を挙げてきました。 幹細胞システムと生殖系列のエピジェネティック制御 細胞機能制御学 太田 安隆 細胞生物学に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。 光機能性材料の研究 量子物理学 川崎 健夫 時空と物質の究極の理解を目的として、素粒子物理学・宇宙物理学・数理物理学に関する基礎と、その研究手法について概説する。 レーザー分光法による分子及び分子クラスターの構造と反応の研究• 生体分子などの不均一な系で起きる特異的な化学反応の研究• 宇宙物理学の実験的・観測的研究• ペプチド化合物の合成と結晶物性 反応機構学 丑田 公規 化学反応を支配する短寿命化学種の構造と反応性を論じ、基礎並びに応用研究の立場から、興味ある化学反応系を主題に、反応全体の仕組みや応用研究開発の中での役割をその研究法について研究する。

Next